オリンピックイヤーの国内女子ツアーは、例年通り3月のダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメントで開幕する。昨年は、渋野日向子というヒロインが誕生。「シブコフィーバー」を巻き起こし、ゴルフファンの枠を越えて、日本中が女子ゴルフに注目した。今年は渋野や2度目の賞金女王に輝いた鈴木愛、黄金世代だけでなく、プラチナ世代もツアーに本格参戦。これまで以上の盛り上がりとなりそうだ。

 メジャー覇者となった渋野は、今年もツアーの顔としての活躍が求められる。年末までのオフは、NHK紅白歌合戦の審査員などTVやイベント出演が相次ぎ売れっ子タレントのような忙しさだったが、お正月は地元・岡山に戻り家族とゆっくり過ごした。とはいえ、3日には「暇だった」とのことで青木翔コーチを電話で呼び出しいきなり1,200球の新年初打ち。休息もままならない多忙なオフを心配したくなったが、どうやら今年もマイペースな「シブコ」は健在なようだ。

 そんな渋野は、1月27日からタイ合宿に突入し本格的に始動するが、これは国内ツアーだけでなく、米ツアー出場や東京五輪出場を睨んでのものだ。

 五輪の出場権は原則各国2人までとなっているが、6月29日時点の世界ランクで15位以内に入れば最大4人まで出場権が与えられる。1月11日現在の同ランクの日本勢は、畑岡奈紗が6位につけ、そのあとを同11位の渋野、同14位の鈴木が追っており、このままの順位なら3人が日の丸を背負うことになる。

 そして、世界ランクで15位以内をキープするためには世界のツアーで上位につけポイントを稼ぐことが必要。特にメジャーや米ツアーは国内に比べて配点が大きく、ここで好成績を挙げれば五輪出場がより確かになる。

 渋野もそれを見据えており、自身のシーズン開幕はホンダLPGAタイランド(サイアムCC パタヤ・オールドC)で迎える。翌週にはシンガポールに飛びHSBC女子チャンピオンズ(セントーサGC)にも出場予定。帰国後はツアー開幕戦のダイキンでプレーし、しばらく国内で過ごすと4月には全英女子オープン以来となる海外メジャーのANAインスピレーション(カリフォルニア州、ミッション・ヒルズCC)にチャレンジすることが濃厚だ。

 さらに渋野は、全英女子制覇による海外メジャー出場権は全て活用する予定で、全米女子オープン(テキサス州、チャンピオンGC)、そして五輪への最終順位が決まるKPMG女子PGA選手権(ペンシルベニア州、アロニミンクGC)も参戦するなど、とにかく国内外の大会でプレーし結果を出すという腹積りだ。

 女王として新年を迎えた鈴木は、渋野に比べると五輪への想いを語ることは少ないが、今年の東京オリンピックは、一生に一度あるかないかの地元開催。アスリートとしてまたとない大舞台でのプレーを目指すことは当然なわけで、渋野同様、いつも以上にシーズン前半戦からエンジン全開でツアーに臨んでくるだろう。

 特に昨季は3連勝を含め7勝を挙げ2年ぶりの賞金女王に返り咲いたにも関わらず、ツアーの主役と話題は渋野が独占した感は否めない。今季は女王のプライドにかけて開幕から飛ばしてくるはずで、2020年のツアーは開幕から熾烈なデッドヒートが見られそうだ。

 そんな五輪出場を視野に入れて戦う2人の間に割って入りそうなのが、今のツアーを席巻する「黄金世代」に続く2000年生まれの「プラチナ世代」だ。

 富士通レディースで女子ゴルフ史上7人目となるアマチュア優勝しプロ転向した古江彩佳を筆頭に、安田祐香、西村優菜、吉田優利らが今季からツアーに本格参戦。アマチュアとして実績がありツアーでのプレー経験がある後者3人はそれぞれ昨年のプロテストを順調に合格しており、この中から新たなヒロインが生まれても全く不思議ではない。

 特に安田は、16歳で日本女子アマを制すと昨年新設されたオーガスタナショナル女子アマでは3位タイとなり、同年のニトリレディスでは単独4位となるなどスーパールーキーとして注目度はピカイチ。西村はアマチュア時代の実績も十分だが、昨年は大東建託・いい部屋ネットレディスで単独8位となった他、古江が制した富士通レディースで10位タイとトップ10入りを果たした。そして吉田は2018年に日本女子アマと日本ジュニアで優勝しアマ2冠を達成した逸材だ。

 昨年は黄金世代がハイレベルなプレーを見せつけ、30歳前後の実績あるプレーヤー数名がツアーからの撤退を表明するなど一層の世代交代を印象付けたが、ここに彼女たちプラチナ世代が加わることで、ツアーの新陳代謝により拍車がかかりそうだ。

 昨年の1月時点で渋野を知るゴルフファンは多くなかったはず。ということは、来年の今頃、この中からツアーを牽引するようなスターが誕生する可能性は十分だ。渋野や鈴木の五輪に向けた争いも楽しみだが、今季は次世代の躍進からも目が離せないだろう。