銃撃された安倍晋三元首相はロシアのプーチン大統領と個人的な関係を深めながら北方領土問題に取り組んできた。なぜ対ロ外交に力を注いだのか。銃撃事件はどんな影響を及ぼすのか。日本維新の会の鈴木宗男参院議員に聞いた。

*   *   *

――安倍晋三元首相が銃撃された一報をどう受け止めましたか。

  私は、北海道小樽市で参院選の候補者の応援演説に入っていました。午前11時39分、報道関係者から安倍元首相が撃たれたと聞かされ、がくぜんとしました。

 あの日、安倍元首相は本来であれば、長野県へ行く予定でした。どうして奈良県へ行ってしまったのか。なぜ日程を変えてしまったのか。運命の巡り合わせを考え、日に日にむなしさが募ります。

 政治家というものは、ときに命が脅かされる存在です。

 私も20年前、大きなバッシングを受けたときに、かみそりが送られてきたり、「殺すぞ」という電話がかかってきたりしました。「なにくそ、負けてたまるか」と思ってやってきました。ただ、今回は銃。狙われてしまったら、防ぐことが難しい事案です。まさか日本でこんなことが起きるとは想像すらしていませんでした。

――ロシア・北方領土問題に安倍元首相とともに向き合ってこられました。

 私は、ロシア・北方領土問題をライフワークにして、現場で汗をかいています。安倍元首相は、そんな私をとても大事にしてくれました。

 2015年12月28日、首相官邸で2人きりで約1時間、じっくり話をしました。同月22日にあった内閣制度創始130周年記念式典に出席したところ、安倍首相(当時)のほうから声をかけていただいたのです。

「鈴木先生、たまには官邸に来てください」                           

「いやいや、総理はお忙しいでしょうから」

 そんなやり取りをしていたら、秘書官がその場で日程を調整してくれました。

 午後3時の約束が当日の朝になって30分後ろにずれました。ちょうどその日、慰安婦問題の日韓合意がなされ、岸田文雄外務大臣(当時)の会見があったからです。執務室を訪ねたら、ソファでふーっと大きく息をついて、自分自身に言い聞かせるように、

「大きなレールをひけてよかった。日本も韓国も双方守らなければいけない合意です」

 と言われたことが印象的でした。そして、

「来年から北方領土と日ロ関係をやります。鈴木先生、お力を貸してほしい」

 と、お話がありました。01年の森喜朗首相とプーチン大統領の会談での「イルクーツク声明」をもとに交渉をはじめ、未来志向で柔軟にやっていこう、と。この森・プーチン会談には私も同席し、日本からは「歯舞、色丹の引き渡し」と「国後、択捉が日ロどちらに帰属するか」に分けて話し合う「同時並行協議」を提案しています。私は、

「総理と同じ考えです。外交には相手があります。日本が100点でロシアが0点ということもない、その逆もまたない。信頼関係が重要です」

 と答えました。

 対ロ外交は、橋本龍太郎、小渕恵三、森時代にぐっと進みました。ですが、小泉純一郎政権が誕生すると、また4島一括返還論に戻ってしまった。プーチン大統領は「日本は、人が代われば約束をほごにするのか」と驚いたことでしょう。小泉政権1年後以降、対ロ外交は「空白の10年間」となりました。

 それが、2度目の安倍政権で、再び軌道に乗りました。

 18年11月の「シンガポール合意」は、歯舞、色丹の2島返還と、国後、択捉への元島民の自由往来や共同経済活動を組み合わせたものです。これは日本としては「これしかない」という策であり、ロシア側も受け入れることができる内容でした。安倍元首相だから、そこまで持っていくことができたと思います。

――安倍元首相が対ロ外交に大きく注力された理由はなんでしょうか。

 父である安倍晋太郎先生(元外務相)の背中をずっと見てこられたからこその思いからでしょう。

 1991年4月、ゴルバチョフソ連大統領(当時)が来日。私は外務政務次官として、大統領を4日間アテンドしました。

 当時、晋太郎先生は順天堂大学付属順天堂医院に入院されていて、余命いくばくもない状況でした。でも、同月18日、衆院議長公邸で開催された歓迎昼食会に出てこられました。

 ずいぶんおやせになっていましたが、大統領のほうから歩いて近づいてこられると、車いすから立ち上がって、笑顔で握手をされました。その腰に手を回し、体を必死に支えていたのは、当時秘書だった安倍元首相でした。その光景が、今も目に浮かびます。

 晋太郎先生が亡くなられたのは、その直後の同年5月15日。父が最後まで情熱を燃やした対ロ外交(対ソ外交)を近くで見てこられた安倍元首相の「国家観」は素晴らしいものがありました。まさに「地球儀俯瞰(ふかん)外交」。だから世界の首脳からも尊敬を集めることができたと思います。

 14年3月、ロシアのクリミア併合問題が起きました。米国のオバマ政権からロシアへの経済制裁などを要求されましたが、しかし、安倍首相(当時)は、毅然とこう言われました。

「それはできない。日本とロシアの間には解決すべき北方領土問題や平和条約交渉がある。日本の立ち位置でやらせていただく」

 だからプーチン大統領と強い信頼関係を築くことができたのだと思います。

 20年8月29日、首相辞任会見で「やり残したことは?」と問われ、まず挙げたもののひとつが、日ロ平和条約を締結できなかったことでした。あと1年、健康がもっていれば、おそらく成し遂げられていたことでしょう。

 常に、現実的に日ロ関係を動かそうと行動されていた安倍元首相が亡くなったことは、対ロ外交において、大きな損失であることは間違いありません。

 ――安倍元首相との思い出は。

  15年12月28日に首相官邸で面談したとき、

「(娘で衆院議員の)貴子さんは自民党で育てたい」

 と言っていただき、

「総理にお任せします」

 と即答しました。

 16年11月の貴子の結婚式には、主賓として出席してくれました。当時、貴子は無所属。そこに首相が出席することは異例で、「政治的な意図がある」とする報道もありましたが、義理だけでの出席だとは感じませんでした。

「鈴木宗男さんをお父さんと呼べることは、大変勇気のいることだと思います。家庭の幸福は、妻への降伏が絶対です」

 安倍元首相が穏やかな顔でそう言って、両手をバンザイしたので、会場がドッと沸いたことが懐かしいです。ご自身は、昭恵さんに非常に優しかっただろうと伺いしれます。

 安倍元首相には、本当に感謝しています。まだ67歳。あと5年は第一線でできたことでしょう。本当に残念でなりません。

(構成/編集部・古田真梨子)

※AERAオンライン限定記事