昨季、日本最速の165キロを記録した大谷翔平を筆頭に、近年は150キロ超の速球を武器とする投手は珍しくなくなったが、投手の武器はそれだけではない。スピードはなくとも、多彩な変化球や絶妙な制球力など、いわゆる投球術で勝負する投手は、見ていて楽しいものだ。今回は力と力の真っ向勝負だけではない、ある意味、野球の醍醐味を感じさせる投球術を駆使した歴代の投手を振り返る。

 戦前の職業野球の時代、大阪タイガースには「七色の変化球」を投げると言われた若林忠志がいた。若林は日本で初めてナックルを投げた投手とも言われている。阪神でその系統を受け継いだのが渡辺省三。1952年にプロ入りした渡辺は、抜群の制球力と打者心理を読んだ投球術に秀でており、参考記録ながら9回を70球で無失点に抑え、9回完投時の最少投球の日本記録を更新した。

 その渡辺に影響を受けたと言われているのが、「投げる精密機械」と呼ばれ、NPB歴代3位の通算320勝を挙げた小山正明(阪神など)だ。無四球試合の通算73試合は歴代2位の記録で、バックを守った吉田義男に「針の穴を通すコントロール」と言わせた。「精密機械」と言えば、70年代後半から80年代に黄金時代を築いた広島カープのエースだった北別府学の名前も思い浮かぶ。内外角に「ボール半個分出し入れする」スライダーを武器に、球団初の200勝投手となった。

 90年代に千葉ロッテなどで活躍した小宮山悟はMLB移籍も果たし、現地で「和製マダックス」の異名をとった。晩年は魔球「シェイク」を開発するなど、頭脳派投手として知られた。同時期にオリックス、MLBで活躍した長谷川滋利や自身最後のオールスターで武器のスローカーブで勝負した三浦大輔(横浜)、近年では中日の吉見一起やオリックスの金子千尋なども、絶妙な制球力と卓越した投球術が光る投手だ。

 投球術を語る時、忘れてはならないのが「軟投派」の存在だ。左投手に多いこのタイプで、70年代に活躍したのが安田猛(ヤクルト)。小柄なサイドスローの安田は、ストレートの球速は130キロ台そこそこだったが、緩急自在の投球術とNPB記録の1シーズン81イニング連続無四球という抜群の制球力で、あの王貞治も苦手とした投手だった。80年代後半から90年代に阪急、オリックスでエース級の活躍をした星野伸之は、スローカーブを捕手が素手で捕球したという逸話を持つ。130キロ台のストレートを速く見せる変化球の使い方や、テイクバックの小さいフォームで打者を幻惑した。

 星野と同様に「出所が見づらいフォーム」で東京六大学リーグの奪三振記録を塗り替え、プロでも数々のタイトルを獲得したのがソフトバンクの和田毅。平均球速は140キロに満たないが、プロでも奪三振の山を築いた。50歳まで現役を続け、数々のNPB最年長記録を更新した山本昌(中日)も、スピードガンの数字は高くないが、個性的な投球フォームからのスクリューボールやカーブ、スライダーを駆使して名球会入りも果たした。他にも、90年代の暗黒時代の阪神でノーヒットノーランも記録した湯舟敏郎や、平均球速が130キロを切るストレートながら、チェンジアップにスライダー、シュートを投げ分けた日本ハムの武田勝などの軟投派左腕も印象深い。

 右投手でも、サイドハンドやアンダースローなどの変則投法で、投球術にたけた投手も存在する。60年代に南海で活躍し、通算221勝を挙げた皆川睦雄は、野村克也氏曰く「初めてカットボールを投げた男」で、シュートとシンカーを織り交ぜてゴロの山を築いた。「史上最高のサブマリン投手」と呼ばれる山田久志(阪急)も、シンカーが武器の技巧派と評されることが多い。アンダースローで究極の技巧派、軟投派の投手と言えそうなのが、2000年代にロッテで活躍した渡辺俊介。「世界一低い位置から投げる」と言われた投球フォームで、WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)などの国際大会では切り札的存在となった。

 最後に、現役投手で最高クラスの技巧派、かつ軟投派と言うべき存在だと言えるのが、現在はシカゴ・カブスに所属する上原浩治だ。140キロそこそこのストレートでMLBの並み居る強打者から空振りを奪い、高い奪三振率を誇る。巨人時代から定評のあった抜群の制球力に、同じ腕の振りでストレートとスプリットを投げ分ける。球の出どころが見づらく、速い腕の振りの投球フォームに回転数まで考えられたファストボールで、MLB屈指のリリーバーとなった上原。40歳を超えても、なおも第一線で活躍する右腕の投球術は、脅威と言うしかない。