気がつけば、2月1日のキャンプインまであと1ヵ月を切った。プロ野球が恋しくなるこの季節だからこそ、改めて2017年シーズンの出来事を振り返っておきたい。「プロ野球B級ニュース事件簿」シリーズ(日刊スポーツ出版)の著者であるライターの久保田龍雄氏に2017年シーズンの“B級ニュース”を振り返ってもらった。今回は「走塁編」である。

*  *  *

 中日のドラフト2位ルーキー・京田陽太が足で魅せた。

 5月24日のDeNA戦(横浜)、両チーム無得点で迎えた3回2死二塁のチャンスに、ウィーランドから右中間を破る先制タイムリー。ボールがフェンス際まで転々とする間に、自慢の俊足を飛ばして、一気に三塁を陥れた。

 普通なら三塁打止まりのケースである。だが、ここでDeNAに連携ミスが出る。右中間まで打球を追ったセカンド・石川雄洋が深い位置からライト・梶谷隆幸からの返球をカットしたが、緩慢な動作でもたつき、なかなかボールを投げようとしない。「まさかホームまで行かないだろう」の油断があったのかもしれない。

 悪いときには悪いことが重なるもので、石川の中継を受けるファースト・ロペスも目を切らして、捕球できる態勢ではなかったのも不運だった。そんななか、すでにオーバーランしていた京田は、「自分で(行けると)判断した」と迷うことなく本塁を突く。

 砂煙を上げてヘッドスライディングした時点で、まだボールは本塁に返ってきておらず、余裕でセーフ。まさに1987年の日本シリーズ第6戦で西武の辻発彦(現西武監督)が巨人のセンター・クロマティの緩慢プレーを見越して、中前安打で一塁から一気に生還した伝説のシーンを思い起こさせるような鮮やかな“忍者走塁”だった。

 ランニングホームランかと思われたが、記録は三塁打と野選。それでも、“銭の取れるプレー”であることに変わりはない。京田本人も「自信になる。年に1回あるかないかのプレー」とニッコリ。

 これですっかり勢いづき、6、8回にも安打を放ち、初回の左前安打も含めて4打席連続安打。1試合4安打は、中日の新人では現阪神の福留孝介が1999年に記録して以来、18年ぶりの快挙だった(その後、8月9日の広島戦でも福留以来の1試合5安打を記録)。

 2017年は積極果敢なプレーを売りに、新人では歴代4位の149安打、チームトップの23盗塁で、見事新人王に輝いた。


*  *  *

 6月15日の日本ハムvs中日(ナゴヤドーム)は、一邪飛でのタッチアップ生還で試合が決まる珍事となった。

 4対4で迎えた8回、日本ハムは1死から代打・矢野謙次が左前安打で出塁。この場面で代走として起用されたのが、50メートル5秒7の俊足で、“犬よりも速い男”の異名をとる5年目の内野手・大累進だった。

 大田泰示の左前安打とジョーダンの暴投で1死二、三塁のチャンスも、次打者・松本剛は一邪飛。普通なら、三塁走者は自重のケースだ。

 ところが、ファースト・ビシエドが本塁を背にして捕球する姿を見た大累は「(本塁への)ストライク返球は難しい」と瞬時に判断すると、捕球直後、迷わずスタートを切る。

 はたして、ビシエドの振り向きざまの返球は大きく三塁方向にそれ、見事5対4と勝ち越しに成功した。

 結局、これが決勝点となり、試合後、プロ初のお立ち台が待っていた。

 2012年のドラフトで巨人に2位指名入団。仮契約の席で、飼い犬のコーギーよりも「僕のほうが(足が)速い」とコメントしたことから、“犬よりも速い男”との異名がついた。2016年シーズン途中に乾真大との交換トレードで日本ハムに移籍。プロでまだ安打を1本も記録していないのに、ヒーローインタビューを受けるのも、足のスペシャリストならではの珍事である。

「まさか僕が呼ばれるとは…うれしいです」(大累)。

 2017年は13試合に出場も、2打数無安打に終わり、プロ初安打は2018年に持ち越しとなった。

*  *  *

 忘れかけられていた男が、一世一代のハッスルプレーで名を挙げた。
男の名は岩本貴裕。入団2年目に14本塁打を記録したかつてのドラ1も、近年は若手の台頭に出番を奪われ、出番が激減していた。

 2017年も開幕を2軍で迎え、1軍登録されたのは7月9日。それだけに「何とか結果を出そう」と必死だった。

 同12日のDeNA戦(マツダスタジアム)、6回に足を痛めたエルドレッドに代わって代走でシーズン初出場。1点リードの7回2死満塁でシーズン初打席が回ってくると、「簡単にアウトにならない。三振しない。粘ろう」と自らに言い聞かせ、左中間を真っ二つに割る走者一掃の3点タイムリー二塁打。中継が乱れる間に三塁に進んだ後、捕手・高城俊人からの送球が自らの左膝に当たり、ボールが三塁ファウルゾーンを転々とするのを見て、一挙ホームへ。


 だが、本塁ではすでに高城がボールを持って待ち構えていた。誰もがタッチアウトと思った次の瞬間、なんと、岩本はジャンプ一番、高城を飛び越して、イチかバチかの忍者ホームインを狙った。

「一生懸命走ったら、目の前にキャッチャーがいたので、体が勝手に動きました。恥ずかしいです」。

 まさに「アウトになりたくない」の一心が生んだ大ジャンプ。タッチしようとする高城の頭上をまたぎ越し、執念でホームベースを目指したが、着地直後、左足の後ろ側にタッチされて、惜しくもアウトになった。

 それでもこのダメ押しの3点が効いて、チームは5対1と快勝。「走塁は空回りしたが、あの一本はチームにとって大きかった」と緒方孝市監督も、元ドラ1の積極果敢なプレーに賛辞を惜しまなかった。

●プロフィール
久保田龍雄
1960年生まれ。東京都出身。中央大学文学部卒業後、地方紙の記者を経て独立。プロアマ問わず野球を中心に執筆活動を展開している。きめの細かいデータと史実に基づいた考察には定評がある。