プロ野球ペナントレースもいよいよ大詰め。そんななか、パ・リーグの首位打者争いは、森友哉(西武)が9月11日時点で3割3分9厘をマーク。2位・吉田正尚(オリックス)に9厘差をつけ、プロ6年目で初のタイトルに手が届くところまできた。



 森といえば、大阪桐蔭時代から捕手としての能力はもとより、打撃センスの良さにも定評があり、甲子園での通算打率4割7分3厘は、PL学園・清原和博の4割4分を上回る。その森とバッテリーを組み、2012年の春夏連覇を成し遂げた1年先輩の藤浪晋太郎(阪神)も、シート打撃などで対戦した森を、「高校までに見てきた中で、一番いいバッター」と一目置くほどだった。

 そして、翌13年のドラフトで森が西武に1位指名されたときの恩師・西谷浩一監督のコメントも実に暗示的だ。

「ミート力、1球で仕留める力は、私が教えたなかで、森がナンバーワン。体は小さいけど、(スケールの)大きな選手になって、(小柄でも)できることを証明してほしい」

 当時の森は、選手名鑑に身長170センチ、体重80キロと記されていたが、本人によれば、「実際は168センチぐらいだった」という。大柄な選手が圧倒的に多いプロで輝かしい実績を挙げるには、かなりのハンデだが、西谷監督は森がそれを克服してプロで大きくはばたくことを願い、「彼ならできる」と確信していたようだ。

 体が小さくてもやれることを立派に証明した今季の活躍ぶりは、もちろん本人の努力抜きには語れないが、そんな野球に対する真摯な姿勢をも含めた恩師の評価は、「的確すぎる」の一言に尽きる。

 的確な評価といえば、昨年通算1000本安打と200本塁打を達成した中田翔(日本ハム)もその一人だ。大阪桐蔭入学の時点で「将来プロになれる」と直感。「ウサギとカメ」のウサギにたとえ(ちなみにカメにたとえられたのは辻内崇伸)、松坂大輔(現中日)レベルの本格派も夢ではなかったが、2年時に右肘を痛めて以来、球のキレが戻らず、プロでは打者で生きる道を選んだ。

 当時の打撃は「当たればホームラン」という大雑把なレベルで、2年夏の甲子園では、早稲田実・斎藤佑樹(現日本ハム)の巧さに翻弄されてしまったが、西谷監督は「ウサギが本気になったら違う」と、打者としても成功することを確信していた。

 その結果、「スイッチが入った」中田は、「みんなに応援してもらえるスケールの大きな選手になってほしい」とプロ入りに際しての恩師の願いを見事実現している。

 また、中田の1年後輩にあたる浅村栄斗(楽天)も、「甲子園で活躍しないとプロは厳しい」と西谷監督から釘を刺されたことに奮起し、08年夏の甲子園で打率5割5分2厘、2本塁打と大活躍。日本一を手土産に同年のドラフトで西武に3位指名され、夢を実現した。プロ入りという目標に対しても、恩師の目は確かだった。

 一方、彼らとは対照的に、プロ入り後、恩師の評価と異なる起用法が裏目に出たと言えそうなのが藤浪だ。

 阪神入団直後、西谷監督は「いきなり1軍というのは厳しいと思います。(即戦力という声もあるが)それはみなさんのリップサービスでは。もちろん藤浪がダメというわけではありません。プロはそんなに甘くない、ということです。大学を出ていきなりでも難しいわけですから、そう簡単にいくものでもないです」(2013年1月12日・東京スポーツ)と開幕1軍を時期尚早と見ていた。

 そして、プロでの課題として、「体もまだまだですから、まず体づくりをしないといけない」「やはり投球フォームですね。いい時はいいんですが、まだ安定してないんです。それをある程度安定させて投げられるようにならないと……」と体とフォームの2点を不安視していた。

 周知のとおり、藤浪はプロ1年目の開幕第3戦、ヤクルト戦(神宮)でプロ初先発初登板をはたし、3年連続二桁勝利と即戦力の期待に応えたかに見えたが、4年目以降は、制球難で自滅するなど安定感を欠き、現在も苦闘の日々が続いている。

 今改めて前出の西谷監督のコメントを読み返すと、やはり「的確な評価だった」の思いを強くさせられる。

 この10年で全国の高校の中でも最多の17人をプロに送り込んだ大阪桐蔭。今季も根尾昂(中日)、藤原恭大(ロッテ)、柿木蓮(日本ハム)、横川凱(巨人)の“ビッグ4”がプロ1年目のシーズンを戦っている。そんな彼らの入団時に、西谷監督は次のような言葉を贈っている。

「根尾は意識が飛び抜けているというか、ここまで芯が強い子はいませんでしたね。(中略)心配はありますけど、どんなところでもぶれないと思います」

「(藤原は)足が速いだけの選手だけではなく、打てる外野手になって欲しいと思いますね。守りも含めて全部できる打者になって欲しいです」

「(柿木は)ゲームを作る魅力がありますし、球も強いですから。リリーフならオリックスの沢田(圭佑)みたいにグッといくタイプになれると思いますよ」

「(横川は)内面の強さは持っているんですが、時間はかかるかもしれません。(中略)大器晩成であってほしいですね」(いずれも2019年1月12日・デイリースポーツオンラインより抜粋)。

 現時点で4人ともまだ戦力とは呼べないが、数年後、彼らがプロで実績を残したときに、もう一度この監督評と見比べてみたい。(文・久保田龍雄)

●プロフィール
久保田龍雄
1960年生まれ。東京都出身。中央大学文学部卒業後、地方紙の記者を経て独立。プロアマ問わず野球を中心に執筆活動を展開している。きめの細かいデータと史実に基づいた考察には定評がある。最新刊は電子書籍「プロ野球B級ニュース事件簿2018」上・下巻(野球文明叢書)。