ノルディックスキーの夏の大会グランプリ(GP)は9月10日にジャンプ女子の最終戦が行われ、高梨沙羅が3勝目を挙げて6連覇を果たした。女子のGPが始まった2012年から総合王者の座を守り続けている高梨だが、オフに出演した「徹子の部屋」でワールドカップ(W杯)の賞金額を明かし、徹子さんを「……それくらいなの?もうちょっと高くてもいいと思うけど。だってあんなこと命がけじゃないですか」と驚かせた。



 ちょうど同じ頃、ジャンプ界のレジェンドこと葛西紀明もバラエティー番組で「もっとお金が欲しい……」とW杯賞金に愚痴をこぼすと、ネットでは意外な話として取り上げられていた。

 ジャンプW杯は男子が30試合弱、女子も20試合近くが行われ、各試合で順位に応じて与えられたポイントの合計で総合順位を争う。

 賞金はスポンサー料やTV放映権から大会主催者が出し、男子W杯の場合、個人戦は上位30人に賞金が与えられる。優勝は1万スイスフラン(CHF)で日本円にして約114万円。2位は約91万円で、30位だと約1万1400円だ。これに6戦ほど行われる団体戦の賞金が加わる。昨季男子W杯で最も稼いだのは総合王者のオーストリア選手だったが、総合優勝争いが最終戦までもつれ込む混戦だったこともあり、賞金総額は約2150万円にとどまった。

 W杯が始まってまだ6シーズンの女子は優勝で約34万円とちょうど男子の3割。昨季の賞金トップは9勝で4度目の総合王者となった高梨の498万円だった。高梨はソチ五輪の2013/14シーズンに18戦15勝という驚異的な勝利数を挙げているが、この時の賞金総額は現在のレートで約675万円になる。

■昔はテレビ、ラジカセなど賞品の現物支給だったジャンプ

 賞金のことは「マイナーな競技なので仕方がない」と言う葛西。2013/14シーズンに10季ぶりのW杯優勝を果たし、奇跡的な復活で総合5位に食い込んだ時の賞金総額は現在のレートで1264万円。確かに、賞金が軽く億を超えるテニスやゴルフとは比べようがない……。

 同じスキーでも花形のアルペンとも大きな開きがある。アルペンのW杯創設は1967年と、1979年に始まったジャンプ男子より10年以上も早く、テレビ放映の歴史もはるかに長い。W杯の賞金額も試合により異なるが、昨季の個人戦優勝最高額は約918万円で、賞金ランキングトップの男子は約6037万円、女子はさらにその上を行く約6822万円を稼ぎ出した。

 徹子さんではないが、板2本とヘルメットだけ与えて時速100キロ超の中、250メートルもの飛距離を飛ばすことを考えると(※男子の最長記録は253.5メートル)ちょっと安いかもしれない。

 ただ、スキージャンプならではの事情もある。男子ジャンプの場合を考えてみたい。

 そもそも、ジャンプW杯の賞金制度は90年代に入ってからと比較的新しい。それまでは賞品という名のテレビやラジカセ、ビデオデッキなどの現物支給だった。1988年に16歳でW杯デビューを果たし、ジャンプのあらゆる歴史に立ち会ってきた葛西は、かつてビデオカメラをもらったことがあるそう。「ちょうど流行り始めた頃だったから、うれしくて回した」と楽しげに思い出していたが、欲しいものがもらえるかは運頼み。あるドイツ人選手はフィンランド遠征で電子レンジ3台を押し付けられたというから、ご褒美というには不都合な制度だ。

 アルペンはスキー板など用具が一般向けにも売れるのに対し、ジャンプ用具を買うのは競技者限定。ジャンプ用の板を作るメーカーが相次いで撤退しているのもマーケットの大きさと無縁でないはず。

 ジャンプ男子のレースディレクターを務めるワルター・ホファー氏は、「アルペンは人気の高さに加えて、観光業につながるのも強み」と指摘する。もちろんスキー場の近くまたは隣接するジャンプ台もあるが、周りに何もなく気を抜いたら食いはぐれそうな会場もある。

 アルペンは、前述の最高賞金が振る舞われる伝統のキッツビューエル(オーストリア)大会などはリゾート地としても有名。同大会前のパーティーには、サッカーやF1などスポーツ界からの関係者はもちろん、常連ゲストとして知られるアーノルド・シュワルツェネッガーら俳優やモデルが訪れる。メディアは“ミニ・ハリウッド”と呼び、自撮りに忙しいセレブたちの登場を報告するのが1月の風物詩にもなっている。キッツビューエルは数日間に大会関連で4000万ユーロ近く(約52億円)もの売上があるという。ホファー氏は「冬季競技で同じ条件なのはボブスレー、スケルトン、スピードスケート」と話す。なるほど、だ。

■トップ選手の賞金より競技の底上げ優先

 賞金が少ない理由はもう一つある。国際スキー連盟(FIS)は2009/10シーズンから賞金対象を上位10人から30人に変更した。1試合の賞金総額は変わらないため1人あたりの取り分が減る。優勝賞金は3万CHFから1万CHFに激減、2位、3位の賞金も半分ほどになった。当然トップ選手たちは反発したが、競技発展のためには自国スキー連盟のサポートが少ない選手を支援する必要があった。

 新制度で賞金額が下がったのは4位までで、5位以下は上がった。その理由をホファー氏は「トップ3くらいまではスポンサー収入や用具の優遇で十分に補える」と説明する。

 当時、賞金変更に反対した1人が2002年ソルトレークと2010年バンクーバーの五輪2大会で個人2冠に輝いたシモン・アマン(スイス)だ。アマンは導入シーズンに総合王者となっており、かなりの損をした1人。それでも今は「最初は理解できなかったけど、結果さえ出せば十分な賞金をもらえるからこれでよかったと思っている。もちろん表彰台に上がった選手が倍くらい稼げればそれに越したことはないけど」と理解を示す。葛西も「いいことだと思う。選手のモチベーションが全然違う。30位に残りたいという気持ちが強くなっているからレベルも上がった」と話し、FISの狙いが実を結んだことが分かる。

 欧州のジャンプ人気が高い国では男子トップ選手はスター扱い。ジャンプ会場では、華奢な選手たちよりはるかにたくましい女の子達が絶好のポジションに陣取ってワーキャーの世界。女子を巻き込めば潤うというのは万国共通で、スタージャンパーになれば賞金以外で億は稼げるという。誰もができる競技じゃないからこその価値や魅力もあり、世界トップになればそれなりに稼げる。そう考えると、スキージャンプは夢もお金もあるスポーツなのでは?(ライター・小林幸帆)

※週刊朝日 オンライン限定記事