果たして、阪神は“奇跡”を起こすことは可能だろうか。前半戦を3連勝で締めると、首位・広島との首位攻防戦となった後半戦初戦をメッセンジャーの力投と梅野隆太郎の勝ち越し打で2-1と勝利。しかし、続く第2戦は岩貞祐太が序盤で捕まり、第3戦ではマテオが炎上して大敗を喫し、本拠地・甲子園で1勝2敗と負け越した。貯金7の2位につける阪神だが、広島とのゲーム差は8となっている。

 残りは約60試合。8ゲーム差は確かに大きいが、諦めるのはまだ早い。まずは8月以降に11試合(8月1〜3日:マツダ、15〜17日:京セラD大阪、9月5〜7日:マツダ、18日:甲子園、順延1試合未定:マツダ)を残す直接対決で圧倒することだ。3連戦3カードをすべて2勝1敗で勝ち越し、残り2試合を連勝すれば8勝3敗。一気に5ゲーム差を縮めることができ、残りは4ゲーム差……。不可能ではないはずだ。

 今季ここまでの直接対決は7勝7敗の五分。全5カード中4カードで初戦白星も、第2戦、第3戦で反撃を食らうパターンが続いている。第一のカギは、その全5カードの第1戦に先発して3勝1敗、防御率4.18のメッセンジャーの働き。勝ち越してはいるが、被打率.295と苦労している感もあり、ブルペン陣の負担を減らして第2戦以降に勢いを付けるためにも完投ペースのピッチングを期待したいところだ。

 加えて、第2戦、第3戦でチームを勝利に導くスターターの出現が必要になる。2015年の広島戦で5勝2敗、防御率2.22(今季は1勝1敗、防御率3.21)の能見篤史の奮闘に期待するか、今季8勝を挙げながら広島戦での登板のない秋山拓巳をローテ組み替えでぶつけるか、2軍生活が続く岩田稔の復活を願うか。だが、最も期待されるのは、制球難で無期限2軍調整中の藤浪晋太郎の変身。高卒1年目から3年連続で2ケタ勝利を挙げた23歳右腕の才能に疑いの余地はない。8月以降、藤浪が“広島キラー”として奮迅の働きを見せることができれば、逆転優勝の芽も出て来る。

 そのうえで、広島の選手に目を向けると、まずは丸佳浩を抑えるべきだろう。今季のチーム対戦打率.304が物語るように軒並み高打率を残されているのだが、そのなかでも、丸には14試合で打率.426、3本塁打、14打点、5盗塁と暴れ回られている。不動の3番打者を封じ込めることができれば、失点数は大きく減るはずだ。投手陣では、6月25日の対戦で7回無失点、7月18日には7回1/3を3失点で、今季対戦2試合で0勝2敗、防御率1.88に抑え込まれている大瀬良大地に黒星を付けたい。8月以降の直接対決でも登板濃厚なだけに、スコアラーを含めたチーム全体で攻略法を見つけ出す必要がある。

 あとは、チームとしていかに勢いに乗るか。8ゲーム差を逆転するためには大型連勝が絶対に必要。先発投手が試合を作るとともに、日替わりでの打のヒーロー出現が求められる。幸い、盛り上げ役である西岡剛が復帰し、若手も頭角を現し始めた。流れに乗る素材は揃いつつある。

 ただ、8ゲーム差は大きい。仮に直接対決で5ゲーム差を縮めたとしても残り3ゲーム差ある。この差を覆すためには、他球団の協力も必要になる。カギを握るのは、今季広島戦4勝1分8敗の中日、そして同3勝11敗の巨人。虎党には容認できないかも知れないが、1996年に長嶋巨人が最大11.5ゲーム差をひっくり返して優勝した“メークドラマ”に準ずる逆転劇を実現させるためには、巨人の勝利を願う日も来るだろう。

 まだ7月末。ここからが夏本番だ。パ・リーグ同様に優勝争いを熱く燃え上がらせるためには、金本阪神の踏ん張りにかかっている。

(※成績は7月21日試合終了時点)