ソフトバンクのデニス・サファテが、21日のロッテ戦でセーブを記録し、パ・リーグ新記録となる4年連続30セーブを達成した。サファテは2011年に広島に移籍し、西武を経て14年からソフトバンクで守護神を務め、来日7年目での快挙となった。今季は外国人として史上初となる通算200セーブも記録しており、史上最強の外国人ストッパーと呼ぶにふさわしい存在だ。過去にも記録や記憶に残る外国人投手は多いが、今回は忘れられない助っ人投手を振り返ってみよう。

 プロ野球の黎明期、巨人のエースとして活躍したのがヴィクトル・スタルヒンだ。現在のロシア出身で日本プロ野球史上、初の外国生まれの選手となったスタルヒンは、1936年の巨人入団から4球団で通算19年間プレーし、NPB史上初となる通算300勝を記録した。

 60年代には、ジョー・スタンカとジーン・バッキーが、ともにジャスト通算100勝という記録を残している。圧巻だったのが1964年で、セ・リーグは阪神のバッキーが29勝9敗、防御率1.89で最多勝、最優秀防御率のタイトルを獲得し、200奪三振で外国人初となる沢村賞を受賞。パ・リーグでは南海のスタンカが26勝7敗、防御率2.40で最高勝率、シーズンMVPにも選出された。この2人は日本シリーズで対決し、第1、6、7戦で3完封を記録し、シリーズMVPに輝いたスタンカに軍配が上がった。

 80年代に入ると台湾人投手が活躍した。その先駆けとなったのが、81年に中日に入団した郭源治で、16年間で106勝をマークした。また先発、リリーフで活躍した郭源治は、抑えとして通算116セーブも記録した。この郭源治から4年後、ロサンゼルス五輪の台湾代表時に「オリエンタル・エクスプレス」と呼ばれた郭泰源が西武に入団。150キロ台後半の速球に、伝説の高速スライダーを武器に13年間で117勝を挙げ、現在でも歴代外国人通算最多勝数の記録を保持している。同時期にロッテに所属した荘勝雄も11年間で70勝と、80年代は台湾出身の投手が日本球界を席巻した。

 90年以降に来日した投手で通算最多勝を記録していたのは広島、ロッテで74勝を挙げたネイサン・ミンチーだが、今季ここまで9勝のランディ・メッセンジャー(阪神)が通算82勝を挙げて歴代5位に浮上した。現役では、ソフトバンクから阪神などを経て、現在はロッテに所属しているジェイソン・スタンリッジが72勝で続く。

 90年代には外国人枠が緩和され、従来の2人から3人、さらに98年からは4人までとなり、外国人の救援投手も目立つようになった。サファテが塗り替えるまで、外国人歴代最多セーブの記録を持っていたのが横浜、巨人で活躍したマーク・クルーンだ。安定感に欠く内容から「クルーン劇場」と揶揄されることもあったが、当時のNPB史上最速の162キロを記録するなど、話題の多い投手だった。

 ヤクルトに5年間所属した林昌勇が通算128セーブで歴代3位。ヤクルト所属時の09年にはWBCの韓国代表として、決勝戦でイチローに決勝タイムリーに打たれたシーンは印象的で、彼はのちにMLBのマウンドにも立った。韓国人ストッパーといえば、中日での4年間で98セーブをマークした宣銅烈も記憶に残る。「韓国の至宝」と呼ばれた右腕は、同時期に中日に所属したサムソン・リー(李尚勲)とともに強力ブルペンを形成した。

 リリーフでクローザーの投手よりも、中継ぎで強烈なインパクトを残したのがジェフ・ ウィリアムス(阪神)だろう。オーストラリア出身のウィリアムスは、藤川球児、久保田智之と「JFK」と呼ばれる最強リリーフ陣を結成し、通算141ホールドを記録。抑えとしても通算47セーブの数字を残した。

 80年代のビル・ガリクソン(巨人)や00年代のコルビー・ルイス(広島)など、日本での活躍期間は短かったが、帰国後MLBに復帰して大活躍する投手もいた。また現役で活躍する選手では、広島のクリス・ジョンソンが昨年、64年のバッキー以来、史上2人目の沢村賞に輝いた。デビューから14連勝をマークし、新人連勝記録と外国人連勝記録を更新したオランダ人のリック・バンデンハーク(ソフトバンク)など、外国人投手の需要が高まるばかりの日本球界では、これからまだまだ凄いピッチャーが登場しそうだ。