リーグ連覇を狙う広島が好調だ。オールスター明けの2位阪神との直接対決に勝ち越し、その差は9ゲームにまで広がった。今季は開幕直後から圧倒的な強さを見せる広島に死角はないのか。

 快進撃の原動力となっているのが、チーム打率(.279)、同得点(461)がいずれもリーグトップの打線だ。チーム本塁打(94)、同盗塁(67)も12球団2位で、セ・リーグではダントツで、球史に残る強力打線と言っても過言ではない。田中広輔、菊池涼介、丸佳浩の不動の1、2、3番に、4番には鈴木誠也、5番以降は、相手投手や選手個々の調子に合わせて、新井貴浩、エルドレッド、松山竜平、安部友裕などを使い分け、控えにもシーズン途中で育成から支配下登録されたバティスタなど、多彩な顔ぶれが揃う。

 野手に関しては、その厚い選手層から、故障者が出たとしても、大きく落ち込むことはなさそうだ。ただ「代えのきかない選手」は、もちろん存在する。現在のチームを引っ張っているのが、丸と菊池の同級生コンビだ。この2人のいずれかが長期離脱となると、話は変わってくる。特に菊池は、WBC出場の影響もあり、前半戦は下半身の不安でスタメンを外れる試合もあった。その時期に無理をさせないベンチワークで、現在はかなりコンディションも良化しているようだが、いずれにしても、攻守でチームの柱となっている2人のうち、1人でも欠ければ、チームに与える影響は大きい。

 心配はアクシデントのみ、とも言えそうな野手陣に比べて、投手陣は決して万全とは言えない状況で、死角があるとすればこちらか。黒田博樹の引退で不安視された先発陣は、若手の台頭で前半戦は、ほとんど影響を感じない状態だった。ただ、その顔ぶれを見ると、フルシーズン活躍した経験のある選手は野村祐輔とジョンソンぐらいで、それ以外の投手は実績という点では不安は多い。事実、前半戦で7勝をマークし、オールスターにも出場した岡田明丈が、前半戦最後の3試合で不安定な投球が続き、緒方孝市監督も「(起用法も)考え直さないといけない」とコメントしており、今後は不明瞭な状態だ。

 もう1人、オールスターに出場した薮田和樹は、現在6連勝中と絶好調だが、後半戦も同じように勝てるのかと言われれば、不安も残る。特に先発投手にとって2ケタ勝利の壁は意外に高いものがある。ここをすんなりクリアできるのか、現在8勝だが「あと2勝」に苦しむ可能性は少なくない。左の先発候補として、7月7日にようやく今季初登板を果たした戸田隆矢が5回7失点と背信の投球で即二軍落ちするなど、雨後の筍のように続出していた若手の台頭も、そろそろ打ち止めの感もある。

 さらに不安なのがリリーフ陣で、昨年、不動のセットアッパーだったジャクソンの不振だ。後半戦最初の登板でも2失点するなど、昨季からの蓄積疲労は深刻のようだ。昨季前半戦は勝利の方程式の一角だったヘーゲンズも、不振で二軍暮らしが続いている。ストッパーは経験豊富な今村猛で現状は問題ないが、セットアッパーの中崎翔太をはじめ、中田廉や一岡竜司など、現在のブルペンを支えている投手が、いずれも故障上がりの選手ということも不安材料と言えそうだ。

 チーム全体で言えば、ホームゲームで31勝11敗と圧倒的な強さを誇るのに対して、ビジターでは23勝19敗2分と、極端に勝率が落ちるのも気になるところだ。さらに独走態勢で追われる存在となり、上位を狙うチームが広島を意識した先発ローテを組んでくる可能性もある。現に7月4日からの巨人との3連戦では、初戦に田口麗斗、2戦目は中4日先発で菅野智之をぶつけられ、最強打線が2試合連続完封負けを喫している。

 現在、2位をうかがうDeNAのアレックス・ラミレス監督のように「上を見るよりも、3位以下のチームにいかに差をつけるかが大事」という監督もいるが、各チームの姿勢次第では苦しい戦いを強いられる可能性もある。対戦成績を見ても、2位阪神と3位DeNAとは7勝7敗と五分の成績で、決して圧倒しているわけではない。

 ここまで連覇へ突き進むチームの死角を探してきたが、どれもこれも重箱の隅をつついている、という感も否めない。事実、オールスター前後の2、3位との直接対決は、いずれも広島の勝ち越しに終わっている。7月7日のヤクルト戦では、5点ビハインドを9回に逆転するなど、神がかり的な強さも健在だ。それでも、昨年はソフトバンクが日本ハムに最大11.5ゲーム差を逆転されたように、野球は何が起こるかわからない。今年はすっかり言われなくなってしまったが、広島は96年にメークドラマの“悲劇の主人公”になっている。今年はセ・リーグで熱い優勝争いが見られるのか。今後の展開に注目したい。

(※成績は7月20日現在)