衆院小選挙区「10増10減」の新たな区割り改定案で1減となる和歌山県。自民党の二階俊博元幹事長の地元だが、重鎮とはいえ手放しで安泰といえる状況ではなさそうだ。当初は二階氏と石田真敏元総務相で二つの席を分け合うとみられていたが、世耕弘成参院幹事長が衆院へのくら替えを示唆したことで混沌(こんとん)としてきた。参院選にも影響しそうだ。

「二階氏の威光が通じるのかどうかだな」

 そう話すのは、二階元幹事長の地元、和歌山県の支援者だ。

「10増10減」案では、和歌山は1減となり、現在の定数3から2に減る。大まかに分けると、新1区には県庁所在地の和歌山市と周辺の自治体が含まれる。新2区はそれ以外となる。

 現在、二階氏は3区。今年1月に宏池会に入った石田元総務相が2区というすみ分けになっている。

 そして現在の1区は、昨年の選挙で国民民主から出馬し、現在は無所属の岸本周平氏だが、今年12月に任期満了となる県知事選挙への出馬を表明している。

 前出の二階氏の支援者がこう話す。

「知事にくら替え表明の岸本氏は野党だが、二階氏とも近い。1減を見込んで、二階氏が知事に転出させたのではないかともいわれ、二階氏と石田氏で二つになる選挙区を分け合う算段だったとされている」

 ただ、その算段通りにいかない事情が出てきた。

 というのも、今年3月のテレビ番組で、参院和歌山選挙区選出の世耕参院幹事長が、

「政治家になった以上、トップを目指したい。参議院からも目指すことはできるけど例がありません」

 と発言。周囲は、世耕氏が首相の椅子を狙うため、衆院へのくら替えも辞さないとの考えだ、と受け止めているという。

「世耕氏がいわば参院から衆院へのくら替えを示唆したことで、ますます情勢は混沌としつつあります。83歳になろうが二階氏は健在で、最近も『やろうじゃないか、しっかりやる』と東京で話していました。定数減でどうするのかと、突っ込んで尋ねる勇気がある人はいません」(前出の支援者)

 表向きにはまだ大きな対立が見えるわけではないが、世耕氏のように、すでに布石を打ち始めている様子がうかがえる。

 石田氏が宏池会に入ったのも、そうした意思の表れとの見方がある。

「石田氏は『1減になっても絶対に引かない』と話していました。そうでなきゃ、わざわざ宏池会に入らないでしょう。次期衆院選では、新しい和歌山2区から出る決意の表れではないでしょうか」(宏池会の国会議員)

 一方の参院和歌山選挙区。自民では現職の鶴保庸介元沖縄北方担当相が立候補している。

「鶴保氏は二階氏の側近中の側近。その支援のため、二階氏は和歌山に戻り、応援に奔走する予定となっているそうです。衆院選でライバルになる2人を牽制しようとしているのでしょうかね」(前出の二階氏の支援者)

 衆院で中選挙区制から小選挙区比例代表並立制への変更、参院での定数減を経験している参院議員の増子輝彦氏(福島選挙区=引退表明)は、今回の衆院の区割り改定案について、

「一票の格差は是正すべきです。議員が多ければいいというものではなく、使命感、責任感を持って地域の声をしっかり聞いて政治をやれるのか、大事なのは質です。私の場合は、参院で定数減となったとき、政党に頼るより、政治家としてより自分を理解してもらう、そういう活動により力を入れました。政治家が自分の議席が危ないなどという、自己保身で定数削減を批判してはいけません」

 と話している。

  ◇   ◇   ◇

 参院選和歌山選挙区では鶴保氏のほか、いずれも新顔の共産・前久氏、NHK党・遠西愛美氏、政治団体「参政党」・加藤充也氏、政治団体「新党くにもり」・谷口尚大氏が立候補している。

(AERA dot.編集部・今西憲之)