支持率を落とすことなく、通常国会を終えた岸田内閣。御厨貴・東大名誉教授と松原隆一郎・放送大学教授が岸田文雄首相、そして自民党を評価する。

*  *  *

御厨貴(以下、御厨):こんなに無風だった国会は珍しいですね。対談が成立するかな。

松原隆一郎(以下、松原):岸田内閣は、現在も高支持率をキープしています。初の通常国会を、うまく乗り切ったことになります。

御厨:岸田文雄首相は安倍晋三元首相のように攻撃的な言葉を使いながら保守的な政策に向かっていくタイプではなく、菅義偉前首相のように「こういうことをやっていく」とだけ言って、言葉を省略して細かい説明をしないタイプでもない。岸田さんのような第三のタイプは、意外と受け入れられてしまうから、支持率が下がらないのでしょう。

松原:私が岸田首相について非常に印象的だったのは、昨年の総裁選の直前。二階俊博幹事長(当時)がいろいろ動いていて、おそらくカードは小池さん(百合子東京都知事)だったと思いますが、岸田氏はいち早く「党役員の任期は1期1年連続3期まで」と打ち出して、約5年間幹事長を務めていた二階さんを潰した。この俊敏性はすごいと思いました。菅前首相は、コロナ対応の会見でも言い間違いが多く、用意されたペーパーをよくわからないまま読んでいる印象だったけれど、岸田氏はペーパーを見ずに立て板に水だった。少なくとも、自分が語っていることの意味はわかっているんだな、と。

御厨:私が今回の国会を見て一番気になったのは、岸田首相の言葉の使い方です。たとえば「敵基地攻撃能力」と「反撃能力」との違いについて、岸田氏は「同じことを指す」と答弁した。「どちらも『いわゆる』という言葉をつけた上で使わせていただいている」と不思議な論法を展開したあげく、「同じか違うかを含めて、選択肢として排除せずにしっかり議論したい」。もう、何を言っているのかわからない。国民もおかしいと思わないのかな、と思うんだけど、どうも、おかしいと思っていない。

松原:参院選が迫る中、あいまいなことを言ったとしても、とにかく支持率を下げないようにしているのでしょうね。

■安倍・菅の果実つかんだ岸田氏

御厨:それに与党が丸め込まれるのは仕方がないとしても、野党も「それは違う」と追及しきれていない。国民民主党の玉木雄一郎代表は、自民党がガソリン税のトリガー条項発動を了承したから予算案に賛成すると言ったが、結局、トリガー条項発動は見送られた。それでも「実現に向けた方向性が明らかになった」と、賛成してしまう。正面から議論せずに、ちょっと言葉を言い換えてごまかしていく風潮が続いていくと、安倍政権や菅政権のとき以上に構造的に危険なことになりますよ。国会論戦が成り立たなくなる。

松原:私は特に、看板政策の「新しい資本主義」が全然わかりません。

御厨:あれが非常に岸田首相らしい。わからない言葉で包み込むという(笑)。そもそも、彼は非常に運がいい。コロナ対策の道筋は全部、菅前首相がつけてくれて、ロシアによるウクライナ侵攻でコロナ禍への国民の関心も過去のものになったばかりか、憲法改正論議にも追い風が吹いている。コロナからウクライナの転換点にある今、政権を握っていることで得をしている部分が大きい。

松原:岸田さんはコロナ対策をうまくやっているというイメージを持たれていますが、ほとんど何もやっていないですよね。一方、菅前首相はワクチン1日100万回接種の体制を本当に作った。当初は厚生労働省の動きが悪くて進んでいなかったけれど、かつて自分が大臣を務めた総務省の官僚をうまく使ったようです。首相になったタイミングは不運だったし、他の点はまったく評価できないけれど、この点だけはほめてあげたい。

御厨:安倍元首相は、自民党をじわじわと保守色に染め上げた。かつては多くの人が右派的なものにはついていけないと思っていたけれど、薄められた右派的なムードで党全体を覆って、今や右派的な政策にわざわざ反対する者が出てこないムードをつくることに成功した。菅前首相は官僚を締め上げて、政治家が本気になったらかなわないと肝に銘じさせ、うまく働かせる仕組みを作り上げた。3代目の岸田さんは何もしていないけれど、それらの果実を何となくつかんで、うまくいっている。

松原:岸田首相からしたら安倍元首相とどう距離をとっていくかが課題ですが、ロシアによるウクライナ侵攻によって自然と、プーチン大統領に接近してきた安倍外交から転換することになった。物価高を受けて、今後は日銀のインフレ目標政策も転換されるかもしれない。これまでの政策を塗り替えて、安倍元首相の復権の目を潰すことになる。「棚からボタ餅」だらけですね。

御厨:結果的に「何もしないことが良いことだ」ということになってしまっている。以前、岸田派は四十数人だから、「これから50人、60人にしていかないといけませんね」と言ったら、岸田さんは「えっ」と驚いて、「自分の能力からしたら四十数人がギリギリだ」と答えた。「この人たちと結束してどうやっていくかが大事で、田中角栄元首相のように100人の派閥なんてつくれない」と。

松原:数の論理ではない、という考えなのか。

御厨:歴史ある宏池会の存在を意識して、生かすようにしている。だから「新しい資本主義」と言うと、何かあるようなイメージにさせられる。しかし実際は、所得倍増計画がいつの間にか資産所得倍増計画になっていた(笑)。

松原:プライマリーバランスの2025年度黒字化という期限も、骨太の方針から取っ払ってしまった。コロナ禍で給付金の財源が必要な時期ならまだわかりますが、落ち着いてきた今になって取っ払うとは。防衛費の増額などを求める安倍元首相の圧力が大きかったのだと思います。

御厨:安倍元首相は目立っていましたが、自民党としてはどうでしょう。公明党との関係もギクシャクしています。

松原:今回は茂木敏充幹事長と公明党の関係がうまくいかなかったようですね。

御厨:20年間連立してきて、きしみが見られるようになってきた。今回も最終的には握手していますが、あんなことをわざとらしくやらなければいけないのは、裏で何もできていないからです。

松原:こうした事態を見ると、かつての野中広務氏(元幹事長)のような、コワモテだけど水面下で相手とうまく付き合って関係を築けるような人材がいない自民党なのだと感じます。

■副総裁の麻生氏 野中広務のよう

御厨:野中氏は晩年、「公明党との関係では人がおらん」と言っていた。「どうやったらできるんですか」と聞いたら、「10年、20年潜って付き合わないといけない」と言った。今はその潜りがいない。もっとも、野中氏自身、公明党とのパイプを人にとられたくなくて、後継者を育てなかった面はあると思いますが。

松原:そういう役割は、本来は菅前首相が適任だったのかもしれませんが。二階元幹事長も封じ込められましたし、ああいう寝業ができる人がいなくなった。

御厨:あえてかつてのような自民党政治家をあげるなら、麻生太郎副総裁かもしれません。国民民主の玉木代表と頻繁に連絡を取り合っているようですし、連合に手を突っ込んだのも麻生氏だと言われている。首相までやった人が副総理をやって存在感を示して、それが終わったら「島流し」ポストの副総裁。それでも自分の仕事を見つけて政権の主流になっているわけですから。普通はありえない。

松原:ある意味、かつての野中氏のような感じになっている。

御厨:高村正彦氏が安倍政権時代に副総裁として外交をやったように、所管業務がない副総裁はその気になれば何でもできてしまう。しかも、首相経験者がやるから威厳を持つ。麻生氏は首相としてはぱっとしなかったけれど、晩年に伸びましたね。

>>【後編】「野党ボロボロ国会」が閉会 御厨貴「国民・玉木代表は妖怪のよう」

(構成/本誌・村上新太郎)

※週刊朝日  2022年7月1日号より抜粋