日本代表のDFで、ハンブルガーSV(HSV)に所属する酒井高徳は、ドイツでプレーする日本人選手のなかで最も長いオフを与えられた選手となった。

 1部残留を決めた、昨シーズンの最終戦が行われたのが5月20日。昨シーズン終了後に代表での活動があった選手は、酒井を含めて7月15日からの合流で、2カ月近くチームを離れることになった。これは新たなシーズンに向け、十分な休養が必要だとHSVのギスドル監督が判断したからだった。

 ドイツへ戻る前に羽田空港で取材に応じた酒井は、素直にこう話した。

「昨シーズンはメンタル的にも肉体的にも疲弊したシーズンではあったので、しっかりとした充電期間がないと、『よし、また頑張ろう』となれない状態ではありました。おかげでしっかりと充電できたと思うし、休みがあったとはいえ自主トレはきちんとしていましたから。全く心配していません」

 2012年にドイツへ主戦場を移してからは、遅くとも7月の頭には日本でのオフを終えてドイツに渡る生活を続けていた。例年より長い時間を過ごせたこのオフには、久しぶりに家族と日本の海へ出かけることもできたという。

 昨シーズンのHSVは激動のシーズンだった。9月末にラバディア前監督が解任され、11月にギスドル新監督が就任し、酒井は日本人として初めてブンデスリーガのトップリーグのチームでキャプテンを務めた。今季もキャプテンを任されるかどうかは現時点では未定だが、左腕にキャプテンマークがあるかどうかは関係ないと酒井は考えている。

「仮にキャプテンじゃなかったとしても、どういう声をかけたり、どういうプレーが必要なのかというのは、昨シーズンの1年間でわかりました。今シーズンはキャプテンではなかったとしても、自分が引っ張ってやっていきたいなと思います。うちはポテンシャルのあるチームだと思うので、それを引き出せるように、いろいろな選手とコミュニケーションをとれるようにやっていきたいです」

 日本代表で長年キャプテンを務める長谷部誠のような発言だ。長谷部もしばしば口にするが、大切なのはキャプテンマークを巻くことではなく、チームを引っ張っていくという責任感と自覚を持つことだ。酒井はそれがわかっている。

 ただ、個人的には、明確なテーマを持って新たな1年に臨むつもりだという。

「結果の部分です。個人的に目に見える結果を残して残留に貢献したかったなという思いが、昨シーズンにはありました。1得点、2アシストという結果には、全く満足していないです。サイドバックだけではなく、ボランチもやることがあったなかでの結果で、それですから。目に見えるような(ゴールやアシストという)結果を一つでも多く残せるための準備をトレーニングからしっかり取り組んでいきたいです」

 ブンデスリーガの歴史のなかで、リーグ創設初年度から1部で戦い続ける唯一のクラブがHSVだ。そんな名門チームのキャプテンをシーズン途中に任され、1部残留を成し遂げた酒井は、日本での評価よりもドイツでの評価の方が高い選手だ。だからこそ、充実したオフでたくわえたパワーを、その評価をさらに上げるために使うことが、今シーズンの酒井には求められているのである。(文・ミムラユウスケ)