銀盤を軽やかに、美しく舞った浅田真央が引退した。類まれな資質を努力で磨き上げ、孤高の頂にまで昇華させた国民的スケーター。幼なじみでありライバルでもあった安藤美姫が、4月24日に緊急発売されたアエラ増刊「浅田真央 すべてを抱きしめたい。」(朝日新聞出版)で、浅田の愛らしい幼少時代から血のにじむような鍛錬の日々、そして引退を表明するまでの二人の秘話を明かしている。



*  *  *
 浅田真央がブログで引退を表明した4月10日夜、「まおと同じ時代に選手として同じリンクで日本代表として滑っていられた事を誇りに思います」「本当にお疲れ様 そしてありがとう また一緒に滑ろうね」と、SNSでエールを送った安藤美姫。

「引退というのは、彼女がいっぱい悩んで出した答えだったと思います。(ソチ五輪後に)1年オフを取ってスケートと向き合うまでにも時間がかかっただろうし、昨シーズン復帰していろんな試合に出て自分と向き合いながら過ごして、たどり着いた決断なんだろうなと」

 同時期に世界女王や全日本女王の座を激しく奪い合った印象が強いが、安藤にとっては「ライバルという気持ちはなくて、幼なじみ」だという。

 浅田との出会いは9歳のとき。浅田が先に入っていた名古屋市の名東フィギュアスケーティングクラブに安藤が入会した。

「2人とも跳べるジャンプの種類が多いほうだったので、グループレッスンや合宿のときに一緒にペアを組むことが多かったんです。お互いがジャンプを成功しないと次のジャンプに進めなくて。2人ともだいたいひょいひょいと成功して。楽しかったですね」

 のちに、トリプルアクセルが代名詞となる浅田と、女子で世界初の4回転ジャンパーとなった安藤は、そうしてジャンプの基礎を固めていった。いわば「原点」を共有しているのだ。ジュニアの下の「ノービス」のAクラスで安藤が、Bクラスで浅田がそれぞれ優勝したことも印象に残っているという。

 大会や合宿で遠征の際には、一緒にディズニーランドに行ったり、観光したり。互いの自宅に泊まったこともあったという。2人は全国大会で頭角を現す一方で、リンクの外ではリカちゃん人形で遊ぶような普通の小学生だった。そんな関係は安藤が中学生に上がり、浅田が別のクラブに移るまで続いた。

「真央はすごく明るくて。それに、次女ということもあってか、負けず嫌いの性格だなという印象があります。試合でお姉さんの浅田舞さんに負けたら泣いていたこともありました。その分、上達が早いなと感じていました」

 安藤は2002年、女子選手として初めてISU(国際スケート連盟)公式大会で4回転ジャンプを成功させ、一躍注目の的になった。04年に世界ジュニアで金メダルを手にすると、翌年には浅田もその座に就く。07年、東京で開催された世界選手権では、世界女王の座を争い、安藤が金、浅田が銀と表彰台に並び、日本女子フィギュアの強さを世界に知らしめた。

「4回転を跳んだのは14歳だったし、すごいことかもわからずやっていたので、特にプレッシャーはなかったです。ただ、マイナー競技で、テレビ放映もなく、無料で観戦できた時代。なんで注目されるのか分からなくて、周囲の目の変化に戸惑いはありました」

 4回転を期待する周囲にどう応えていいのか迷っている中で、トリノ五輪の後にニコライ・モロゾフコーチから、「スケートはジャンプだけじゃない」と言われて救われたという。

「私はプレッシャーを感じない性格だけど、戸惑いはあった。真央は長い間、私以上に大きな期待を背負い、ちゃんと結果を出してきた。本当に強いと思います」

 練習に対してストイックな浅田を「アスリートとしてとても尊敬していた」という。海外を拠点にしていた安藤が、帰国して中京大学のリンクで練習していると、浅田と練習時間が前後になることがあった。リンクの上以外でもトレーナーをつけてトレーニングやストレッチを入念に行い、練習し続けていたという。

「私は全然違う。リフレッシュしないと続かないし、プライベートも大切にしたいからスケートのことを考えるのはリンクの上だけにしていた。私は負けて泣いたこともないし、オリンピックに出たいと思ったこともなくて。アスリートの中のアスリートという真央とは全然タイプが違いましたね」

 タイプの違いは演技のスタイルにもあった。

「真央のスケートは、小さいころから習っていたバレエが基礎になっていて、動きがきれいだし、柔らかい独特の雰囲気があって、私には出せない純粋なスケートだなって思っていました」

 14年に世界選手権を制したショパンの「ノクターン」や、10〜11年と翌シーズンのフリー曲、「愛の夢」(リスト作曲)など流麗な音楽に乗り、無垢で真摯なスケーティングを表現するのが浅田の魅力だ。

「ただ、私は私。同じ時期にリンクの上で一緒に滑るスケーターの一人として、真央と同じことで勝負しても評価は絶対に低いと思っていました。だから、私は逆に力強さを表現し、キャラクターをつくるのが得意だったので、それを生かしてはいました」

「自分が試合に出るときは、集中しているので他の人の演技を見ない」という安藤が、唯一しっかり見たのが、ソチ五輪の浅田の演技だ。安藤はすでに現役を退いていた。チーム戦は現地で、ショートとフリーは日本でテレビを通して観た。

「ショートは彼女の代名詞でもあるトリプルアクセルを大事にする気持ちが演技から伝わってきました。でもそれがプレッシャーにもなっていたんじゃないかな」

 最初のトリプルアクセルで転倒し、まさかの16位。浅田自身も、引退会見で「伊藤みどりさんのようなトリプルアクセルが跳びたいと思って、ずっと夢を追ってやってきた」「その半面、悩まされることも多かった」というトリプルアクセルだ。

「(翌日の)フリーではすごく吹っ切れた感じがして、周りの期待以上に『自分のスケートがしたい』という気持ちがやっと見えた気がしたので、ああ、真央らしくリンクの上でいられてよかったね、って思いました」

 引退会見で「もう一度人生があるならスケートの道は行かない」と答えた浅田を「意外でした」と安藤はこう思いやる。

「スケート漬けの人生だったからかな……。私は生まれ変わってもスケートをしたい。私はエンジョイして、わがままでやってきたから、かもしれない(笑)。彼女はもう戦わなきゃいけないものから解放されたと思うので、これからはいろんな人と出会っていろんなことと触れ合って、一段と輝く女性になって、スケーターとしてももっともっと輝いていくと思います」

 浅田に「また一緒に滑ろうね」とメッセージを送った安藤。

「日本のフィギュアスケートの歴史がようやく作り上げられてきたと私自身は思っていて、今後は結果だけじゃなくてフィギュアスケートの魅力をもっともっとたくさんの人に知ってほしい。だから、アイスショーを通して、フィギュアスケートの新しい魅力を感じてもらえるように、お互いに頑張っていけたらなと思います」

(文中敬称略)

(取材・文/深澤友紀)

※AERAオンライン限定記事