レギュラーシーズンも最終盤戦を迎えているプロ野球のペナントレース。セ・リーグでは最下位のヤクルト、5位の中日はAクラス入りも厳しい状況である。クライマックスシリーズができたことで以前ほどいわゆる“消化試合”と言われる試合は減ったものの、この2チームについては来季を見据えた戦いも必要になってくる時期と言えるだろう。また万全のレギュラーではない選手にとっては来季の契約も気になる時期である。

 そこで今回はヤクルト出身の八重樫幸雄さんに、優勝がなくなった時期にいかに戦うべきか、また長く現役を続けられる選手にはどのような特徴があるのかという点を中心に話を聞いた。

――ヤクルトは自力でのCS(クライマックスシリーズ)出場の可能性もなくなり、厳しい戦いが続いています。八重樫さんの現役時代も夏場には優勝争いから脱落したシーズンもあったかと思いますが、そのような消化試合はどうやって気持ちを作られていましたか?

八重樫:タイトルがかかっているような選手はそれに向けて頑張りますよね。でも自分はそういうタイプじゃなくて、ましてやキャッチャーだったからやっぱり最後までチームで勝ちたいというのはありましたよ。負けが増えてくるとどうしても『またか』という雰囲気になりますけど、やっぱりそんな状況でも現場のトップの監督やコーチは言葉や態度に出してはいけないと思いますね。
 あとは経験のある選手も影響力は大きいですから、そういう時こそベテランがチームを引っ張るような態度を出さないといけないと思います。

――八重樫さんが一緒にプレーをされていて、またコーチとしてご覧になって、そういう状況でもチームを引っ張っていた選手というとどなたになりますか?

八重樫:自分が現役の時は若松さんですかね。どんな時でも抜くことがなかったです。あとは同じキャッチャーでは古田かな。個人でタイトルもとってましたけど、キャッチャーやってるとやっぱり勝ちたい気持ちが出てくるんですよ。

――その一方で優勝やCS進出がなくなった状況では、来年以降に備えて若手を起用するべきという意見もあります。星野仙一さんなんかはその切り替えが早かったように見えました。そういう若手の抜擢についてはどうですか?

八重樫:若手を使おうとすると当然それまでのレギュラーやベテランが外れることになりますよね。その時にベテランにしっかり話をすることが大事だと思います。理由も伝えずにスタメンから外したり二軍に落としたらその選手が終わってしまうこともある。
 あと、スタメンから外されて少し不服そうにするようなベテランは、調整してきてくれということを伝えて、思い切って二軍に行ってもらった方がいいこともありますね。
 使われる若手の方は結果を出さないとという気持ちがまずあると思いますけど、結果以上に姿勢を見られていることが多いです。凡打でもしっかり走っているか、三振でも思い切ってやっているか。意外にそうやって使ってもらえるチャンスはそんなに多くないですから、そういう時に必死でやれるような選手はいいですよね。

――若手ではなくてもレギュラーではない選手にとっては、来シーズンも契約してもらえるかというのも気になる時期だと思います。どの選手を残すかなどはどういった形で決めていくのでしょうか?

八重樫:自分がいた時は7月くらいから二軍のディレクターとコーチが話し合いを始めていましたね。査定するフロントの方は基本的に数字しか見ませんから、そうじゃない部分をコーチとかが伝えたりしますね。
 当然成績もそうですけど、やっぱり大事なのは取り組む姿勢ですよね。一生懸命やっていればもう1年見てみようかとなりますよ。入団しても若いうちにすぐ切られるような選手はどこかプレー以外の生活や練習態度に問題があることが多いんじゃないですかね。

――プレーの面、技術面で長く現役でできる選手の特徴はありますか?

八重樫:一つは体が強いこと。石川(雅規)なんかは小さいけど体が強くて若い頃からよく走ってましたよ。あとどうしても下半身から弱くなっていくので、走れるというのは大事ですね。速くなくても姿勢が良く走れる選手。大杉さん、若松さん、門田さん、みんな走り方がしっかりしていました。
 自分も関根さんが監督の時にキャンプで手の指を怪我して、1週間くらい毎日50メートルを100本走ったんですよ。そうしたらその年はやっぱり体がよく動きましたね。あとプレーでは守備がしっかりしていること。外野手は肩が衰えてくると一気に厳しくなることが多いです。内野手も確実に守れていれば切られにくいですよ。
 そうやって守備で生き残った選手が、ベテランになって意外にバッティングでいい仕事をしたりすることもある。ずっとレギュラーでなくても残っている選手は、やっぱり守備が大事じゃないですかね。

――キャッチャーの立場からご覧になって、ピッチャーについてはどうですか?

八重樫:軸になるボールを持っていることはまず重要ですね。あとは、石川はもっとシュートを磨かないと勝ち星を貯金できないってずっと言ってきたんですけど、彼の場合はオフやキャンプでいつも新しいボールを投げようするんですよ。そうやって球種を少しずつ増やしたり変えたり模索をしていくことも生き残れる方法かもしれませんね。

――選手に長くプレーするためのアドバイスとしてまとめるとするとこれくらいですかね。

八重樫:そうですね。さっきも言いましたけど走ることは大事だと思います。速く走らなくてもゆっくり走ることで体のバランスが良くなって、調子を取り戻すこともあります。あとは故障ですね。いいものを持っていても故障で長くできなかった選手もいっぱいいましたから。ベテランになってからこそ故障に気をつけることが大事だと思います。

(文・西尾典文)

●プロフィール
西尾典文
1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。