8月4日からロンドンで開催される世界陸上。今大会の大きな話題は、すでに今季限りでの引退を表明しているウサイン・ボルト(ジャマイカ)のラストレース。200メートルは回避して個人種目は100メートルのみに絞るため、その登場は大会初日と2日目、そして4×100メートルリレーが行われる9日目の12日になる。

 ユース時代は200メートルと400メートルを専門にし、01年の世界ユース選手権では200メートルに出場して準決勝敗退。だが翌02年の世界ジュニア選手権の200メートルを15歳で優勝すると、03年は世界ユース選手権に戻って20秒40で制覇。17歳になった04年にはジュニア世界記録の19秒93を出して一気にトップ選手の仲間入りしてアテネ五輪にも出場。しかし、初めての五輪は予選落ちに終わり、翌年の世界選手権では決勝へ進出したものの、レース中に脚を痛めて最下位の8位に止まる悔しさを味わった。

 だが、06年には自己記録を19秒88まで伸ばすと、07年には19秒75に。2度目の出場となった世界選手権大阪大会では短距離3冠を獲得したタイソン・ゲイ(米国)に次ぐ2位になり、シニア初のメダルを獲得していたのだ。

 だが、それはボルトにとっては序章だった。陸上関係者だけではなく、世界に広くその名を知られるようになったのは08年5月31日だった。05年から本格的に指導を受けていたグレン・ミルズコーチに100メートルへの取り組みを申し込んだのは07年から。だがスタートからスムーズに加速する技術を短期間で習得し、ニューヨークで開催されたダイヤモンドリーグのリーボック・グランプリで、同じジャマイカのアサファ・パウエルが07年9月に出していた9秒74の記録を0秒02更新する9秒72の世界記録を出したのだ。本格的に取り組み始めてから、僅か5レース目の結果だった。

 08年8月の北京五輪では思い入れのある200メートルでの金メダル獲得を目標にしていたボルトだが、一気に広がった100メートルの五輪王者への可能性。そのチャンスをその勢いのままにものにしたボルトは、北京の100メートルでは無風の条件で9秒69、200メートルでも向かい風0・9メートルの中で200メートルと400メートルのスペシャリスト、マイケル・ジョンソン(米国)が96年アトランタ五輪でマークした、「破られることはないだろう」との見方がほとんどだった19秒32のをあっさり更新する19秒30の世界記録を出した。

 ともに異次元とも言える記録。4×100メートルリレーでも3走を務めて37秒10の世界記録に貢献したボルト。レース後や記者会見での気さくな受け答えとともに、一躍世界中が注目する、愛されるアスリートへと変身したのだ。

 その時点でボルトはまだ22歳になったばかりの若さ。その勢いはまだ止まらなかった。翌09年の世界選手権では100メートルの記録を9秒58まで伸ばし、200メートルは驚異的とも言える19秒19をマーク。200メートルの18秒台突入も彼なら夢ではないと思わせたのだ。

 その後は記録の伸びは止まっているが、その走力の凄さは異次元だ。100メートルの世界歴代2位はタイソン・ゲイ(09年)とヨハン・ブレイク(12年・ジャマイカ)が出した9秒69で、0秒11差がある。また200メートルは11年のブレイクの19秒26が2位。その歴然とした力の差に加え、五輪や世界選手権ではフライングで失格した11年世界選手権の100メートル以外はケガで不調がささやかれている時でさえシーズンベストを出してくる調整力の高さで、その王座を堅持し続けているのだ。

 そんな怪物・ボルトがロンドンにはどんな状態で臨むのか。6月の2レースはまだ本調子とは言えず、10秒03と10秒06に止まったが、7月21日のモナコでは9秒95と調子を上げていて、8月1日のロンドンでの会見でも「世界選手権に出場する時はいつだって準備万端で、100パーセントの自信がある」と明るい表情を見せていた。

 それに対してライバルは、今季最高は6月に9秒82を記録したクリスチャン・コールマン(米国)で、2番手がジャマイカ選手権で9秒90を出したブレークと、そこまで突出した選手が出てきていない状況だ。リオ五輪では9秒91で3位になった22歳のアンドレ・ドグラス(カナダ)が6月に追い風4・8メートルの参考記録で9秒69を出しているが、公認記録のベストは10秒01で力は未知数だ。

 ボルトのこれまでの五輪と世界選手権で最も低い100メートルの記録は、昨年のリオデジャネイロ五輪の9秒81。そのレースでさえ2位のジャスティン・ガトリン(米国)には0秒08差をつけていた。その勝負強さは健在なはずで、最後のレースも優勝で飾る可能性は高いだろう。

 100メートルの結果が出るのは8月5日、現地時間21時45分から数秒後だ。(文・折山淑美)