横綱・日馬富士が起こした暴行事件に角界に衝撃が走っている。日馬富士は10月の秋巡業中に開かれた宴席で、平幕の貴ノ岩の頭部をビール瓶で殴り、さらに顔を繰り返し平手打ちして重傷を負わせていたことが14日に明らかになった。貴ノ岩は九州場所を初日から休場している。



 世間を驚かせたのは、13日に日本相撲協会に提出された貴ノ岩の診断書だ。暴行があったのは26日未明で、診断書には「(1)脳しんとう、(2)前頭部裂傷、(3)右外耳道炎、(4)右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑い」と書かれていた。

 症状が安定すれば場所中の復帰の可能性もあるとのことだが、とても軽症とは思えない。特に「右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑い」は、貴ノ岩の力士生命を左右しかねないケガだ。

 外傷や交通事故が原因で起きた髄液漏は、「脳脊髄液減少症(のうせきずいえきげんしょうしょう)」を引き起こす可能性がある。脳の中の髄液が減ると、髄液によって浮いている脳が下がり、神経などを圧迫する。それにより、激しい頭痛、吐き気、しびれ、歩行困難などの症状が出る。

 現在、日本では約1万人の患者がいると推計されている。ただ、外傷が消えても症状が長期間残るため、周囲から「あの人は怠け者だ」などと誤解されることも多い。家族や知人から病気として認識されないため、つらい日常生活を送っている患者もいる。貴ノ岩も、暴行事件後は巡業に参加していたが、からだにしびれなどを感じ、事件から10日後の11月5日になってから福岡市内の病院に入院したという。

 脳脊髄液減少症とは、いったいどんな病気なのか。

* * *
 兵庫県在住の主婦、下村良子さん(仮名・30歳)は2013年2月、車を運転中に、追突事故に遭った。

 事故後、頭痛や腰痛、吐き気、ふらつき、視覚の異常、耳鳴りといった症状が表れたため、近所の病院へ行ったところ、追突によるむちうち症と診断された。経過を見ることになったが、その後も一向に症状が改善しないため、再度、医師に相談した。すると、「脳脊髄液減少症」という病気かもしれないと言われた。

 脳脊髄液減少症は通常、起き上がっているときには症状が強く、横になると症状が軽くなることが多い。「うつ病」と診断されたり、周囲からただ単に怠けていると誤解されることもあり、患った当事者にとっては心身ともにつらい病気だ。

 下村さんは、この病気を現在までに1千例ほど診ている明舞中央病院脳神経外科の中川紀充(のりみつ)医師を紹介され、同年3月末に中川医師のもとを訪れた。

「下村さんの、起きていると頭痛などが増し横になると軽減するという症状から、脳脊髄液減少症を疑いました。このような場合、発症初期では、水分を十分とり2週間ぐらい安静にする保存療法をおこないます。下村さんの場合は、自宅ですることが困難だったので、入院となりました。保存療法と点滴をおこない、その間にMRI(磁気共鳴断層撮影)検査を実施しました」

 追突外傷後のような場合、早い時期では、むちうち症か脳脊髄液減少症かは区別がつきにくい。そのため経過観察が必要だと中川医師は説明する。

 2週間後に退院し通常の生活に戻った下村さんだが、症状はわずかに改善した程度だった。入院中、MRIで若干、脳脊髄液減少症が疑われる部分が見られた。そのため、診断の材料として腰の硬膜外腔へ生理食塩水を注入したところ、一時的に症状がとても改善したということもあり、2カ月後の6月に再度入院し脳脊髄液減少症についての詳しい検査を受けることにした。

 検査は、髄液漏れの場所や程度を調べる「脊髄MRI/MRミエログラフィー」「RI脳槽シンチグラフィー」「CTミエログラフィー」の三つだ。中川医師が言う。

「この検査の結果、下村さんには明らかに髄液の漏れが認められたため、ブラッドパッチ(硬膜外自家血注入療法)を頸と腰の2カ所に実施しました」

「ブラッドパッチ」とは、自分の血液を硬膜の外側に注入し、そこでできるかさぶたで髄液が漏れる穴をふさぐという方法だ。下村さんは13年8月の診療時に7〜8割の症状改善が見られ、14年の1月にはほぼ完治し、通院も不要になった。

「下村さんの場合は、事故からそれほど時間が経たないうちに受診され、画像で漏れがはっきりと確認でき、早めの処置ができたので、治療がうまくいきました」(中川医師)

 脳脊髄液減少症は、早期では安静にするなどの保存療法で治る場合もある。保存療法がうまくいかない場合には、ブラッドパッチ治療で8割程度の人が快方に向かうという。ただ、診断が遅れ慢性化してしまうと、治りにくい傾向にあるとも中川医師は注意を促す。

(文・伊波達也)

※週刊朝日MOOK『新「名医」の最新治療2015』から抜粋。所属は取材当時