ペナントレースは西武が連覇を達成したものの、クライマックスシリーズでは2年連続でソフトバンクが逆転を見せた今季のパ・リーグ。来季に向けて各球団が補強に動いているが、改めて今シーズンの外国人選手の活躍度と来季に向けての展望について診断してみたいと思う。



【西武】
2019年外国人選手活躍度:B
来季の外国人選手展望:C

・外国人投手合計成績
94試合17勝10敗3セーブ17ホールド

・外国人野手合計成績
75試合27安打6本塁打31打点0盗塁

・外国人選手MVP:ニール
17試合12勝1敗0セーブ0ホールド 防御率2.87

 今シーズン救世主的な存在となったのが先発右腕のニールだ。不安定な投手陣の中にあって夏場以降は完全にローテーションの中心となり、12勝1敗という成績を残してチームのリーグ優勝に大きく貢献した。しかしニール以外の外国人はリリーフのマーティン、ヒースがともに昨年よりも安定感を欠く内容に終始し、唯一の野手であるメヒアもシーズン終盤で貴重なホームランはあったものの、来日6年目で最低の成績に終わった。トータルで見れば外国人選手の貢献度は高くなかったと言えるだろう。

 大活躍を見せたニールは2年契約を結び残留となったが、それ以外の選手の去就は不透明な状態で、一気に入れ替わる可能性が高い。ここ数年は毎年新外国人を獲得しているが、大きな戦力になったのはニールくらいで、当たる確率が低いのが気がかりだ。ニールが2年目のジンクスに苦しむようだと、今年以上に厳しい状況に陥ることも考えられるだろう。

【ソフトバンク】
2019年外国人選手活躍度:A
来季の外国人選手展望:B

・外国人投手合計成績
90試合12勝10敗4セーブ34ホールド

・外国人野手合計成績
240試合240安打65本塁打158打点4盗塁

・外国人選手MVP:モイネロ
60試合3勝1敗4セーブ34ホールド 防御率1.52

 主力選手に故障者が多い中でもリーグ2位、そして日本シリーズ3連覇を達成できたのは投打にわたる外国人選手の活躍が大きかった。中でもMVP級の働きを見せたのがリリーフ左腕のモイネロだ。来日3年目で自身最多となる60試合に登板し、チーム最多となる34ホールドをマーク。防御率は1点台、奪三振率も13を超えるなど、セットアッパーとしてチームに欠かせない存在となっている。野手もグラシアルとデスパイネの二人がシーズンを通して中軸として機能し、打線の中核を担った。彼らの存在がなければ、更に苦しいペナントレース、ポストシーズンになったことは間違いないだろう。

 しかし来季はここ数年先発の一角を担っていたバンデンハークのメジャー復帰が噂されており、今シーズン7勝をマークしたミランダも退団が濃厚。グラシアルとデスパイネも年齢的な衰えが心配される。スチュワート、コラスといったこれからが楽しみな若手が控えているのはさすがだが、来年だけを見ると今年よりも苦しい布陣となる可能性は高い。

【楽天】
2019年外国人選手活躍度:A
来季の外国人選手展望:B

・外国人投手合計成績
152試合12勝8敗0セーブ73ホールド

・外国人野手合計成績
245試合211安打52本塁打162打点5盗塁

・外国人選手MVP:ブラッシュ
128試合111安打33本塁打95打点2盗塁 打率.261

 昨シーズンの最下位からAクラス躍進の原動力の一人となったのが新外国人のブラッシュだ。開幕当初は下位を打つことが多かったが、徐々にホームラン数を伸ばして中軸に定着。最終的にチームトップタイの33本塁打、単独トップの95打点をマークし、慢性的な長打力不足に悩む攻撃陣の救世主となった。来日5年目のウィーラーも打率は過去最低だったものの19本塁打、67打点をマーク。変わらぬパワーと勝負強さを見せた。

 一方の投手陣もハーマン、宋家豪に新外国人のブセニッツが加わり、リリーフ陣を支えた。特にブセニッツは54試合に登板して28ホールドをマークして防御率1点台とセットアッパーとして見事な成績を残したことは大きかった。

 来季はベテランのハーマンが退団濃厚と見られているが、他の選手は残留を前提に交渉が進んでいると伝えられている。ブラッシュの2年目のジンクスは不安材料だが、浅村栄斗、銀次、ウィーラーなど力のある打者が他にもいるため、マークが集中しないのは心強い。他の3人もまだまだ若さがあるため、来年も十分に中心選手として期待できるだろう。

【ロッテ】
2019年外国人選手活躍度:C
来季の外国人選手展望:C

・外国人投手合計成績
80試合5勝9敗0セーブ8ホールド

・外国人野手合計成績
226試合181安打47本塁打134打点3盗塁

・外国人選手MVP:レアード
139試合121安打32本塁打89打点0盗塁 打率.248

 日本ハムから移籍する形となったレアードは32本塁打、89打点をマークしたものの、その他の外国人は期待に応えられない結果に終わった。長打力を期待して獲得した新外国人のバルガスはオープン戦から調子が上がらずわずか1本塁打。昨年先発の中心として大活躍したボルシンガーも大きく成績を落としてわずか4勝に終わった。シーズン途中で加入したマーティンは52試合の出場で14本塁打を放ったものの、打率は2割台前半にとどまっている。3位の楽天との差は外国人選手の差と言っても良いだろう。

 新たに2年契約を結んだレアードとリリーフ左腕のチェンは残留が濃厚だが、他の選手は退団の可能性もある。最近ではボルシンガーが当たったものの、あまり外国人選手の獲得が上手い球団ではなく、来季の大きな戦力アップは期待しづらい状況だ。野手は楽しみな若手が多いだけに無理に獲得せず、手薄なリリーフ陣を中心に新外国人の獲得を目指したい。

【日本ハム】
2019年外国人選手活躍度:C
来季の外国人選手展望:C

・外国人投手合計成績
57試合8勝10敗3セーブ11ホールド

・外国人野手合計成績
88試合78安打3本塁打35打点1盗塁

・外国人選手MVP:ロドリゲス
34試合6勝7敗1セーブ8ホールド 防御率3.25

 投手陣は昨年二桁勝利をマークしたマルティネスが故障で一軍登板0に終わり、新外国人のハンコック、バーベイトもほとんど戦力にならなかった。唯一ロドリゲスが先発、リリーフに奮闘したが、MVPに選ぶにしては寂しい成績と言わざるを得ない。そして台湾球界で二度の打率4割を記録し、大きな期待を受けて入団した王柏融も故障と厳しいマークに苦しみ、不本意な成績に終わった。投手、野手トータルでの活躍度という意味では、12球団でも最低だったと言えるだろう。

 投手はロドリゲスと故障からの復帰が待たれるマルティネス、野手も3年契約を結んでいる王の残留が決まっている。中でもカギになるのは王だが、今年のような状態が続くようであれば、途中での契約破棄も当然検討する必要はあるだろう。マルティネスが故障明けということを考えても、新外国人の獲得は必要不可欠となる。以前は外国人の発掘が上手い球団というイメージが強かったが、ここ数年は大きなヒットとなる選手が出ていないのが気がかりだ。投手、野手ともある程度のコストはかけても、中心としての活躍が期待できる選手を積極的に狙ってもらいたい。

【オリックス】
2019年外国人選手活躍度:B
来季の外国人選手展望:B

・外国人投手合計成績
74試合8勝11敗18セーブ8ホールド

・外国人野手合計成績
188試合175安打30本塁打112打点3盗塁

・外国人選手MVP:ロメロ
81試合90安打18本塁打63打点3盗塁 打率.305

 大当たりと言える選手はいなかったものの、来日7年目となるディクソンがリリーフに転向して18セーブをマークし、野手もロメロが18本塁打、途中加入のモヤが10本塁打とそれなりの結果を残した。昨年9勝をマークしたアルバースが大きく成績を落としたのは痛かったが、トータルで見ればまずまずといったところだろう。特にロメロは故障の影響もあって来日3年目で最低の試合出場数に終わったものの、規定打席不足ながら打率3割もクリアし、得点力不足に悩むチームにとって非常に大きな存在だった。

 来季はディクソン、アルバース、ロメロ、モヤ、と実績のある4人が残留することが大きい。ロメロとモヤの二人が1年を通じて機能すれば、チームの長打力をかなりアップするだろう。ディクソンが来年で36歳と完全にベテランの域に入っているだけに、投手陣の補強は必要になるが、例年よりも安心してスタートできる布陣となりそうだ。(文・西尾典文)

●プロフィール
西尾典文
1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。