日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督は10月31日、11月の欧州遠征に臨むメンバー25人を発表した。浦和レッズのMF長澤和輝が初選出となった。

「ここ4、5試合、それより前は見ていなかったが、ACLの浦和での出来でいいと思った。守備も攻撃も本当に運動量豊富な選手だ。守備での役割もしっかりこなしつつ、攻撃でも何かもたらせる数少ない選手だと思う」

 初招集の選手としてはかなりの“ベタ褒め”だが、特に評価を高めたのはACL準決勝・上海上港戦の2試合でのパフォーマンスだろう。日頃からハリルホジッチ監督が強調する“デュエル”がぶつかり合うような試合で長澤はブラジル代表クラスのオスカルやフッキ、中国代表のMF陣を相手にした“デュエル”で引けを取らず、攻撃に転じれば豊富な運動量で勢いをもたらした。

 浦和ではミハイロ・ペトロヴィッチ前監督のもとでほとんど起用されず、代表指揮官が彼を全くチェックできていなかったのも仕方ない。だが堀孝史監督への交代が転機となり、ACL準決勝2試合でスタメンに抜擢されるとそれまでの鬱憤を晴らすかの様に躍動した。さらにJリーグでもスタメン起用され、29日の広島戦ではダイナミックな飛び出しからのスーパーゴールで期待に応えた。

 ただ、ACLのパフォーマンスを見た時点で、ハリルホジッチ監督の腹は25歳のMFを招集することでほぼ固まっていたのではないか。ACL準決勝を制した浦和はベルギー戦(11月14日)から4日後に、サウジアラビアのアル・ヒラルとの決勝の第1試合を戦う。そのため、疲労や怪我のリスク、事前にUAEで合宿を行うクラブの準備への影響を懸念し、浦和の選手が5人も招集されたことに疑問や批判の声があがっており、メンバー発表会見でも質問が出たほどだった。

 ただ、初選出の長澤にとっては世界的な強豪との対戦でいきなり存在価値をアピールするチャンスとなる。

 中盤でまず求められるのは相手からボールを奪う能力であり、山口蛍や井手口陽介はそのスタンダードが日本人としてはハイレベルだ。長澤もACLで見せたような“デュエル”を強豪相手に発揮できれば強みにはなる。ただし、今回の選考では倉田秋、3年ぶりの復帰となる森岡亮太とともに攻撃的MFに位置づけられており、正確なパスやタイミングの良い飛び出しも期待される。

 もちろんブラジルやベルギーが相手では、日本が優勢な時間帯やチャンスの数もこれまでの相手より限られるだろう。その中で守備のスタンダードを失うことなく、効率的にゴールチャンスを生み出す能力を示せれば、W杯の本番仕様としてチーム作りの仕上げに入っていくチームの核の部分に組み込まれる可能性は十分にある。

 専修大学の4年時に横浜F・マリノスの特別指定選手だった長澤は、大学生の世界大会であるユニバーシアードのロシア大会を経験し、銅メダルを獲得。当時のメンバーには今回の日本代表にも選ばれた車屋紳太郎がいた。そこからJリーグの所属を経ずにドイツへ渡り、ドイツ2部だったケルンで奮闘。1部昇格に貢献する活躍を見せた。

 その時は契約を2年延長するなど順風満帆に思われたが、14‐15シーズンの開幕前に左膝を痛め、チーム内の立場も難しくなっていた15年12月に浦和レッズへ完全移籍。同時にJ2のジェフ千葉にレンタルされた。チームをJ1に導くことはできなかったが、主力として41試合に出場した長澤は浦和に復帰。さらなる飛躍が期待されたが、なかなか出番を得られない時期が続いた。

 そうした状況でも腐らずにトレーニングを積み重ねてきた成果が現在の活躍に表れているのだろう。いずれにしてもハリルホジッチ監督が中盤の選手に求めることをハイレベルにこなし、かつ攻撃にプラスアルファを出しうる選手であり、チームの底上げやオプションの追加など、さまざまなメリットをもたらす可能性がある。世界の強豪を相手にまさしく“ハリルの申し子”となれるか。今回の欧州遠征でも興味深いポイントの1つとなる。(文・河治良幸)