正捕手不在。侍ジャパンのトップチームでここ数年続いている状況だ。今年のWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)では小林誠司(巨人)がラッキーボーイ的な活躍を見せたが、シーズンではとても日本の正捕手とは呼べない成績に終わっている。

 7月25日時点で規定打席に到達している捕手は、小林以外では中村悠平(ヤクルト)だけ。ちなみにこれは今年に始まったことではなく、過去3年間を見ても規定打席に到達した捕手は2016年1人、15年2人、14年1人と似たような状況が続いている。甲斐拓也(ソフトバンク)、田村龍弘(ロッテ)など楽しみな若手はいるが、捕手の“人材不足”がよく分かる数字と言えるだろう。

 しかし今年のドラフト候補の選手たちを見てみると、例年以上に捕手の好素材が多いことがよく分かる。特に高校生に将来性の高い選手がめじろ押しだ。まず待望久しい打てる捕手として最も注目されるのが村上宗隆(九州学院)だ。入学直後から4番を任せられると、1年夏の熊本大会の初打席で満塁ホームランの離れ業をやってのけた。確実性には少し課題が残るものの、大きな構えで打ち方に目立った欠点はなく、とらえた時の打球は間違いなく超高校級。スラッガーとしてのスケールは清宮幸太郎(早稲田実)、安田尚憲(履正社)にもひけをとらない。1年秋から捕手に転向したが、大柄ながらフットワークも悪くなく、スローイングのレベルも高い。将来的には阿部慎之助(巨人)を目指せる素材と言えるだろう。

 守備面でナンバーワンと評価されているのが中村奨成(広陵)だ。高校の先輩ということから、つけられた異名は“小林二世”。捕手としては少し細身だが、抜群のフットワークと低くて伸びるスローイングは圧巻だ。また捕手ながら俊足も持ち合わせ、11球団のスカウトが集結した広島大会2回戦では2盗塁をマークし、その脚力を見せつけた。この2人に関してはプロ志望なら上位指名の可能性も高いだろう。

 続く候補としては古賀悠斗(福岡大大濠)と篠原翔太(報徳学園)の名前が挙がる。

  古賀は昨年夏までは内野手だったものの、それを感じさせない見事なスローイングが光る。体のサイズは決して大きくないが、プレーに力強さがあり、体を張ってボールを止められる姿勢が素晴らしい。バッティングもリストの強さが抜群で、昨秋の明治神宮大会、今春のセンバツでいずれも一発を放ち、その長打力を見せつけた。捕手としての経験が浅い分、今後の伸びしろが大きいというのも魅力だろう。

 篠原も旧チームではバッティングを買われて外野を任せられていたが、新チームでは不動の正捕手に定着。キャッチャーらしいたくましい体つきで、速くて正確なスローイングは高校生トップレベル。ホームランはそれほど多くないものの、右方向にも強く打てるバッティングが持ち味で、今春のセンバツでは4試合で打率5割をマークしている。近畿を代表する捕手と言えるだろう。

 大学生、社会人では松本直樹(西濃運輸)のスローイングが圧倒的だ。捕手のセカンド送球のタイム(捕手が捕球してから二塁手or遊撃手が捕球するまでのタイム)は、一般的に2.00秒を切れば強肩と言われているが、松本の場合は日常的に1.7秒台をマークする。これは現在プロで最も速いと言われている甲斐のタイムとほぼ同レベルであり、プロでもトップクラスと言えるものだ。立教大時代はリーグ戦で1本もヒットを打つことはできなかったが(13試合に出場して20打数0安打)、その強肩が認められて社会人では1年目からレギュラーを獲得。昨年の都市対抗でも一発を放つなど、課題だったバッティングにも磨きがかかっている。即戦力という意味ではナンバーワンであることは間違いないだろう。

 高卒3年目の若手捕手としては岸田行倫(大阪ガス)の注目度が高い。社会人で1年目の秋から正捕手を任せられており、レベルの高い投手陣をリードしてきた経験は魅力。ものすごい強肩というわけではないが、報徳学園時代の2年夏までは内野手だっただけにフットワークが良く、安定したコントロールで盗塁も阻止できる。他にも小畑尋規(立正大)、大平達樹(桜美林大)、辻野雄大(Honda)、川端晃希(JFE東日本)、細川勝平(王子)なども高いディフェンス力を誇っている。

 捕手は守備が第一と言われるが、今年の候補選手は高い打力を備えた選手も多く、村上や古賀はその筆頭格だ。ほかにも松本のような超のつく強肩捕手もおり、まさに多士済々という状況である。打てる捕手、シーズンを通して任せられる捕手を求めている球団は多いだけに、秋のドラフトに向けて彼らの注目度がさらに上がる可能性は高いだろう。(文・西尾典文)