5月20日に引退を発表した元巨人の上原浩治氏(44)が残してきた数々の功績の中で、最も称賛されるべきなのは「100勝100ホールド100セーブ」のトリプル100だろう。これまでメジャーリーグでの達成はただ1人、日本では史上初という大記録だ。



 ちなみに「ホールド」とは、1986年にアメリカで考案され、日本では1996年にパ・リーグで採用が始まり、2005年にセ・パ両リーグで導入された「中継ぎ投手のチームへの貢献度」を評価する指標だ。現役で活躍する日本人投手の中で、トリプル100に近い数字を残しているのは誰なのだろうか。

【藤川球児(阪神)】日米通算成績:58勝146ホールド226セーブ
【平野佳寿(ダイヤモンドバックス)】日米通算成績:53勝175ホールド160セーブ
【増井浩俊(オリックス)】通算成績:35勝141ホールド159セーブ
【五十嵐亮太(ヤクルト)】日米通算成績:70勝164ホールド70セーブ
※成績は2019年5月27日時点

 トリプル100の3項目のうち、2項目をクリアしているのは藤川、平野、増井の3選手のみだ。1項目クリアの選手は、何人もいたが、五十嵐が最もバランスよく数字を積み上げていた。

 こうしてみてみると、上原氏が達成したトリプル100が、いかに難しい記録なのかが分かる。キーとなるのは勝利数。中継ぎや抑えという役割で、100勝を積み重ねるのは、よほどの技術があったとしても簡単ではない。

 藤川の成績を見てみると、達成にはあと42勝が必要になるが、年齢は今年で39歳。上原氏が引退した44歳までプレーすると仮定したとしても、毎年平均8勝以上は勝たなくてはいけない。平野、増井はともに今年で35歳。平野が47勝、増井は65勝が必要だ。年齢が藤川よりも4歳若く、増井よりも多くの勝利数を稼いでいる平野なら一見クリアできそうな数字にみえるが、平野のプロ生活12年間の1シーズン平均勝利数は4勝だ。藤川のケースと同じく、上原氏が引退した44歳までプレーすると仮定したとしても100勝には届かない。

 先発、中継ぎ、抑えのそれぞれの役割で、ある程度の数字を残すには、チーム事情が大きく関係する。例えば、先発で5年連続二桁勝利を収めた投手を、翌年から中継ぎや抑えにまわすケースはそう多くないだろう。前例はないわけではないが、そういうのは、一時的な応急処置のようなもので、最終的には元の役割に戻るパターンが多い。

 上原氏も巨人時代、2007年に抑えとして32セーブをあげたが、主に活躍したのは先発。本格的に配置転換となったのはメジャーリーグへ移籍してからだ。上原の凄さは、この配置転換にうまく順応できたことだろう。先発と中継ぎ、抑えでは、調整方法もまったく異なるし、何より登板数は倍近くに増える。また先発と違い、登板の有る無しが分かりづらく、つねに肩を作っておかなければならない過酷な役割だ。しかし、上原氏はこうした厳しい環境下でも、レッドソックス時代には26試合連続無失点、34人連続アウトの球団記録更新、2013年のリーグチャンピオンシップでは1勝3セーブ9奪三振無四球無失点でMVPにも選ばれるなど、メジャーリーグで争奪戦が巻き起こるほどの信頼を勝ち得た。現役生活20年のうち、先発として10年、残りの10年を中継ぎや抑えとして成績を積み重ねることができた結果が、トリプル100の偉業に結びついたといえるだろう。

 メジャーリーグだけでなく、日本でも近年、投手の起用法は、どんどん多様化している。上原氏に続いて、トリプル100を達成する投手は現れるのだろうか。今後の展開に期待したい。(AERA dot.編集部/岡本直也)