昨シーズン、まさかの最下位に沈んだ阪神。今季も開幕直後は負けが込んでいたものの、徐々に調子を上げて上位争いに食い込んでいる。そんなチームの再建を託されたのは矢野燿大監督だ。2016年から2年間一軍でコーチを務め、昨年は二軍監督としてチームをファーム日本一に導いた。そこで矢野阪神のこれまでの戦いぶりから見えてきたもの、これから優勝を狙ううえで重要になりそうなポイントを検証してみた。

 ここまでの矢野監督の選手起用で目立つのが、昨年までの強みをそのまま生かそうとしている姿勢だ。新監督が就任すると自分のカラーを出そうとして、前監督が起用してこなかった選手を抜擢するケースが少なくない。俗に言う『●●チルドレン』と呼ばれるような選手たちである。

 しかし、矢野監督は無理に自分のカラーを出そうとするのではなく、金本知憲・前監督の遺した戦力を上手く活用しているように見える。その最たる例が正捕手の梅野隆太郎である。梅野は昨年、プロ入り5年目で初めて規定打席に到達し、ゴールデングラブ賞も受賞したものの万全の実績とは言い難い。

 そんな状況であれば、矢野監督が同じ捕手出身ということを考えても、自分の色を出すのであれば他の捕手と梅野を競わせることも十分に考えられるが、ここまで完全に梅野を正捕手として固定しているのだ。開幕直後に左足薬指を骨折しても梅野を正捕手から外さず、梅野本人もここまで攻守にわたる活躍を見せてその期待に応えている。今年で28歳とまだ若く、打力もある梅野が正捕手としての地位を完全に確立すれば、来年以降の戦いにも大きなプラスとなることは間違いないだろう。

 そして、もう一つ目立つのが外から補強した選手に対しても過剰に期待することなく、見極めながら起用しているところだ。昨年オフ、FAで獲得した西勇輝は先発ローテーションの中心となり、新外国人のジョンソンもセットアッパーの一角として期待通りの働きを見せている。その一方で、先発候補として見られていたガルシアは開幕から調子が上がらないと見るとすぐに二軍での調整を決断。中軸として期待されていたマルテは逆に無理して開幕から起用せず、ファームでの状態を見極めてから昇格させている。高額年俸で獲得した新戦力だからといって特別扱いをしていないという点は、非常にバランス感覚がとれている印象だ。

 もちろん、最下位だった昨年の戦力をそのまま起用しているだけではない。抜擢という意味で象徴となっているのが、近本光司と木浪聖也のルーキー二人だ。特に近本は完全にセンターのレギュラーをつかみ、リードオフマンとして欠かせない存在となっている。小柄でスピードのあるプレースタイルから「赤星憲広二世」と言われることもあるが、パンチ力に関しては赤星を上回っており、勝負強さを兼ね備えているのも大きい。

 木浪は近本ほどの前評判の高さはなかったものの、オープン戦で結果を残して見事に定位置をつかんだ。開幕直後は不振に陥ったものの徐々に調子を上げており、レギュラー候補の多かったショートの一番手として攻守に存在感を示している。この二人の新戦力が台頭してきたことでチームの雰囲気が大きく変わって見えるファンも多いはずだ。

 ここまでは矢野監督のプラス要因を挙げたが、夏場以降も上位争いを演じるための不安要素はもちろん抱えている。一つ目は昨年からの課題である得点力不足だ。大山悠輔、近本の台頭はあるものの、まだまだ糸井嘉男、福留孝介のベテランに頼る部分が多い。中谷将大、高山俊などレギュラー経験のある選手が相変わらずくすぶっており、ファームでも近い将来に中軸を任せられそうな選手は見当たらない。ベテラン二人が故障や疲労で調子を落とした時に矢野監督がどのような決断をするのかというのは、非常に大きなポイントとなるだろう。

 そして最も大きな課題は、やはり藤浪晋太郎の処遇である。首脳陣が変わったことで復活の期待も高かったが、今シーズンもコントロールに苦しみ、ここまで二軍でわずか1試合の登板のみという状態である(※5月19日現在)。思い切ってトレードに出し、中軸を打てる選手を獲得するというのも一つの手段だが、そのポテンシャルの高さとまだまだ若い年齢を考えると何とか復調させたい。

 金本前監督は打ち込まれても懲罰的に続投させるという突き放す方針で上手くいかなかっただけに、矢野監督には何とか違う方法で復調を促すことをトライしてもらいたい。いくら四死球を与えても一定のイニング数、球数までは我慢して起用し続けるというのが最も良い方法ではないだろうか。前段で高額年俸の新戦力を特別扱いしないところがプラスと述べたが、藤浪ほどの選手には特別扱いをするのも一つの方法である。

 現在の主力が調子を落とした夏場に新戦力が台頭し、藤浪が鮮やかに復活してチームを優勝に導く。そんなシナリオを期待している阪神ファンはきっと多いことだろう。(文・西尾典文)

●プロフィール
西尾典文
1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。