パ・リーグ2位につける西武の得点力が際立っている。リーグ優勝を果たしたソフトバンクより40点以上多い652得点をたたき出しているのだ。昨季は143試合で619点だったから、すでに昨季を上回っている。今季は何が違うのか。

 ポイントは12球団トップの盗塁数とその数字の奥にある“したたかな野球”だ。

 昨季の西武は盗塁王のタイトルを獲得した金子侑司の存在はあったが、チーム全体で97個の盗塁(リーグ4位)しかカウントできなかった。それも金子侑が53盗塁を決めていたから、一人の力に頼っての数字といえた。それが今季は現時点でチームナンバー1の源田壮亮の35盗塁に始まり、金子侑の21、外崎修汰の19、秋山翔吾の15など、116盗塁をマークしている。

 本来、西武の走力は昨季からチーム内での課題だった。

 昨季の開幕前は「ライオンズは打って勝つしかない」と不安を口にしていた捕手の炭谷銀仁朗がこう語る。

「昔から言われていたのが、ホームランを打つ選手が3人、なんでもできる選手が3人、走れる選手が3人。それぞれいたら強い打線になるということでした。今季のライオンズは打つだけじゃなくて、走れるようになってきているので、いろんな形の攻め方ができるようになっていると思います」

 昨秋、辻発彦新監督が就任してから常に言われてきたのは「打席内での心がけ」だ。ただ打つのではなく走者との相互理解をいかにうまく使うかだ。

 炭谷は続ける。

「今年は盗塁ができる選手が多くなりましたよね。そこで、ただ盗塁ができるというのではなくて、打席内でどう考えるかを意識するようになりました。例えば、僕が試合に出るときは、外崎が7番で、僕が8番の時が多い。外崎には試合前、『塁に出たときはどうする?』と聞くんです。その日の相手投手のクイックが甘ければ、外崎は『初球から行く』と言ってくるので、僕は(盗塁を)待てますよね。そういう話をしていることがいい攻撃の仕方に繋がっていると思います」

 つまり、今季盗塁ができる選手が多いことに加えて、そのストロングポイントをいかにチーム全体で有効活用できるかということである。

 辻監督は走者が一人出塁しても、お決まりのような送りバントをするわけではない。

 例えば、足が速くない走者が1塁に出塁し、打席に走力のある選手がいる場合は強攻策に出る。しかし逆の場合は、バントをさせる。

 なぜなら、前者はヒットでつなげればビッグチャンスになるし、凡打となったとしてもダブルプレーが崩れて早い方の走者が残ることになるからだ。

 逆に後者は走者の足が速いので、多少、強いバントをしても封殺されることは少ない。そう思ってバントをすればおのずと成功率も上がる。昨季より現時点での試合数が10以上も少ない炭谷の犠打が今年の方が多いのは、その証左だろう。

「投手対打者が1対1の対決になるケースが少なくなりましたね」

 走力が与える影響を語ったのは、現在首位打者の秋山だ。

 秋山はリーグ最多安打もさることながら、すでにキャリアハイを23も上回る86打点を挙げている。

 秋山も炭谷と同じように前後の打者とコミュニケーションを図っている。走力のある選手が塁上にいることで打席での優位性を持つことができると語る。

「今年は新人の源田が入って、外崎も加わって、シーズン途中から金子侑も戦列に入って盗塁を仕掛けています。彼らとのコミュニケーションを取る機会が増えました。今日の相手投手は(盗塁が)行きやすいのか、カウントによってじゃないといけないのか、それともいけないのか、と。それを分かっているのと、分かっていないのとでは、打席での考え方が全く変わります」

「盗塁が難しい相手と分かっていれば、早いカウントでストレートを狙いにいけますし、逆に、そこで変化球だったら、クイックが早くても(走者は)走るチャンスが生まれるわけですから」

 秋山に言わせれば、塁上にいる走者が盗塁をしやすいかどうかの事前知識の共有ができているか否かで、それは「初めて対戦する投手の打席くらい」に大きく違うという。走力のある選手がいればそれでいいのではなく、それを理解して攻撃につなげることが肝要なのだろう。

 さらに「配球も変わる」と秋山は続ける。

「盗塁ができる走者が一塁にいると、初球は様子を見るためにボール球を外に投げてくるケースがありますよね。そうなれば、バッターは1ボールからスタートできます。走者に走る気がなくてもそれができるわけですから、バッター有利のカウントを作れる」

「つまり、投手と打者との1対1の勝負が多かったうちの野球に、今季は2人か3人で攻撃ができているということなんです。クイックしなきゃいけない。ゴロも打たせられないと投手が考えればピッチングは窮屈になるし、守備にはプレッシャーが掛かる。バッターだけに集中できない状況が作れると思うんです」

 少し古い話になるが、8月2日の楽天戦において、西武が目指す野球を見た。

 楽天がエース則本昂大を先発に立ててきた試合で、西武は山川穂高が則本から2打席連続、そして久保裕也からも本塁打を放って計3本塁打と活躍して7-4で勝利した。この山川が第3打席に放った2本目の本塁打こそ、今季の西武の特徴が表れたシーンだった。

 6回裏1死から5番の栗山巧が中前安打で出塁し、6番・山川を迎えた。ここで、辻監督は早めの手を打ち、栗山に変えて代走・水口大地を送った。

 則本が2球のけん制を挟んだのちにストレートを投じると、山川はそのストレートを完璧に捉えてセンターへ放り込んだのだった。

 ストレートを狙い打ちした打球はすさまじかったが、ここでポイントとなったのはそこに至るまでの過程だ。山川は2打席目に則本からホームランを打っている。フォークボールがすっぽ抜けたのを見逃さずに打ったものだった。フォークを打ったわけだから、セオリーでは次打席の第3打席はストレートを狙うものだ。もちろん、則本もそんなことは分かっている。

 ここで辻監督は栗山に代わって盗塁ができる走者を代走に送っている。つまり、投手がストレートを投げたくなる状況を作ったわけである。則本がけん制を二度挟んだのは、走者・水口を気にしたからだろう。それでも警戒した則本はストレートで勝負に行った。それを狙い打ったのが山川だった。

 チームで奪った1本。会心の勝利だった。

 盗塁数が多くなければ「足」は警戒されない。「足」を警戒されるから、バッターとの勝負が少し疎かになる。

 リーグトップの得点力の裏には、12球団トップの盗塁数にして、その数字をうまく利用した“したたかな野球”がある。(文・氏原英明)