古豪や伝統校と言われる高校には、歴代OBが語りつなげる「伝説」がつきものである。

 たとえば、春夏通算20回の甲子園出場を誇り、全国制覇の経験もある銚子商(千葉)には、かつて「10年サイクル」と呼ばれるものがあった。夏10回の出場となった1985年、そして95年と2005年に出場したことで語りつながれた「10年周期での夏の甲子園出場」だ。とある東北地区の古豪と呼ばれる県立校には、同校の伝説的なOBにして監督も歴任した人物がグラウンドに姿を現した年は、甲子園に出場できる――。そんな言い伝えがあったと聞いたことがある。

 それらは偶然の産物か。振り返ってみて「そうだったね」という、不確かな要素が多分に含まれる場合が多い。ただ、そこに伝統校の深い歴史が刻んできたロマンを感じるし、高校野球に潜む、力勝負だけではない「見えない力」の存在を信じたくなる心情はよくわかる。

 この夏、21年ぶりに夏の甲子園に帰ってきた、1898年創立の東筑にも「伝説」がある。

 石田伝説――。

 エースが「石田姓」の時は甲子園に出場できる。石田義幸さんの1972年、石田大介さんの78年、そして前回出場の96年には石田泰隆さんがエースナンバーを背負って甲子園に出場したことから、その伝説は生まれた。

 今夏は福岡大会からその話題がクローズアップされ、実際にエース・石田旭昇(あきのり)を擁し、甲子園出場を決めた。78年に石田大介さんとバッテリーを組み、96年には母校の指揮官として甲子園の土を踏んだ青野浩彦監督ははっきりと言う。福岡大会を戦う中で、今年の夏は石田伝説によって甲子園に出場できるという「予感めいたものはなかった」、と。ただ、その言い伝えに「乗っかっていければいいかなとは思った」とも言う。激戦の福岡だ。公立校の夏の甲子園出場は、96年の東筑以来、遠ざかっていた。さらに今年は、春の選抜大会で8強に進んだ福岡大大濠が優勝候補と呼ばれていた。目の前にあった現実を考えれば、青野監督が言うように伝説に「乗っかりたい」というのは本音だったのだろう。

 無論、毎年のように「石田姓」の選手をエースにすれば、必ず甲子園に出場するというものでもない。山本哲也部長は言う。

「実際に、10年ぐらい前に石田というピッチャーがいて負けた時代もありました」

 それでも、東筑は伝説を信じた。そして、その不思議な力を実感した。山本部長が続ける。

「選手たちにとっては、『石田伝説』という話題があってよかったと思います。その流れの中で、また今年の夏、選手たちが一つになって伝説をつないでくれたことがよかった」

 大会初日(8月8日)の第2試合。東筑は初戦で済美(愛媛)に敗れてエースは泣き崩れた。6四死球に10安打を浴びて10失点(自責点6)。試合直後の石田旭昇は「情けないです。自分の力が及ばなかった。球場の雰囲気にのまれて、自分が自分じゃないというか、本来の打たせて取るピッチングができなかった」と唇をかんだ。ただ、こうも語るのだ。

「この悔しさを忘れずに、これから一年間踏ん張って心身ともに成長し、またエースとして甲子園のマウンドに戻ってきたい」

 福岡大会7試合を1人で投げ抜き、甲子園でも145球の熱投を見せた2年生エースは涙の奥でそう誓った。

 石田伝説は、終わらない。(スポーツライター・佐々木亨)

※週刊朝日 オンライン限定記事