日本列島を熱狂させたラグビーワールドカップが閉幕した。「最も素晴らしいW杯」と評されたこの成功を2020年にどうつなぐのか。AERA 2019年11月18日号に掲載された記事を紹介する。



*  *  *
 南アフリカが優勝を飾り、44日間の熱い戦いに幕が下りたラグビーワールドカップ(W杯)日本大会。ラグビーの伝統国以外で開かれた初めての大会は、日本代表の快進撃もあり、大きな盛り上がりを見せた。

 チケットは販売可能な席の99.3%にあたる184万枚が売れ、販売率はW杯の最高記録。台風19号で中止になった3試合を除く計45試合で約170万4千人が観戦した。全国12の開催都市の自治体が設置した計16会場の「ファンゾーン」にはW杯で過去最多の113万7千人が来場し、パブリックビューイングで大型スクリーンを見ながら、地元の特産品を堪能した。国際統括団体ワールドラグビー(WR)のビル・ボーモント会長は「記録破りの大会となった。おそらく最も素晴らしいW杯として記憶に残るだろう」と評した。

 来年には東京オリンピック・パラリンピックを控えるが、ラグビーW杯の経験をどう生かすことができるのか。大会成功のひとつの要因が柔軟な対応だ。

 大会4日目の9月23日、大会組織委員会は試合会場への食べ物の持ち込みを認めると発表した。当初はセキュリティー上の理由や試合会場の出店業者の販売権を保護する目的で持ち込みが禁止されていたが、売店に長蛇の列ができ、SNS上でも不満の声が上がっていた。

 これほどのビッグイベントでの方針変更は異例ともいえるが、臨機応変な対応ができた背景には、毎朝8時から開かれるミーティングの存在がある。出席メンバーは大会組織委員会とWRから計10人。開幕の約3週間前から、毎朝8時に集まり、ミーティングを開き、前日に持ち上がった課題が話し合われる。

 ミーティングの責任者で、組織委の鶴田友晴事務総長代理はこう振り返る。

「意見が対立することはありますが、毎日顔を合わせ、話し合いを重ねる中で、観客のみなさんに素晴らしい環境で観戦してもらい、ラグビーの魅力を多くの人に感じてもらって大会を成功させるんだという同じ目的に向かってワンチームになっていった感覚が生まれました」

 ミーティングには、東京五輪・パラリンピックの組織委員会も何度か見学に来たという。

「オールブラックス」の愛称で知られるニュージーランド代表の事前キャンプ地の千葉県柏市では、選手たちが試合前に踊る伝統の「ハカ」を地元の子どもたちが披露して選手たちを歓迎。ウェールズ代表の事前キャンプ地だった北九州市では、公開練習で1万5千人の来場客が、ウェールズの歌を斉唱。市はネットで音源や歌詞を公開し、事前練習を呼びかけた。組織委員会事務総長代理のミック・ライト氏は、「こういった歓迎が各地で行われ、非常に興奮している」と、日本の「おもてなし」を評した。W杯期間中は、試合前のセレモニーで選手と並んだマスコットキッズが出場国・地域の「国歌」を歌い、選手たちを喜ばせた。スタンドでも、歌詞カードを持って歌う姿が見られた。

「W杯では各自治体がホストする取り組みが、日本全体の盛り上がりの大きな要因になったのではないかと思います。来年の五輪でも、開催都市の東京だけではなく、全国各地で参加型の取り組みが広がることが、盛り上がりの鍵を握っているのではないでしょうか」(鶴田氏)

(編集部・深澤友紀)

※AERA 2019年11月18日号