打った瞬間、それとわかる本塁打は1本もない。だが、その事実がこの1年の成長の軌跡でもある。

 南平との西東京大会初戦(7月15日、3回戦)。早稲田実の清宮幸太郎は、初回の第1打席に右翼席のポール際に飛び込む先制の一発を放つ。

「芯だったんですけど、こすってしまった。(コースは?)覚えていないです。うまく腕をたたんでフェアゾーンに入れられました」

 4回戦の芦花戦は最終打席に、外角球をレフト方向に流し打って満塁弾。

「感触が良かったんで、これは入ったな、と。8、9、1、2番がしっかり塁に出て、自分や野村(大樹)に回すことをチームとして徹底している。うまく打線がつながりました」

 さらに舞台を神宮球場に移した7月21日の法政戦では、第2打席にバックスクリーン右にソロ本塁打。やはり「芯でこすった当たり」だった。

 3本はいずれも、はた目には「外野フライ」と思う角度。それでも滞空時間が長く、ボールの行方を追う外野手はズルズルと後退していき、最後はただ見送ることしかできない。

 苦い思い出がある。昨年の西東京大会の準々決勝の八王子戦で、3対6とリードされた九回、本塁打が出れば同点という最終打席の当たりは、わずか数メートルの距離が足らず、右翼手のグラブに収まった。

 だが、あれから1年が過ぎた今、同じような当たりでも、もうひと伸びしてスタンドに飛び込む。

「確実に飛距離は伸びてきている。この1年間やってきたトレーニングの成果が出ていると思います」

 清宮には「プルヒッター(引っ張り専門の打者)」という印象がある一方で、この夏に打った3本はすべて打球方向が違う。

「どこに飛んでも、ホームランになるのは、この1年の成長です」

 和泉実監督は言う。

「清宮の場合、内角、外角、高め、低めと、相手がそれぞれ研究して、いろんな球種で、いろんな攻め方をされます。だから彼自身が球種や打球の方向性を絞ることは難しい。それでも打席を重ねる中で、強引に振らず、自然と角度をつけて、スタンドに入れられていますね」

 つまり、筋力アップによる「飛距離」に加え、相手の投手の配球にかかわらず、広角に力強くはじき返す「対応力」も備わってきたということだろう。

 春の東京大会から数えて公式戦では8試合連続で本塁打を放ち、高校通算本塁打数は106本に達した。一方で、日大三や東海大菅生といった甲子園出場を視野に入れるシード校が順当に勝ち上がり、早稲田実にはさらに厳しい戦いが待っている。

「どこが相手であっても自分たちの野球をやるだけ。調子は悪くないと思います。(3試合で10打数6安打、3本塁打と)打っているんで。お風呂にしっかり入って、水風呂にも入って、マッサージやストレッチにも気を使って……コンディションも上げられています」

 本人に本塁打の欲はなくとも、周囲や過熱する報道陣の「高校通算本塁打記録(107本)更新」の期待に応えようとし、この1年の「進化」を実感する中で心と体のコンディションを整え、来たるライバルとの一戦に備える。

 当面の目標である西東京大会制覇まで、あと三つ。(ノンフィクションライター・柳川悠二)

※週刊朝日 2017年8月4日号