西武ライオンズの元エースで監督経験もある東尾修氏が、2軍選手の才能を伸ばす方法を考える。

*  *  *
 プロ野球は後半戦が始まった。下位チームがどういった巻き返しを図るのか……と話を進めたいが、パ・リーグで抜け出している楽天が日本ハム、ソフトバンクが西武を相手に勝ち越し。セ・リーグでも首位を走る広島が2位の阪神に勝ち越しと、今後も差が広がるような気配がする。

 こうなると、首位チームの監督は大局的に物事が見えるようになる。もちろん、一戦必勝が前提だが、いかに勝負の9月に余力を残せるかを考える。下位チームが明日なき戦いを強いられるのとは逆。余裕をもって起用し、勝てる試合をとることに専念できる。

 パ・リーグの首位を走る2チーム、楽天は松井裕樹、ソフトバンクはサファテと絶対的な抑えがいる。そこにどうつなぐのか。先発陣のやりくりが最重要課題となるだろう。8月は6連戦が増えるから、なおさらだ。楽天の梨田監督は、則本、岸、美馬の3本柱を中6日でキッチリ回しながら、残りの試合をドラフト1位の藤平も含めて多くの駒で回す方針を示している。まったく異論はない。特に屋外球場を本拠に持っているのだから、夏バテで肝心の9月に先発投手が疲弊していては困る。4位以下に落ちる心配はない。ならば、いかにこれから5割の星をキープし、9月にソフトバンクと対するかを考えればいい。

 オールスターのときに、ソフトバンクの工藤監督に「若手投手がうまく育ってきたな」と話したが、これからはどのタイミングで故障明けの選手を使っていくかだ。石川、松本裕など今季飛躍した若手が支えてきた。9月に復帰を目指す和田など、どうやってベテランを組み込むか、だ。

 さらに両チームともに考えるのが、9月に抜け出すために好調な選手をどう生み出すか。つまり、優勝への「切り札」をどう持つかが大事になる。昨季逆転優勝した日本ハムは「投手・大谷翔平」というカードがあった。その見極め、起用も大切になる。

 セ・リーグは申し訳ないが、広島がよほどのことがないかぎり連覇を果たすだろう。先発の質、打線、何をとっても、他のチームより上だ。プレーオフ制度が導入されて「包囲網」など存在しなくなった。つまり、DeNA、巨人ら下位球団は2位の阪神がターゲットになるだろう。広島は9月どころか、10月にピークを持っていく起用法もできる。それくらい余裕があってもいいし、代わって出場する選手の質も高い。

 話は変わるが、巨人が後半戦からコーチ陣の入れ替えを断行し、新たな風を吹かせた。素晴らしいことだよ。現状打破をしなければ変化はない。現場、フロントが一体となって真剣に考えなければ「動く」勇気すら持てない。期せずして浮上した山口俊の暴行疑惑うんぬんは別として、チームを改善しようという努力は球団、現場から感じる。

 球界OBとして願うのは、どんなに下位に沈んでも、ファンは楽しみに野球場に足を運んでくれる。夏休みで少年少女も多い。選手にはプロとしてのプレーを期待する。

※週刊朝日 2017年8月4日号