史上最速のウサイン・ボルト(ジャマイカ)が持つ決勝進出最年少記録18歳11カ月を6カ月更新して臨んだ、初めての頂上決戦はほろ苦い味だった。

 陸上世界選手権の男子200メートル決勝に日本人では2003年の末續慎吾以来、7大会、14年ぶり2人目の決勝進出を果たしたサニブラウン・アブデル・ハキーム(東京陸協)。前半は先頭争いをしたものの、大会中に違和感の出ていた右太もも裏が「ちょっと来ちゃって」直線に入ってからずるずると後退し、20秒63の7位に終わった。

 直後のテレビのインタビューでは「あそこからもう一段階上げていれば、本当にメダルに食い込めたんじゃないかという。前半もいい具合で入れたと思うので、やはり、そこは本当に悔しいですね」と肩を落とした。100メートルと合わせて5レースを走り、疲労感も否めなかった。

 だが、ボルトが05年に18歳で初めて200メートル決勝に出たときの8位より一つ上の順位だったことを思えば、去り行く王者の来歴をわずかずつ先行している。次の時代を担うべく、“サニブラウン伝説”の狼煙を上げたという徴(しるし)だろうか。

 そんな印象を強く持ってしまうのは、100メートル予選の走り(準決勝のスタートでつまずくミスがなければ決勝に進出していたと思われる)に進化の度合いが如実に表れていたからだ。

 このレース、サニブラウンは2組の3レーンに入った。9レーンには世界歴代2位の記録を持つヨハン・ブレーク(ジャマイカ)がいる。だが、スタートで軽やかなステップを踏んで鋭く出ると、身体2つ分リードし、188センチのすらりとした体躯がトラックを駆け抜ける。中盤以降も長い手足をゆったりと柔らかく操るほどに軌跡がスーッと伸びていく。重心の乗り込み、すなわちドライブを極めて滑らかに効かせている。最後はブレークさえ置き去りにし、流し気味にトップでフィニッシュラインを駆け抜けた。

 向かい風で自己タイの10秒05を記録し、18歳5カ月にして、まるで世界のトップのような堂々たる走りっぷり。もはや9秒台などあっという間に出してしまうだろうという予感がにおい立っていた。

「ヨーロッパで学んだ技術をお見せしたい」

 久しぶりの国内レースとなった5月5日のゴールデングランプリ川崎の前日会見で、サニブラウンはこう語っていた。

 高校2年だった一昨年。世界ユース選手権の100、200メートルで2冠と大会新を達成し、世界選手権200メートルに史上最年少での出場を果たすなど、ボルトを上回る足跡を残した。だが、この頃の走りは脚が後ろに流れてオーバーストライド気味。上体も左右に揺れ、軸が後傾する粗削りな走りだった。

 ケガによる雌伏の時を経て今春。高校を卒業したサニブラウンは今年9月から米国のフロリダ大に進学することを決め、その空白期間を利用して1月からオランダの代表チームで指導を仰いでいた。その成果によって、走りがどう進化しているのか、自信がのぞく言葉の響きに興味をそそられた。だが、5月に出場したゴールデングランプリの100メートルでは見せ場のない4位で、不発に終わる。

 だが、その発言が単なる強がりでないことは1カ月後に証明される。6月23日からの日本選手権で末續が果たした03年大会以来の短距離2冠を果たした。その時の走りは、まさしく世界選手権で再現されることになる伸びやかでダイナミックなそれだった。

 急激に伸びた記録が走りの飛躍を端的に物語っている。サニブラウンの100メートルの自己記録は昨年まで10秒22(それでも高校歴代2位なのだが)。だが、今年は4月に10秒18を出すと、日本選手権の3レースで10秒06を2回記録し、決勝で10秒05に到達してしまった。それに比べて200メートルは物足りなかったが、それでも日本選手権決勝で自己ベストを20秒32に更新した。

 いったいサニブラウンの何が変わったのか。日本陸連女子短距離部長でもある瀧谷賢司氏(大阪成蹊大監督)が、こう指摘する。

「力技だけの走りじゃなかった。オランダでコツをつかんだんでしょうね」

 また、別の専門家は「100メートルで9秒99はおろか、9秒9台中盤以上の動きをしている。タイミング重視という感じです」との見方をしている。

 それらは、絶妙なタイミングで的確な方向に地面を押せているなどのエネルギー効率の良さを意味しており、サニブラウン本人が語っている「脚が後ろに流れなくなった」動作や乗り込みの滑らかさも、それを支える重要な要素ということになる。

 さらに前述の2人は「計測しなければ確定的なことは言えないが、股関節から生まれるトルクが日本人離れしている」、「それは的確なフィジカルトレーニングの効果でしょう。脚の根本が太くなっています」とも分析した。

 テクニックとフィジカルの2要素がともに高度に洗練されつつあるというのだ。サニブラウンの認識は「世界のトップを教えているコーチのテクニックはやはり違うと思うんですね。そこで学んだことがすごく大きいのかな。吸収できることはすべて吸収をしようと努力をしてきました」だ。

 彼を見違える走りに変えたオランダの指導環境とは、どんなものなのだろうか。それを考えるとき、まず、オランダはスピードスケート王国で、「スポーツ文化国」と言えるほどに競技環境が整っている点に注目したい。五輪ともなれば、伝統の木靴をはいた大楽団が他国開催の会場まで送り込まれて賑やかに応援し、多くのメダルを持ち帰る。強さを裏付けるのが各地に整備されているスポーツクラブで、確かな理論を身に付け、待遇面も保証されたコーチ陣が質の高い指導に当たる。そうして育った中から優秀な者はナショナルチームへと引き上げられ、さらに先進の指導環境で世界トップクラスへと成長していくのだという。

 日本のスピードスケート代表は、低迷していた中長距離陣のためにオランダ人コーチを招聘し、世界選手権やワールドカップでたびたび表彰台に上がれるほどの成果を出した。そこで施されたのは、徹底した科学的データに基づく練習メニューだった。前出の瀧谷氏は「そんなノウハウが陸上などのほかのスポーツにも浸透しているはずで興味深い」と話す。

 また、オランダは伝統的にフィジカルトレーニングの方法論にたけているという指摘もある。

「サッカーもフィジカルの強さが特徴。思い返せば1964年の東京五輪の柔道で、日本が是が非でも欲しかった男子無差別級の金メダルをアントン・ヘーシンク選手に奪われたとき、力でねじ伏せられたと日本のスポーツ界に衝撃が走ったものです。そのあたりを源流に、オランダにはフィジカル強化の科学的な根拠の収集と蓄積のシステムがあるのでしょう」(専門家)

 そんなオランダ陸上界のひとつのエポックは、15年の世界選手権だった。この大会、黒人選手の牙城だった女子200メートルでダフネ・シパーズが金メダル獲得という偉業を達成する。このとき彼女を指導したバート・ベンネマコーチが語っていた「(人種は)僕らにとっては問題ではない。彼女は高い基準でパフォーマンスできる人で、ほしいのは勝利なんだ。そのことが彼女を良いアスリートだと証明している」との言葉には、指導者としての深い自信が感じられた。

 サニブラウンを指導するレイナ・レイダーコーチは米国人だが、必要なら外国人コーチの力を積極的に活用する柔軟さもオランダらしさに違いない。

 そんなオランダ流のノウハウを吸収して成長したサニブラウンの大物ぶりは、何よりその底知れぬ潜在能力にある。「世界記録を塗り替えたい」というとてつもない将来像を思い描き、自身の走りの完成度については「まだ全然、ほとんど何もできていない」と認識している。

 日本人ではまだ誰も見たことのない景色を見ようとしている18歳は「速く走っているときの、風に乗っている感じが気持ちいい」とも語っていた。その身体を流れていく風の感覚は今後、どのように変わっていくのだろうか。(文・高野祐太)