今年も運命のドラフト会議が迫ってきた。甲子園を熱狂させた“あの選手”は一体どのチームに行くのか、野球ファンは固唾を飲んで見守っている。そこで、ニュースサイト「AERAdot.」では、年間300試合以上を現地で取材する、野球ライターの西尾典文氏に球団別のおすすめ選手を選んでもらった。今回は今季セ・リーグ2位になった阪神タイガースだ。

*  *  *

 優勝した広島には大差をつけられたものの、昨年を上回る2位でシーズンを終えた阪神。リリーフ陣が見事な活躍でチームを支えたが、先発陣は藤浪晋太郎の停滞もあり、全体的に手薄な感じは否めない。最低でもひとりは先発候補となる投手を獲得したいところだ。

 野手は積極的な若手の抜擢で中谷将大、大山悠輔などが戦力になったことが大きい。気になるのは手薄な二遊間となかなか固定できない捕手だ。二遊間は植田海、捕手は坂本誠志郎くらいしか若手と呼べる選手がいないだけに、スケールのある選手を獲得したい。

【おすすめ選手・その1】
村上宗隆:九州学院 捕手 187cm 95kg 右投左打

 坂井信也オーナーが早々に清宮幸太郎(早稲田実)の1位指名を公言したが、チーム事情を考えると村上の方が需要に当てはまる。三振が多くミート力には課題が残るものの、体のサイズと打者としてのスケールの大きさは清宮にも引けをとらない。スイングに致命的な悪い癖がないのも長所だ。そして決して打つだけの選手ではなく、捕手としての能力も高い。セカンドへのスローイングは高校生では上位であり、打てる捕手として大きく育ててもらいたい。

【おすすめ選手・その2】
鍬原拓也:中央大 投手 175cm 70kg 右投右打

 今年の大学生では数少ない、即戦力として期待できる投手。体はそれほど大きくないものの、全身を伸びやかに使ってコンスタントに140キロ台後半のストレートを投げ込むことができる。下級生の頃は速くても単調で打ち込まれることも多かったが、年々安定感は増しておりしっかり試合を作れるようになった。鋭く沈む「シンカー」という必殺の武器があることも心強い。外れ1位で消える可能性も高いが、2位で残っていればぜひ獲得を目指したい。

【おすすめ選手・その3】
宮本丈:奈良学園大 遊撃手 181cm 79kg 右投左打

 関西の大学球界ではナンバーワンの評価を受ける強打の内野手。重心を極端に低くしてノーステップに近い独特のスイングだが、無駄な動きがなくミート力の高さには定評がある。コースに逆らわずに広角に強く打つことができ、甘いボールはスタンドまで運ぶパワーもついてきた。チームでは主にショートを守っているが、大学ジャパンではセカンドでも安定したプレーを見せた。北條史也、植田とともに早くから二遊間のレギュラー争いに絡めるだけの実力者である。

【おすすめ選手・その4】
山本拓実:市立西宮 投手 167cm 70kg 右投右打

 小柄だが投手としての総合力は全国でも屈指の本格派右腕。よく鍛えられた下半身主導のフォームで、140キロを超える強いボールを低めに集めることができる。変化球のキレと精度、フィールディングなども高校生離れしており、上背のなさを全く感じさせない。夏前には大阪桐蔭の西谷浩一監督が直々に練習試合を申し込んだことでも評判になった。高校卒の若手投手を活性化させる意味でも獲得を目指したい選手だ。

【おすすめ選手・その5】
桜井周斗:日大三 投手兼外野手 178cm 80kg 左投左打

 投打に高い能力を持つ高校屈指のサウスポー。清宮から5連続三振、安田尚憲(履正社)から3連続三振を奪ったスライダーのキレはプロレベルだが、現時点では外野手の方に将来性の針が振れているように見える。しっかりと体を残してスイングし、左方向にも強い打球を放つことができるのが長所。9月に行われたU-18ワールドカップでも、芯でとらえる技術の高さを見せていた。サウスポー、高校卒の若手外野手が少ない阪神のチーム事情を考えると投手、野手どちらで見ても魅力的な選手である。(文・西尾典文)

●プロフィール
西尾典文
1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。