11月19日に告示された野党第一党、立憲民主党の代表選(30日投開票)は、本命不在で混戦模様となっている。

 立候補したのは、逢坂誠二元政調会長(62)、小川淳也元総務政務官(50)、泉健太政調会長(47)、西村智奈美元厚生労働副大臣(54)の4人で、どの候補も推薦人は20〜25人だった。立民の国会議員は自虐的にこう話す。

「あまり国民が名前を知らない候補ばかりというのは正直なところ」

 19日に行われた代表選の出馬会見を聞く限り、4人の主張には大きな変わりはない。注目されるのは来年夏の参院選への対応だ。

 衆院選惨敗の要因の1つとみられるのは、共産党を含めた「野党共闘」だった。だが、4人の候補者は原則、「共闘は必要」との方向性を示した。

 印象の薄い4人の中で最も、知名度が高いのは、映画『なぜ君は総理大臣になれないのか』で一躍、人気となった小川氏だ。

 枝野幸男代表が辞意を明らかにした直後から、意欲的だった小川氏だが、出馬表明は4人の中で最後になった。

 立候補を検討していた立民の役員室長、大串博志衆院議員と1本化を協議して、なんとか推薦人を集めた。

 小川氏は立民で最大のグループ「サンクチュアリ」に所属していた。だが、グループが逢坂氏を推したため、推薦人が集まらなかったのだ。大串氏支援だった立民の国会議員はいう。

「実は確保していた推薦人は大串氏の方が小川氏より多かったようです。大串氏が身を引いたので、小川氏がようやく推薦人を確保できたようです」

 今回の代表選は、所属の国会議員、地方議員、党員サポーターの投票とフルスペックで決まる。衆院選では香川1区で前デジタル相、平井卓也衆院議員を小選挙区で下した小川氏は、知名度を全国区に上げた。

 小川氏の支援に回った大串氏は、佐賀2区で元佐賀県知事、古川康衆院議員を2回連続で破っている。2人が組めば、確かに「勢いがある」「新鮮だ」という声は、多くの国会議員からあがる。

 また、小川氏が所属「サンクチュアリ」で推薦人を集められなかったことも、立民の旧勢力と距離を置くと逆に好印象になったという。

「混戦であることは間違いない。しかし、今回は党員、サポーターまで含めた代表選なので、知名度をいかして1回目の投票で圧勝したい。小川氏が誰かのように失言、炎上がなければ、このまま、抜けられるだろう」(立民の国会議員)

 「誰か」とは何を指すのか。10月に行われた自民党の総裁選に例えれば、小川氏は河野太郎氏のような存在ということになる。

 下馬票が高かった河野氏だったが、「失言と炎上」で岸田文雄首相に切り崩され、敗退した。河野氏は自民党の部会の論議を「ギャーギャー、やっている」と発言。「不適切で、お詫びする」と謝罪し、火消しに追われた。そこから、国会議員票が岸田氏や高市早苗政調会長に流れ、まさかの3位に沈んだ。

 小川氏も失言が懸念される。小川氏は衆院選で地元の香川1区で競合する維新立候補予定者の取り下げを日本維新の会に対して要請し、拒否され、大混乱を巻き起こした。

 衆院選では「変えよう。」をキャッチフレーズに戦った立民。サンクチュアリ所属の国会議員はこう話す。

「不安材料はあるが、小川氏になると一番、変わったという意思表明になるという声が党員やサポーターから多く寄せられている。私も同意です。旧社会党グループの赤松広隆氏が設立したサンクチュアリがバックの逢坂氏、枝野体制で政調会長を務めた泉氏では、変わった感は少ないでしょう。サンクチュアリは当初、逢坂氏以外の候補を推そうとしていた。逢坂氏も出馬しないと言っていたが、コロコロと何度も変わって、最後はこうなった。ある議員は『いい加減にしろ』と怒っていた。自民党のどっかの派閥と同じだ」

 逢坂、泉の両陣営からは早くも「小川包囲網を敷く」という声があがる。

「小川氏が1回目で勝てないような展開にし、決選投票に持ち込みたい。野党の代表選なので、失言しそうな目立つ街頭演説はしない方がいい」

 

 自民党閣僚経験者や旧民主党議員の公設秘書を務めた政治評論家の藤川晋之助氏は立憲の代表選の行方をこう解説する。

「代表選はお祭り、PRの場だ。女性候補も含め、4人の候補者が揃い環境は整った。小川氏は立憲最大のグループに一度は見放されたが、出馬できたのは大きい。フレッシュ感がある。知名度、突破力ある小川氏がいれば、盛り上がる。自民党総裁選の河野氏は人気はあったが、切り崩されてしまった。河野氏と小川氏の弱点は共通して、軽さと安定感のなさ。そこを克服できれば、ベテランの国会議員票も小川氏に流れるのではないか」

 最後に勝つのは誰なのか。

(AERAdot.編集部 今西憲之)