「問題大臣」の首を次々と切っても、岸田内閣の支持率は回復の兆しを見せない。岸田文雄首相の外遊中に、自民党内では早くも次の首相候補の名前が語られ始めている。

「死刑はんこ発言」で葉梨康弘前法相が実質的に「更迭」されてから、はじめての朝日新聞社の世論調査が11月12、13日に実施された。

そこでは、「岸田内閣を支持しますか」という質問に対して、

支持する  37% (前回40%)

支持しない 51% (前回50%)

 と、初めて内閣支持率が40%を割った。

 同時期にあったNHKの世論調査でも、

支持する  33%(前回38%)

支持しない 46%(前回43%)

 と、やはり支持率は最低を更新。朝日新聞、NHKどちらの調査でも、内閣支持率は危険水域の30%台に落ち込んでいる。

 岸田首相は、現在、G20などの国際会議への出席のため外遊中。得意の外交で点数を稼ぎたいところだが、葉梨氏の「更迭」の対応で急きょ外遊日程を変更したため、一部の首脳との会談がキャンセルされる事態にもなった。

 官邸関係者がこう語る。

「葉梨氏の更迭があった直後に実施された世論調査の数字を、岸田首相はすごく気にしていました。官邸も神経をとがらせて、速報が入るとすぐに現地の岸田首相に報告されました。旧統一教会問題以降、支持率はマイナス方向が続きますが、やはり30%台という数字はきつい。岸田首相も報告を受け、言葉少なく数字に見入っていたそうです」

 朝日新聞の世論調査では、いったんは葉梨氏を続投させる考えを示しながら、一転して「更迭」した岸田首相の対応について、

評価する 32%   評価しない 59%

 と、批判的な世論が見てとれる。

 また、岸田首相の旧統一教会問題への対応については、

評価する 23%   評価しない 67%

 と、「質問権」の行使決断があっても効果は薄く、低い数字だ。

 自民党の大臣経験者がこう語る。

「葉梨氏の更迭でも、すぐに決断していればここまで批判を浴びなかった。『聞く力』が『聞きすぎる力』になって、決断が遅い。この国会で衆院小選挙区数の10増10減、公職選挙法改正が成立すれば、焦点はいつ解散総選挙に打って出るかのタイミングになる。ぐずぐずしていると、岸田おろしが始まります。すでに岸田首相の後を狙った人も虎視眈々と動いている」

 経済再生担当相だった山際大志郎氏、葉梨氏と大臣が相次いで辞任。寺田稔総務相も政治資金疑惑で厳しい状況に追い込まれ、「辞任ドミノ」が続きかねない。総理の座について1年2カ月となった岸田首相。再来年9月には自民党総裁の任期がくる。旧統一教会問題が長引くなか、支持率の回復が見込める情勢にはない。

 岸田首相が勝利した2021年の自民党総裁選では、前首相の菅義偉氏が、不人気から総裁選出馬を断念した。

「旧統一教会問題がこじれ、世論調査の支持率がさらに落ち込み、菅氏の二の舞となることを岸田首相は恐れている」(岸田派の国会議員)

 岸田内閣の支持率が落ち込む中、次期首相の名前も語られ始めている。先の大臣経験者が言う。

「旧統一教会の問題解決には、突破力がある河野太郎デジタル相を推すグループがある。茂木敏充幹事長は派閥の長なので当然、出馬となる。安倍長期政権後、安倍派と麻生派の強力なパイプで総理が決まってきたが、安倍派に総理候補がいない。麻生派が岸田派と組んで大宏池会で河野氏をかつぐかもしれない。林芳正外相も有力視されるが、岸田派なので岸田首相のすぐ後では難しい。そうなれば、茂木氏か河野氏を軸にした流れになるだろう」

 岸田政権で非主流派となった菅氏や二階俊博元幹事長らも、巻き返しを狙っている。とりわけ、元気なのが二階氏だという。

 11月5日、二階氏は新型コロナウイルスに感染したと公表した。予定していた二階派の研修会も中止になった。だが、

「あちこちで二階はもうダメだなんて言われているが、元気ですよ。発熱程度の症状で軽症です。『まだまだやらにゃいけないことがある』と意気軒高。ちょうど、和歌山県知事選挙がスタートしたので、そちらが気になって仕方ないようです」(二階派の国会議員)

 11月27日に行われる二階氏の地元、和歌山県の知事選挙では、元国民民主党衆院議員の岸本周平氏を自民党も推す形になっている。岸本氏については、世耕弘成参院議員が擁立する別の候補者をおさえて、二階氏が岸本氏でまとめあげた経緯がある。選挙戦は岸本氏の圧勝ムードだ。

 地元の自民党地方議員が言う。

「選挙前は岸本氏の応援に連日入るなんて二階先生は言っていた。コロナでできなくなったが、岸本氏陣営にはよく二階先生から連絡が来ているそうですよ。コロナに感染する直前も『10増10減とか言っておるが、次の政局がどうなるか、やらねばならぬ』と二階先生は意気軒高でしたよ。次期総理のキングメーカーとなって、幹事長への返り咲きまで考えていると思う」

 元自民党職員で政調担当を長く務めた政治評論家の田村重信さんは、次期首相について、こんな見方をする。

「河野氏は旧統一教会には突破力で切り込めるかもしれないが、他の諸問題に対応ができるか。難題続きの時は、総理にと手を挙げにくいもの。安定なのは茂木氏だろうが、他の派閥が乗ってくるかがわからない。昔、大平首相が急死した時、誰も想像しなかった鈴木善幸氏が総理になってアッと驚かせた。岸田首相の動向、決断次第では、想定外の名前が浮上するんじゃないでしょうか」

 支持率低迷で風雲急を告げる岸田政権。外遊真っただ中の首相は、何を思うのか。

(AERA dot.編集部・今西憲之)

※当初の配信記事で「来年9月には自民党総裁の任期がくる。」とあった部分を「再来年9月には自民党総裁の任期がくる。」に修正しました。