大会4日目の8月10日は優勝候補の呼び声高い代表校が続々と登場する。このうち、中京大中京、興南、大阪桐蔭で日本一を経験し、社会人野球に進んだ選手たちの当時の思い出と現在の活躍ぶりを、スポーツライター・佐々木亨氏が取材した。



*  *  *
■9回2死からの猛攻しのいだ夏 野球の神様に導かれた日本一
中京大中京(愛知)→トヨタ自動車 河合完治(25)

 8年前の夏空を、河合完治は忘れていない。

「真っ青な空でボールが見えなかった」

 2009年夏。選手権大会決勝は中京大中京(愛知)が6点リードで9回表を迎えた。2死走者なし。43年ぶりの史上最多7度目となる名門校の全国制覇は目の前に迫っていた。

 だが、窮地に追い込まれた日本文理(新潟)によるドラマが始まった。四球と二塁打で5点差。さらに右翼線三塁打で点差が縮まる。なおも走者三塁。日本文理の4番・吉田雅俊が三塁ファウルゾーンへ飛球を打ち上げる。真っ青な空と白球が重なり、三塁手の河合が打球を見失ったのは、その直後だ。

「いざ決勝の舞台に立つと、気持ちが浮ついていたと思います。9回表のファウルフライのときは、どこかに優勝がチラついていたのかもしれません。普段では起こりえないプレー。冷静ではなかった」

 河合の落球後も反撃を受けた中京大中京は1点差まで詰め寄られる。それでも、最後は河合のグラブにライナーの打球が収まり、勝敗が決した。

「『終わってくれた』と思った。僕のミスから始まった、あの展開ですからね。でも、最後は打球が飛んできてくれた。野球の神様はいるんだなと思いました」

 もしも準優勝に終わっていたら……河合は「今のように野球はできていなかったかもしれない」と言う。ただ一方で、あの夏から得た財産があるのも事実だ。

「一球、一瞬の大切さと怖さを感じました」

 法政大を経て、今は強豪・トヨタ自動車でプレーする。社会人3年目の昨年は、全5試合でスタメンに名を連ねて都市対抗野球大会で日本一を経験した。

「1安打1打点で、個人としてはダメでしたが、みんなのおかげで日本一を経験できた」

 河合は、今の環境を「高校時代と似ている」と言う。常勝軍団であり続けなければいけない重圧を感じているが「それは大事なこと」だと話すのだ。

「高校時代も現在も全国大会への出場が目標ではない。その舞台で、日本一になることが最大の目標ですから」

 常に上を目指す姿勢は中京大中京時代に「大藤(敏行)監督(当時)から教えてもらったこと」だ。これまで味わってきた「日本一」の経験は、今後の野球人生でも大きなアドバンテージになると信じている。

■“沖縄の風”が導いてくれた 県勢初の夏制覇、春夏連覇の偉業
興南(沖縄)→東京ガス 我如古盛次(25)

 沖縄で暮らし、その島でボールを握る球児にとって「県外の野球は遠い存在だった」と我如古盛次は言う。

「野球の質や環境が沖縄と県外では違うと感じたのが、2年(2009年)夏の甲子園でした」

 1年後の夏。主将となった我如古を中心とした興南が沖縄勢として初めて夏の甲子園を制してしまうのだから高校野球は面白い。しかも春夏連覇だ。決勝では東海大相模(神奈川)を相手に13−1。「遠い存在だった」県外の野球を、圧倒的な力でのみ込む沖縄野球が、そこにはあった。

 王者・興南を形づくったものは何か。選手の掌握術に長け、意識改革を徹底した我喜屋優監督の存在。絶対的エースの島袋洋奨(現ソフトバンク)に、ポテンシャルの高さが際立った攻撃力。強さにつながる材料はいくつもあった。

 それに加えてあの夏を我如古はこう思うのだ。

「雑音や情報が入ってこなかったのがよかったと思います。相手投手の球がいくら速くても、遠くへ飛ばす打者がいたとしても、対戦するまで情報がないから気後れしなかった。監督からは『他人の期待はあるけれど、自分たちはブレてはいけないよ』と常々言われていましたし」

 アルプススタンドに流れる"沖縄の風"が試合を追うごとにチーム力を高めてくれた、とも我如古は思っている。

「沖縄の高校球児にとって、あの応援は憧れであり、甲子園を目指す一つのモチベーションなんです。甲子園で勝ち上がるたびに、より一層、応援は大きな力になっていきました。あの夏、僕らは沖縄代表としての大きな誇りを持って戦っていました」

 立教大を経て東京ガスに入社し、今年で3年目のシーズンを迎えた。「入社以来、ここまで確かな結果を残していない」。今シーズンも代打での出場が多い。野球人としての我如古は、もがき苦しんでいる。

「いずれはチームの軸となり、戦力となって大舞台に立ちたいと思いますが、今はチームから期待されるところで、高校時代と変わらないフルスイングを見せていきたい。あの甲子園があったからこそ、今こうして野球をやらせてもらっていると思います。どこかでチャンスは来ると信じ、もう一花、咲かせたいですね」

 プライドは決して失ってはいない。

■王者・大阪桐蔭の礎を築いた 甲子園優勝投手の野球人生
大阪桐蔭→Honda 福島由登(27)

「もう、ええわ……」

 内心ではそう思った時期があった。過去を照らし続ける光が「好きじゃなかった」。背負い続けなければいけない甲子園優勝投手の肩書を誇りに思う一方で、その重圧が煩わしいときもあった。

「大学(青学大)のときは大阪桐蔭時代の取材が嫌いでした。でも、昨年ぐらいからそう思わなくなった。大人になったんですかね」

 5月で27歳になった福島由登は、ほおを緩める。

 社会人野球のHondaでプレーして5年目となり、夢見る頃は過ぎた。ドラフト候補と言われ続けた福島は「プロという意識が一切なくなった」という。

「昨年のドラフトを終えた時点で気持ちが吹っ切れました。落ち込むどころか『都市対抗で優勝したい』という思いが一層強くなりました」

 夏に開催される社会人野球最大のトーナメントである都市対抗野球大会。福島は今、その大舞台に野球人生のすべてをかけている。

 心技体は、ここ数年では最高の状態だ。「心に余裕ができた」。そして、ピッチングそのものが変わった。
「考えが浅かったピッチングが、百八十度近く変わりました。昨年までは、試合になればいい球を投げようとしていたし、スピードガンを気にしていた。でも、ピッチングってそうじゃない。結局は原点に戻るんですけど、アウトコースのまっすぐ、そのボールをどう生かすかが大切だと気づきました」

 体の仕組みや動きも深く考えるようになった。思考の方向性が変わり、ピッチングを楽しめるようになったという。その中で、福島は都市対抗優勝の青写真を持つ。

「高校のとき、僕たちは北大阪大会で7連勝、甲子園で6連勝、計13連勝で日本一を経験した。勝ち切っているイメージは今でもはっきりと残っています。その経験値は、都市対抗という舞台でも必ず生きてくると思っています」

 年を重ねるごとに、2008年夏に制した甲子園への思いが薄らぐ。なぜなら、「都市対抗で優勝したいという思いが頭の中を埋め尽くしている」から。あえて、過去の栄光を遠ざけようとしているのかもしれない。

「高校野球での全国制覇は誰もができる経験ではない。それは財産だし、あの夏の経験は生かしていかなければいけない。甲子園優勝投手として恥ずかしいことはできないと思っています」

 そう語っていたのは社会人2年目の頃。今は、目指すべきところが明確になった。

「日本一になりたい。高校のときとは違う喜びを味わってみたいですね」

 都市対抗優勝投手──その肩書が加わるまで、福島の野球人生は終わらない。(スポーツライター・佐々木亨)

※「週刊朝日増刊 甲子園 2017」より