この“中座”がどう影響するのか?

 中日・松坂大輔が米国の永住権(グリーンカード)取得の手続きのため、キャンプ地の沖縄・北谷を離れたのは2月4日の練習後。球団から松坂の渡米が発表されたのは、翌5日の練習前のことだった。

「プラスになる話じゃないよね」

 与田剛監督の“冷静な分析”は至極まっとう。調整が遅れそうだという見通しには、こちらもうなずくしかない。

 グリーンカードの取得は、今後の松坂のライフスタイルに関連してくるものだ。家族を含めた将来の生活を左右するものだけに「そういう条件を持った選手。当然理解してあげないといけない。権利を我々が破棄させるわけにはいかない」と与田監督。米国の永住権取得は手続きの時期を指定される。キャンプに参加するため、2月は避けて、早めにしてほしいなどといった個人的な事情はほぼ勘案されない。

 中日では、一昨年にもビシエドが米国市民権取得のため、シーズン中の6月に渡米。そこから約1カ月、4番打者は日本に戻ってこられなかった。ビシエドの場合は、キューバから亡命後、メジャーでプレー。2016年から中日でプレーしている。こうした個人的な事情が絡む事案に関しては「シーズン中だから」「キャンプ中だから」と球団側が渡米を認めないようなことになると、イコール「プライバシーの侵害」とも受け取られる時代でもある。与田監督が使った“理解”という表現には、そうした意味合いも含まれているのだろう。

 松坂のケースは、書類に直筆でサインすれば終わるとも言われている。最短なら1泊3日。それでも片道10時間以上の航路、機内での気圧の影響、時差などを考えれば、強行日程が及ぼす肉体への負担は決して小さくはないだろう。松坂本人から渡米前の説明はなかったため、あくまで推論だが、この“リセット”を見通した上で、キャンプインの2月1日から一時離脱の4日まで一度もブルペンに入らず、本格的な投球練習を回避していた理由があるのかもしれない。


 ただ、去年は第1クールの5日間でブルペンに2度入っていた。第2クールもほぼ1日おきにブルペン入り。つまり、2月上旬の時点で捕手を座らせてのピッチングを順調にこなしていた。

 その松坂は8日午後に北谷キャンプに再合流した。4日午後にキャンプ地を離れ、5日に離日、米到着翌日に手続きを済ませると、即現地を離れるという強行軍で沖縄へ戻ってきた。この“丸4日間の戦線離脱”からトレーニングを再開し、時差ボケも解消して、ブルペンでの投球も可能になるには、さしもの松坂でも数日は要すると見られる。そうした状況を踏まえれば、“本格的な再始動”は2月10日以降と考えるのが妥当なところだろう。

 この“10日間の遅れ”をどう見るか──。

 今年から就任した阿波野秀幸1軍投手コーチはまず、去年と今年の松坂を取り巻く環境の違いを挙げた。

「去年は入団するために仕上げてきたところがある。なんとか契約を勝ち取るためだったし、その後のことはその後だった。でも今年はそういうわけにはいかない。シーズンでの上積みが期待されている。だから、ペースを上げろ、上げろとやる方が、むしろ(こちら側が)やってはいけないことなんだよ」

 去年は、全力で投げていた。

 今年は、まだ投げていない。

 同時期での単純な比較だけで「今年の松坂はダメだ」とか「開幕に間に合わない」と短絡的に判断するのは“ナンセンス”というわけだ。逆に、ポジティブに考えてみれば、松坂は米球界で8年の経験がある。メジャーのキャンプインは2月中旬。長いキャリア、右肩の状況、さらに開幕を踏まえてスケジュールを逆算してみても、2月中旬からのキャンプスタートで、どの時期に、どういう調整をこなしていけばいいのか。2月中旬から3月下旬の開幕まで、その約6週間の調整方法は熟知しているのだ。

 阿波野コーチが、今季の松坂に関して特に考慮すべきだと強調するのが「右肩の状態」だという。「ピッチャーにとって、痛めたところが肘なのか肩なのかは、段違いなんだよ。一緒に考えちゃいけない。肩っていうのはダメージが大きいんだ。松坂は(ソフトバンクでの)3年間、ずっと苦しんできたわけじゃない? 再発しないように配慮されて、去年は勝ち星につながった。ピッチャーにとっての肩はそれだけ大変なんだ」


 今季から就任の赤堀元之投手コーチも「(松坂は)遠投で仕上げていくタイプ。ブルペンに入るとか、入らないとかじゃないですよ。だから、彼の調整ペースは(こちらは)気にしていないです」と語る。阿波野コーチも「これが松坂流の調整ですか? とか、すぐに聞くじゃない?」と苦笑いを浮かべ、こちらの“ネガティブな質問”をやんわりと退けながら、こう続けた。

「長く苦しんで、ブランクがあった。そこから去年、シーズンを投げて、その反動も絶対に怖いんだよ。(戻ってきて)ずーっとこのまま、徐行運転が続くと、どうするかとなるけど、それはこれからのこと。キャッチボールを見ていても、投射角(投球の角度)はちゃんと下がってきていた。ここから(調子が)上がってこないなら、考えないといけないけど、ひとまずは本人。こちらは見守るしかない。それだけ肩はナーバスなんだよ」

 昨季6勝を挙げ、復活を果たした38歳。その安定感は今季の中日投手陣にも不可欠でもある。

「こっちの希望としては、一日も早く見たいというのはある。でも、143試合の勝負ですから、慌てさせないようにしたい」と与田監督。シーズンをトータルで考えれば、むしろこの時期での“短期離脱”で幸いだったと言える日が来てほしい。与田監督も阿波野コーチも、それこそ内心ではそんな“祈るような思い”なのだろう。(文・喜瀬雅則)

●プロフィール
喜瀬雅則
1967年、神戸生まれの神戸育ち。関西学院大卒。サンケイスポーツ〜産経新聞で野球担当22年。その間、阪神、近鉄、オリックス、中日、ソフトバンク、アマ野球の担当を歴任。産経夕刊の連載「独立リーグの現状」で2011年度ミズノスポーツライター賞優秀賞受賞。2016年1月、独立L高知のユニークな球団戦略を描いた初著書「牛を飼う球団」(小学館)出版。産経新聞社退社後の2017年8月からフリーのスポーツライターとして野球取材をメーンに活動中。