オフ明けのボルシア・ドルトムント(ドイツ)は新体制スタートから約1週間、しかも来日直後にイベントを経て、翌日にゲームを迎えるという明らかに不利な状況であったことを踏まえても、浦和にとっては非常に有意義な“ワールドチャレンジ”だった。

 浦和は7月15日、明治安田生命Jリーグワールドチャレンジで日本代表MF香川真司が所属する強豪ドルトムントに2−3で敗れた。

 ドルトムントは直前に先発予定だったウスマヌ・デンベレが体調不良で、アンドレ・シュルレに代わるアクシデントがあったが、左サイドバックのマルセル・シュメルツァーが「明らかに最初の試合より良くなった」と語るように、前半は4−1−4−1、後半は3−4−2−1というシステムを用いながら、チームがやるべきことを共有して随所に質の高いプレーを浦和に示した。

 対する浦和はJリーグでは現在8位と低迷する状況で、こういった親善試合を戦うのはチームにとって難しいシチュエーションと言えるが、それでも浦和は高いモチベーションで全体的にハイスタンダードな戦いをやり切った。興味深いのは交代が7人まで許される中、“世界仕様”とも見られるトライを行ったことだ。

 前半はドルトムントのポゼッションをコンパクトな守備ブロックで迎え撃ち、ボールを奪ってから縦に速い攻撃を狙う。そして後半になると高い位置からのプレッシャーやポゼッションの度合いを強め、浦和が普段Jリーグで志向している基本スタイルに近い戦い方にシフトした。

 前半の象徴的なシーンは5分、ラファエル・シルバが左サイドからドリブルを仕掛け、ペナルティエリアまで侵入したシーンだ。結果的にDFのマルク・バルトラに倒され、PKを獲得することもできなかったが、自陣でボールを奪ったところから速いパスをつないで相手の背後を突く狙いが見事に表れた。

 浦和陣内でボールを拾ったバルトラがピエール=エメリク・オバメヤンに長めのスルーパスを通そうとするが、森脇良太がインターセプト。そこから中盤の柏木陽介、阿部勇樹と左につなぎ、大外で受けた宇賀神友弥が同サイドの背後にボールを出す。そこに走り込んで受けたラファエルがゴール方向にドリブルで仕掛けたのだ。

 このシーンは、仮にラファエルがバルトラを突破した場合、そのままシュートに持ち込んでいた可能性が高い。また、ゴール前の中央には武藤雄樹、さらに外側に興梠慎三がフリーで走り込んでおり、手前には柏木という形で、カウンターでも攻撃に厚みが見られた。

 セットプレーから興梠のゴールで1−0とリードしてからも基本的にそうした構図が続いたが、ドルトムントも徐々にポゼッションを起点とした鋭い動き出しが増えた。特に33分にオバメヤンのポストプレーからシュルレが速いクロスを上げ、右からクリスティアン・プリシッチが飛び込んだシーンはわずかに合わなかったものの、このシーンでは浦和の守備対応を上回っていた。

 それでも浦和は、やや引き気味の守備を継続しながら、ボールを持てば、森脇などのサイドチェンジを有効に使って、サイドからのパスやクロスにFWが飛び出して合わせるプレーや、周囲がが連動して厚みを増す攻撃を繰り返しチャレンジし、Jリーグの時より短い攻撃時間の中でも単調に縦、裏を狙うわけではない浦和らしさが出ていた。

 後半になると興梠に代えてズラタン、森脇に代えてリベロに那須大亮を投入し、遠藤航をリベロから右ストッパーに移した。さらに宇賀神を駒井善成に代えた浦和は全体のラインを上げ、前からのプレッシャーを強めた。47分には左のスローインからの展開でボールを奪われてしまったが、そこから一気にリトリート(後退)するのではなく、ボールホルダーに厳しく付き、縦に運ばれてもDF陣ができるだけ我慢して、深い位置までボールを持ち込ませないという守備を見せた。

 ただし、エムレ・モルに突破されて同点にされたシーンはリスタートの流れから自陣に引いていた状況で、ドルトムントのつなぎに対し、途中出場で左のシャドーに入った高木俊幸とボランチの柏木の受け渡しが混乱したところを突かれた。そこからDFの槙野智章が一瞬で抜かれたところは個の対応の問題だが、その前段階の対応がもったいないシーンではあった。そうした隙をドルトムントのような相手は見逃してくれないということだ。

 一方で、浦和の2失点目は高い位置でボールを奪いに行った“代償”とも言えるかもしれない。槙野が最終ラインから前に出てモルにプレスをかけたが、かわされて裏を取られてしまった。ややアンラッキーだったのは直後にカバーした那須の足にボールが当たり、サイドに流れたところを左サイドからオーバーラップしてきたシュメルツァーに拾われてしまったことだ。

 そこからマイナスのパスをペナルティエリア内の左に侵入したモルに通されたわけだが、こうしたシーンで機を逃さないシュメルツァーの抜け目なさと、モルのシュート技術にやられてしまった格好だ。浦和はすぐにセットプレーから遠藤のゴールで2−2に追い付いたものの、その3分後に遠藤のクリアミスからシュルレに決められて敗れる結果となった。

 浦和は大きく2つの戦い方をトライした結果として“惜敗”を喫した。前半はカウンター、後半はポゼッションからの攻撃が主体となった中で、広い展開でサイドを起点にし、連動して中央を突く攻撃パターンがうまく噛み合うと、浦和の独特なスタイルに慣れていない相手に対しては“格上”でも十分に動揺させることができることを示せた。

 ただ、そのなかでモルの個人技への対応、そして3失点目のように相手の大きな展開に対してミスが生じるといった課題が出た。ドルトムントはコンディションが万全ではなく、戦術的にも手探りの状態でありながら、1つひとつのパススピード、正確性、ボールを運ぶ鋭さといった部分でやはりJリーグのクラブにないクオリティーの高さを見せつけた。交代人数が多くてテスト色が強かったものの、90分の中で浦和が得た刺激は小さくない。

 この財産は、もしACLを制して12月に行われるクラブ・ワールドカップに出場できればダイレクトに生きてくるはずだが、まずはJリーグで地に足を付けた戦いを取り戻し、いるべき場所に浮上することが浦和に課された使命だろう。(文・河治良幸)