7月9日、西東京大会が始まった。昨夏、準々決勝で敗れた早実は、甲子園行きの切符を手にすることができるのか。

 東・西東京大会の開会式(7月8日)で選手宣誓を行った早稲田実業主将の清宮幸太郎は、故・小林麻央さんの最期の言葉から着想を得たという、

「野球を愛しています」

 の文言を宣誓文に入れた。

「好きよりも、愛しているのほうがより気持ちが伝わるじゃないですか。野球がなければ今の自分はない。愛していると同時に、野球に感謝もしています」

 無数の報道陣に囲まれても、彼は素直な感情を明快に言葉にする。飾ったり、狙ったりする言葉ではないから、言霊となって人々の心をとらえる。

 これは石川遼や福原愛など10代から活躍するスター選手に共通する大事な才能だろう。

●期待に応えたい

 翌日、灼熱の王貞治記念グラウンド。早実の練習が終わるのを待って、麻央さんの夫・市川海老蔵さんがブログで清宮の宣誓に対して感謝の言葉を綴り、大きなニュースになっていることを清宮に直接伝えた。

「まじすか。ほんとっすか。エー、へえ」

 若干戸惑いつつも、なんとも愛らしい表情になる。

「最近、『可愛いね』ってよく言われますよ(笑)」

 初戦に向けたコンディション同様、発する言葉も絶“口”調だ。

 早実の先輩である斎藤佑樹(北海道日本ハム)が巻き起こした“ハンカチフィーバー”は、田中将大(ヤンキース)の駒大苫小牧と、延長15回を戦い、再試合にまでもつれた甲子園決勝を制してからだ(この試合を甲子園で観戦したことで、清宮は野球を始めた)。清宮の場合、入学の前から大きな話題となり、衆人環視の中で高校生活、野球漬けの毎日を送ってきた。

「注目されることが、プレッシャーになるということはないですね。むしろ、期待に応えたいという気持ちがあるから、成長してこられたと思います」

●悔しさを晴らすため

 ここまでの2年半はあっという間だった。

「小さな頃、夏の甲子園が終わると、1年後がすごく遠いというか、待ち遠しいなという感じだった。高校に入って甲子園に出て、冬が終わったらすぐに春。春が終わればすぐに夏。なんだか寂しい気持ちもある」

 怖さも不安もある。1年夏は甲子園の切符を手にしたが、昨夏は西東京大会の準々決勝で、優勝した八王子に敗れた。

「開会式で(八王子の主将が)優勝旗を返還するシーンを見て、悔しさが再燃してきた。去年の悔しさを晴らすために、ここまで頑張ってきた。今年は自分の満足するような結果を出して、チームを引っ張って、甲子園に出たいです」

 高校通算本塁打は103本に達し、西東京大会期間中の記録更新にも期待が高まる。左打者の清宮が突出しているのは、無論、飛ばす能力だ。スイングスピードが速く、最近ではレフト方向へも力強い打球を飛ばす。マークされることを見越して選球眼も磨いてきた。

「本塁打に期待してもらうのはありがたいですが、自分にとって記録は二の次です。打席で本塁打を意識することはありません」

 昨秋と今春の東京大会を制している早実は、西東京大会の本命だろう。しかし、とにかく投手陣に不安を抱える。柱となるエースがいないのだ。

 春の東京大会決勝では、秋の決勝でも戦った西東京で最大のライバル日大三と対戦し、「18対17」というラグビーの試合のような乱打戦を展開した。

 この試合で日大三の小倉全由監督はエース左腕の櫻井周斗をマウンドに上げなかった。清宮は昨秋、この櫻井に1試合で5三振を喫していた。小倉監督は夏の西東京大会の決勝で対戦することを見据えて、手の内を隠したのである。清宮は言う。

「日大三のことばかり考えるわけにもいかない。それは日大三も同じじゃないですか」

 この夏の主役は自分──。そんな言葉に聞こえた。

(ノンフィクションライター・柳川悠二)

※AERA 2017年7月24日号