プロ野球は早くも来季へ向けて動き出している。今秋のドラフトで指名されたルーキーたちの他にも、各球団にはすでに有望な若手たちが多数在籍している。来季の新人王の資格(入団5年以内、投手30イニング以内、野手60打席以内)を持つ選手を対象に、次代のブレイク候補たちをセ・パのリーグ別に順位付けしよう。今回はパ・リーグ編だ。

<パ・リーグ>
【1位】田中正義(ソフトバンク)
 創価大からドラフト1位で5球団競合の末にプロ入りした剛腕。注目されたプロ1年目は、2軍で1試合に登板して3イニングを2安打2失点、三振1での防御率6.00。右肩の違和感からノースロー調整が続き、投球再開後はフォームを崩して制球が定まらなかった。だが、最速156キロで空振りを奪える力強いストレートには、依然として大きな夢が詰まっている。ポテンシャルは球界トップレベル。来季はリリーフ転向プランも浮上中。あとはコンディション次第だ。

【2位】堀瑞輝(日本ハム)
 広島新庄高のエースとして甲子園に出場し、その後のU‐18アジア選手権で評価を上げた左腕。日本ハムから1位指名を受けてプロ入りすると、1年目の今季は2軍で11試合3勝1敗、防御率1.98。8月には1軍デビュー、9月にはプロ初先発し、黒星を喫したものの5回1失点と試合を作った。アジアチャンピオンシップに臨んだ稲葉ジャパンにも選出され、注目度は増す一方。伝家の宝刀スライダーは一流打者相手にも威力を発揮する。

【3位】愛斗(西武)
 走攻守三拍子揃い、特にパワフルな打撃は魅力たっぷり。花咲徳栄高からドラフト4位でプロ入りし、高卒2年目の今季は故障離脱こそあったものの、2軍で43試合に出場して打率.358をマーク。豪快なスイングで、53本の安打のうち、2塁打12本に3塁打1本、そして8本塁打で長打率.615の数字を叩き出した。6月には1軍昇格も果たして計9試合に出場したがプロ初安打はお預け。まずは1年間戦える強い体を作ること。それができればブレイクの時は近い。

【4位】鈴木将平(西武)
 静岡高からドラフト4位でプロ入り。高校1 年春からレギュラーを務め、3年時に選出されたU‐18日本代表では3番打者としてアジア選手権の大会ベストナインに選ばれた。今季は高卒1年目ながら2軍で101試合に出場。木製バット、プロのスピードにも類まれな打撃センスですんなりと順応し、リーグ4位の打率.280をマークした。目標は青木宣親。新たなヒットメーカー誕生への期待は、予想以上の早さで高まっている。

【5位】宗佑磨(オリックス)
 横浜隼人高からドラフト2位でプロ入りした内野手。ギニア人の父を持つハーフ選手で、躍動感あふれるプレーでグラウンドを駆け回る。2年目の16年に1軍デビュー。3年目の今季は2軍でクリーンアップを務め、104試合に出場して打率.279、1本塁打、34打点、8盗塁をマークした。高い身体能力を有し、潜在能力はピカイチ。明るい性格でスター性も十分だ。

【6位】吉田侑樹(日本ハム)
 東海大からドラフト7位でプロ入りした右腕。1年目は2軍で22試合に登板して防御率5.10だったが、2年目の今季は2軍18試合で防御率2.21と大幅に向上。1軍デビューも果たし、9月には4度目の先発で7回を5安打1失点に抑えてプロ初勝利を挙げた。1軍での投球イニングは23回2/3で来季も新人王の資格あり。伸びのあるストレートを武器に、先発ローテ入りからのブレイクを狙っている。

【7位】成田翔(ロッテ)
 秋田商高のエースとして甲子園に出場し、U‐18日本代表にも選出された左腕。ドラフト3位でロッテに入団すると、2年目の今年9月に1軍デビューし、プロ初先発も経験。2軍では今季19試合に登板して3勝3敗、防御率3.05と着実なステップアップを果たしている。端正なマスクで女性ファンからの人気も高く、20歳となって迎える来季は井口資仁新監督の下、大人になったピッチングを披露してもらいたい。

【8位】高橋純平(ソフトバンク)
 世代ナンバーワン右腕として、県岐阜商高からドラフト1位で3球団競合の末にソフトバンク入り。プロ1年目は2軍戦7試合に登板して2勝1敗、防御率2.22とまずまずの成績を残したが、2年目の今季は安定感を欠いて17試合で2勝4敗、防御率4.70と数字を悪くした。現状は壁にぶつかっている状態だが、それを乗り越えれば、最速154キロの伸びのあるストレートへの将来性は高い。

【9位】吉田凌(オリックス)
 東海大相模高からドラフト5位でオリックスに入団。高校時代は左腕の小笠原慎之介(中日)とともにダブルエースとして全国に名を馳せた。2軍で1年目の12試合登板、防御率5.79から、2年目の今季は16試合で防御率2.37と大きく進歩。16試合中12試合に先発して4勝4敗とゲームメイク能力に磨きをかけている。今年10月にはプロ初登板初先発で2回2/3を6失点で降板したが、その悔しさも成長への糧にする。

【10位】野澤佑斗(ソフトバンク)
 急成長を遂げる中継ぎ右サイドハンド。つくば秀英高から15年の育成ドラフト1位でソフトバンク入りし、1年目は3軍戦のみの登板で2軍戦未登板だったが、2年目の今季は2軍でチーム最多タイの42試合に登板して2勝1敗1セーブ、防御率1.02の好成績を残した。まずは支配下登録が目標になるが、3年目の来季はそこに留まることなく、一気に1軍デビューする可能性も十分にある。まだ20歳になったばかり。進化を続ける。