野球界の現状に対する“アンチテーゼ”とも言える画期的なアイデアが発表された。それは「甲子園を目指さない高校野球部」。今回は「前編」に引き続き、「中編」をお送りする。

*  *  *

 ベースボール・ファースト・リーグ(BFL)の兵庫球団と大阪・向陽台高、和歌山球団と鹿児島・神村学園高との教育提携が結ばれる前にも「甲子園を目指さない野球部」のプランが、いったんはスタートを切っていた。

 2013年10月2日、関西独立リーグ(当時)の兵庫球団と芦屋学園が提携し、2014年から芦屋学園高に硬式野球部を新設することが発表された。

 芦屋大が全日本大学野球連盟に加盟しない野球部を創部することを決めた当時、系列の芦屋学園高には硬式野球部がなかった。しかし、軟式野球部は2011年の県大会で優勝するなど、強化への下地はあった。ただ、大学と同様に高校野球部が日本高等学校連盟に入らない選択をすれば、春と夏の甲子園には出られない。それどころか、各都道府県大会への出場も不可能になる。

「高校生には『甲子園』の存在は大きい。これを最初から放棄する野球部に生徒は来ますか? ただそれ以上の夢を与えられるものが作れれば、それも可能かもしれない」

 芦屋学園側は大学と兵庫球団が提携を決めた当時、こうした見解を明かしていた。しかし「神宮を目指さない大学野球部」と「甲子園を目指さない高校野球部」のふたつを連動させたとき、独立リーグという『プロ』を頂点に、大学〜高校〜中学〜小学校〜幼稚園と、年齢別のカテゴリーが一本化された育成システムのピラミッド”の形成が可能になる。そして兵庫、和歌山両球団の代表とGMという『4役』を兼任する高下沢(こうげ・たく)と芦屋学園が描いた青写真の中で、最大の魅力になると考えていたのが野球部の海外進出だった。

 育成ピラミッドの頂点となる「プロ」に、高下はMLB(メジャーリーグ)球団との提携も想定していた。メジャー球団から指導者が来て、技術指導はもちろん、学校で英語の授業を行う。夏休みに渡米し、ホームステイをしながら現地のサマーリーグに参加する。米メジャーの施設を利用して温暖な地域で海外キャンプを行い、そこでメジャーの現役選手や指導者から直接の指導を受けることもできる。球団経営やスポーツ医学などの分野で最先端を行く米国の知識も得ることができる。


 メジャー球団の傘下に、日本の大学、高校、中学、小学校という、年齢別の育成部門がピラミッド型にぶら下がる。日本のジュニア選手たちにメジャー流のエキスを注入して人材を育成する。育て上げた逸材をピックアップして、マイナーやメジャーに送り込む。つまり、メジャーのユースシステムとして稼働することができる。高下は非公式に話し合ったメジャー球団側からも「それなら協力はできる」と前向きな回答ももらえたという。

 プロ・アマの壁が厳然として存在する日本で、NPBの球団がピラミッドの頂点に立つ形でのユースシステムは現時点では実現不可能だ。しかも現在、日本高等学校連盟に所属する高校が単独チームで海外での試合を行う場合、その都度高野連に申請して許可を得る必要がある。しかも「基本的にはダメ」というスタンスだ。その最大の理由は、加盟校間の実力の格差があまりに広がり過ぎないよう「可能な限り平等な条件にしないといけないから」と高野連側は説明する。海外遠征が承認されるケースも「姉妹校、自治体や教育委員会の姉妹都市。そういう大義名分が必要」と定義づけている。

 連盟という全体を統括する立場から見ると、強豪校であろうが、県予選で1回戦で敗退する普通の公立校であろうが、年1万円の加盟料を取り、それぞれを同格の1加盟校として見なし、同じルールのもとに、同じ通達を行う。

「高校野球は、あくまで学校教育の一環。部員数がギリギリの公立校から、甲子園に出て優勝するようなトップチームでも、我々から見れば1加盟校には変わりない。だから、その“最大公約数が必要なんです」

 2013年、芦屋学園側が「甲子園を目指さない高校野球部」の構想を発表した際、日本高野連の竹中雅彦事務局長が示した見解がこれだった。あらゆる事柄に対し平等に、一定の線引きが必要になる。そうすると海外遠征のように費用負担が大きく、また、その間の授業や学校行事などはどうなるのかといった懸念など、あらゆる要素を踏まえると海外遠征は基本的に「アウト」という答えが導き出されるのだ。昨今は減少傾向とはいえ、2017年でも約4000の加盟校を傘下に置く巨大組織としては当然の姿勢だろう。


 ただ今の時代、海外留学を行う高校生も増え、修学旅行で海外に出ることも珍しくもなくなった。国際交流を特色にする私学の高校も多く、そうした中で学校の交流行事の一環として、野球部の親善試合や海外遠征のプランが浮上することもあるだろう。現在は各学校の教育方針、学生側の希望やニーズに基づいた『選択』の時代でもある。

「海外に遠征して、その間の授業はどうするんだ?」

 こうした反論も、間違いなく起こってくる。しかし今やノートパソコンやiPadを1台ずつそれぞれの生徒に持たせれば、日本から仮に何千キロ離れた場所であろうとも、通信環境さえ整っていればフェイス・ツー・フェイスで双方向のコミュニケーションすら可能なのだ。画面を通して、授業を行うことに何の支障もない。

「球場の横に教室を建てて、練習前にパソコンを通して学校からの授業を受け、それからグラウンドに行く。そういうことは普通にできる時代なんですよね」

 高下の言うことは、決して大げさでもない。教室に座って授業を受ける。そうした固定観念を取っ払って考えてみればいい。海外遠征=授業ができないという図式は、今の時代には当てはまらなくなろうとしている。

 毎年、夏休みの時期になると、米国の高校生たちがヨーロッパを転戦するという「トラベルチーム」が結成される。旅行を兼ねた選手の家族も一緒になり、2週間程度のツアーの間、選手たちは旅先の現地でチームを組み、試合を行う。つまり、各国で年齢に応じたチームとの国際試合が日常的に開催されている。欧米では、高校生の頃からそういった環境を自らの目で見て、実際に体験しているのだ。

 そうした環境を、どうして日本で作れないのだろうか。その障壁を連盟外であれば取り除くことができる。甲子園ではなく、夏はヨーロッパ各国を転戦する。そんな高校野球のチームがあっても、まったくおかしくない。そうした多彩な選択肢を提供したいという高下の思いが、「甲子園を目指さない野球部」というプランの中には込められているのだ。

※<後編>へ続く

(文・喜瀬雅則)

●プロフィール
喜瀬雅則
1967年、神戸生まれの神戸育ち。関西学院大卒。サンケイスポーツ〜産経新聞で野球担当22年。その間、阪神、近鉄、オリックス、中日、ソフトバンク、アマ野球の担当を歴任。産経夕刊の連載「独立リーグの現状」で2011年度ミズノスポーツライター賞優秀賞受賞。2016年1月、独立L高知のユニークな球団戦略を描いた初著書「牛を飼う球団」(小学館)出版。産経新聞社退社後の2017年8月からフリーのスポーツライターとして野球取材をメーンに活動中。