第101回全国高校野球選手権大会が開幕し、今年もどんなドラマが生まれるか大いに楽しみだが、懐かしい高校野球のニュースも求める方も少なくない。こうした要望にお応えすべく、「思い出甲子園 真夏の高校野球B級ニュース事件簿」(日刊スポーツ出版)の著者であるライターの久保田龍雄氏に、夏の選手権大会で起こった“B級ニュース”を振り返ってもらった。今回は「甲子園の珍姓球児編」だ。



*  *  * 

 日本全国から球児たちが集まってくる甲子園大会は、その土地ならではの珍姓が話題になることも少なくない。甲子園で覚えた名字の知識をもとに、仕事の取引相手に「〇〇県のご出身ですか?」と尋ねたことがきっかけで、「よくご存じですね!」と意気投合するケースもある。高校野球ファンは、名字マニアでもあるのだ。

 小学生のころから約半世紀にわたる高校野球観戦歴の中で、イチ押しの珍姓は、1973年に日大一の6番レフトとして春夏連続出場をはたした四十八願(よいなら)隆である。

 センバツ2回戦の丸子実戦で7回に値千金の右中間タイムリーを放ち、1対0の勝利の立役者になったときは、朝日、毎日、読売の各紙がいずれも「四十八願(よいなら)」と読み仮名付きで記事を掲載した事実からも、全国でも屈指の難読珍姓と言えるだろう。

 ヒーローインタビューで名字について質問攻めにあい、「小さいころは、イヤな名前と思っていたけど、今はそんなことないです」と答えていた本人だが、それではなぜ「よいなら」と読むのだろうか?

 四十八願は栃木県佐野市の小字名で、もともとは黄泉野原(よみのはら)という地名だったが、この地に阿弥陀寺があったことなどから、阿弥陀如来の四十八願(しじゅうはちがん)に掛けて、「よいなら」と訛って読むようになったといわれる。発祥の地・栃木県には、約100人の四十八願さんがいる。

 数字にまつわる珍姓では、10年夏の準優勝投手・東海大相模の一二三(ひふみ)慎太の名も挙げられる。ただし、熊本県、兵庫県をはじめ、全国に約830人いるので、それほど珍しい名字ではない。一二三自身も父の実家は熊本県だった。

 14年に春夏連続出場した岩国の4番・二十八(つちや)智大も記憶に新しい。その由来については、古語で「十」を「つづ」と読んだことから、埼玉県に多い廿楽(つづら)姓同様、「二十」も「つづ」に転用したようだ。もともとは「つづや」だったと思われる。

 甲子園出場がきっかけで、ご先祖様のルーツ探しにもひと役買ったのが、80年に滋賀県勢で初の4強入りをはたした瀬田工の三塁手・若代(わかしろ)悟だ。

 広島市在住の会社員・若代芳朗さんは、太平洋戦争中に亡くなった父から「我が家の先祖は3、4代前に滋賀県大津市から広島にやって来た」という話を聞かされて以来、「ぜひ墓参りをしてみたい」と熱望していたが、長い間、手掛かりを得ることができなかった。

 そんな矢先、たまたまテレビ観戦していた夏の甲子園3回戦、瀬田工vs秋田商で、同姓の選手が7番サードで出場していることを知り、一縷の望みを託して、同校に電話連絡。西宮市の宿舎にいた本人にコンタクトを取った。

 同姓の見知らぬ人からの突然の問い合わせに「何のことかわからない」と目を丸くした本人だったが、大津市在住の父・寅雄さんに事情を説明してバトンタッチすると、その後、本家の伯父や地元の研究家の協力も得て、芳朗さんのルーツと墓所が判明。お互い遠い親戚同士であることもわかった。

 寅雄さんは「息子が甲子園に出してもらっただけで、うれしいのに、こんなおまけまでついて」と思いがけない出会いを喜んだ。準々決勝の浜松商戦で、1対0の1回に勝利につながる2点タイムリーを放った息子も「野球をしたことで、まったく離れた人と関係があることがわかるなんて不思議ですね」(同年9月4日付朝日新聞夕刊)と感慨深げだった。

 ごく普通の名字だったら気づかないのに、「ひょっとしたら?」と気になったのは、まさに珍姓がもたらしたご利益だった。

 ちなみに同年の瀬田工には、橘高(きったか)淳というもう一人の珍姓選手(捕手)もいて、阪神で3年間プレーしたあと、審判に転身した。

 審判といえば、かつての甲子園大会の審判も、西大立目(にしおおたちめ)永、達摩(だるま)省一、郷司(ごうし)裕と個性的な名字が多かった。

 沖縄は独特の名字が多く、豊見城、沖縄水産を率いた栽(さい)弘義、興南の監督として10年に沖縄史上初の春夏連覇を達成した我喜屋(がきや)優の名将2人も、全国的に有名になったことで、珍姓のイメージが薄れた感がある。

 そんななかで、今でも高校野球ファンに強烈なインパクトを残しているのが、04年に中部商の一塁手として出場した阿波根(あはごん)直幸だ。

 180センチ、110キロの堂々たる体格に加え、青々としたスキンヘッドのいでたちは、まさに“怪童”の名にふさわしく、“アハゴン”は本名にもかかわらず、“ゴジラ”松井秀喜のような威圧感があった。

 6番を打つ阿波根は、沖縄大会決勝の沖縄水産戦で、同点と勝ち越しにつながる2本の二塁打を放つなど4打数3安打と大当たり。甲子園でも活躍が期待されたが、初戦の酒田南戦で、2回1死三塁の先制機に、ベンチからスクイズのサインが出ていたにもかかわらず、「セーフティーと勘違いして」バットを引いてしまったのが祟り、三塁走者は本塁憤死。直後、甲子園初安打となる左前安打を放ったが、あとの祭り。6対11で無念の初戦敗退となった。

 ちなみに同校のエース・金城宰之左(すずのすけ)も、漫画「赤胴鈴之助」に由来する難読の珍名として話題を集めた。(文・久保田龍雄)

●プロフィール
久保田龍雄
1960年生まれ。東京都出身。中央大学文学部卒業後、地方紙の記者を経て独立。プロアマ問わず野球を中心に執筆活動を展開している。きめの細かいデータと史実に基づいた考察には定評がある。最新刊は電子書籍「プロ野球B級ニュース事件簿2018」上・下巻(野球文明叢書)。