東・西東京大会の開会式翌日(7月9日)、早稲田実業は王貞治記念グラウンドで練習を行っていた。

「ゴーゴーゴー! さあ声を出していきましょう!!」 ウォーミングアップを終えた早実ナインは、主将の清宮幸太郎の合図で内野ノックを開始した。しかし、この練習にもうひとりの主砲・野村大樹(2年)の姿がない。遅れること5分、グラウンドにやってきた野村は、左足を気にしながら、屋内練習場へと消えていく。

 前日、この春からの定位置である捕手についた野村は、ファウルチップを足に当ててしまったという。本人いわく、「軽傷です」。1週間後に控えた初戦にも影響はない、と語気を強めた。

 春の東京大会決勝(日大三戦)のスコア「18対17」からもわかるように、早実は打のチームだ。西東京大会開幕前に高校通算本塁打が103本に達した清宮と共に、右打者でありながらライト方向へも大きい当たりが打てる4番・野村のけがは大きな不安材料のはずだ。清宮は言う。

「まだ1週間あるし、大丈夫だと思います。僕だったら、1日でも練習に参加しないと調子を崩しちゃいそうで怖いですけど、野村は天才肌というか、1日休んだぐらいで調子を落とすことはない」

 早実と対戦するチームにとって、恐れるべきは清宮の本塁打だろうか。それとも清宮の後ろを打つ野村の、勝負強さだろうか。確かに両者共にプロ注目の打者であり、春の東京大会決勝では2本塁打ずつ放ってチームを勝利に導いた。

 だが相手が最も脅威なのは、いくらリードしても、あきらめずに表情も変えずに食らいつき、会場を早実ムードに染めながら、ついには逆転する早実の一体感ではないか。日大三との春の決勝では、九回に4点差を追いつき、十二回にサヨナラ勝ち。勝負に執着する姿勢を、主将の清宮はどのようにチームメートに植え付けたのだろうか。

「スローガンでもある、常に『ゴーゴーゴー!』。試合でいつものようにプレーするために、みんなで考えて決めた言葉なんですが、どんな逆境だろうと、結果を恐れずに、このスローガンを口にしながら戦うこと。それが終盤の粘りにつながっていると思います」

 1年生から“怪物”として注目を集めてきた清宮には、識者がさまざまなコメントを寄せる。最大の魅力である飛距離を絶賛する一方で、外角の変化球への対応力や、足の遅さや緩慢な守備を指摘する声もある。

 当然、清宮も記事で読んだり、指摘を耳にしたりしているはずだ。そこで清宮はいかに「清宮幸太郎」を見ているのか、つまり自己評価を聞いた。

「実はそんなに足は遅くないです(笑)。野手からの送球は、どんな球でもカバー(捕球)できます」

 大柄な肉体を揺らせペンギンのように走る清宮が真っ先に「足」についてコメントしたのは、印象で高校球児を判断してほしくないという矜恃があるからかもしれない。確かに、2年前の高校日本代表を率いた大阪桐蔭の西谷浩一監督も、映像で見ていた印象と、実際に接して抱いた足の速さの違いを口にしていた。

 しかし、バッティングに関する言及がない。

「まあ、狙わなくてもホームランが打てるところですかね。(高校通算本塁打の)記録(107本)は意識しない。ヒットの延長がホームランになってくれたら」

 この夏が終わるとき、清宮の通算本塁打数はどこまで伸びているのだろうか。(ノンフィクションライター・柳川悠二)

※週刊朝日 2017年7月28日号