8月11日にプレミアリーグの新シーズンが開幕する。昨季は優勝候補の”本命”とされたシティ&ユナイテッドのマンチェスター勢が優勝戦線から脱落し、下馬評がさほど高くなかったチェルシーの戴冠で終わった。そんな予想困難だった昨季から、今季はさらに混戦模様が強まっている。理由は巨額テレビマネーの流入に伴う、各クラブの積極的な補強だ。資金力の増加で今夏市場はインフレ傾向が強まっているが、この収入を有効活用してハイペースで補強を進めている。

 通常、テレビ放映権の分配金は前年度のリーグ順位によって金額が変わってくるが、今オフからこの分配金が格段に跳ね上がった。例えば、2シーズン前に「奇跡のリーグ優勝」を果たしたレスターが当時受け取った分配金と、昨季を20位で終えて2部に降格したサンダーランドが今オフに受け取ったその額は、約9300万ポンド(約132億円)でほぼ一緒。プレミアクラブがいかに資金力と競争力を高めているか、ご理解いただけるだろう。

 そんな群雄割拠の今季プレミアを制するのはどこか──。英ブックメーカー『ウィリアム・ヒル』の優勝予想(オッズは日本時間8月10日・午前10時時点)を紐解くと、トップは2.75倍のマンチェスター・Cである。2位には4.33倍でマンチェスター・Uがつけ、3位チェルシー(4.5倍)、4位トットナム(11倍)、5位タイ・アーセナル(13倍)、5位タイ・リバプール(13倍)と続く。英ブックメーカーの予想は、「本命がマンチェスター・C」、「対抗馬がマンチェスター・Uとチェルシー、トットナム」の3クラブだ。

 英識者でも優勝候補に推す声の多いマンチェスター・Cは、本稿執筆時でリーグトップの2億2000万ポンド(約312億円)の巨費を投じて、ジョゼップ・グアルディオラ監督の理想像に人員を近づけている。最たる例はオフに3選手を放出した代わりに、カイル・ウォーカー(トットナム)、ベンジャミン・メンディ(モナコ)、ダニーロ(レアル・マドリード)を加えたサイドバック。ポルトガル代表MFのベルナルド・シウバ(モナコ)を加えた中盤も充実し、ガブリエル・ジェズスとセルヒオ・アグエロが控える最前線もプレミア屈指の破壊力を持つ。しかし、頼りになるのがバンサン・コンパニしかいないセンターバックには大きな不安を抱える。近年は慢性的なけがに悩まされているだけに、シティも絶対本命とは言えそうにない。

 対抗馬のマンチェスター・Uも、オフにFWロメル・ルカク(エバートン)、MFネマニャ・マティッチ(チェルシー)、DFビクトル・リンデロフ(ベンフィカ)を迎えて陣容の拡充に成功した。しかし、攻撃に変化をつける攻撃的MFとウインガーが不足しており、こちらも絶対本命に推すには決め手を欠く。噂されるガレス・ベイル(レアル・マドリー)の獲得が決まれば、優勝候補の筆頭に上がってくるだろうが、はたして。

 対照的に、昨季覇者のチェルシーは思うように補強が進んでいない。MFティエムエ・バカヨコ(モナコ)とアルバロ・モラタ(レアル・マドリード)を獲得しているが、彼らはマンチェスター・Uに売却したMFマティッチと、退団濃厚なFWジエゴ・コスタの後釜だ。ウイングバックとセンターフォワードの駒数が不足しており、チャンピオンズリーグ参戦に伴う過密日程を乗り切るには苦しい。

 また、トットナムも補強が一向に進んでおらず、10日時点で選手補強がゼロで、シティに売却したウォーカーの後釜さえ決まっていない。マウリシオ・ポチェッティーノ監督も「補強しなければ」と気を揉んでいるが、それでもFWハリー・ケインとMFデル・アリを中心としたチームの組織力は、すでにリーグトップレベルにある。3-4-2-1と4-2-3-1を違和感なく使い分け、各ユニットのコンビネーションも円滑。組織の熟成が進めば、面白い存在になる。

 今季の特徴を言えば、優勝が狙える陣容を持つ”ビッグ6”クラブにも不確定要素が目立ち、「絶対本命」と言い切れるクラブが存在しないこと。しかも、莫大なテレビマネーの流入によりエバートンやレスター、ウェストハムといった中堅・下位クラブも積極的な補強策を展開しており、上位陣の取りこぼしはこれまで以上に増えそうだ。よって、優勝争いも混戦模様が強まるに違いない。

 ただし、選手層と戦力値で言えば、シティとユナイテッドのマンチェスター勢がやはり優位だろう。それだけに、在任2季目を迎えるグアルディオラ、ジョゼ・モウリーニョ監督のチーム作りがどこまで円滑に進むか。彼らの熟成次第で、チェルシーやトットナム、リバプール、アーセナルにもチャンスが見えてくるのではないか。(文・田嶋コウスケ)