いよいよ今年もJリーグのシーズンが到来。J1は2月21日からスタートし、各々の目標に向かってひた走る長丁場の戦いが続く。昨シーズンは横浜F・マリノスが15年ぶりのリーグ制覇を果たしたが、オフには新たなシーズンに向けて各チームが動き、勢力図も変化した。そこで今回はJ1全クラブのオフシーズンの選手補強を査定(良い方からA・B・C・D・Eの五段階)し、3日間にわけて紹介する。



■札幌 C

 新加入選手はU−23日本代表の田中駿汰ら大卒ルーキーの3人に加えてFWドウグラス・オリベイラ(←ルヴェルデンセ)とタイ代表GKのタンマサッチャーナン(←OHルーヴェン)をいずれも期限付きで獲得したのみ。一方で湘南に期限付きで移籍した岩崎悠人をのぞく全員がチームに残り、完全な継続路線でチームを成熟させる方針に他ならない。海外移籍の噂もあったタイ代表チャナティップの残留は大型補強にも等しい。

“ミシャ”ことミハイロ・ペトロヴィッチ監督も、昨年のルヴァン杯決勝で川崎に惜しくも敗れて優勝を逃した後の会見で、チームが若く、まだまだ成長の余地があることを指摘していた。チームとしての戦術的な上積みはもちろん、24〜26歳が主力の大半を占める選手たちが、個人としても成長を示せるかどうかに上位進出はかかっている。

 キーマンは大卒ナンバー1との呼び声もある田中駿汰で、ボランチもセンターバックもできる長身のタレントをどう起用するか注目だ。

■仙台 D

 木山隆之監督の就任1年目となるが、いきなり補強の目玉であるイサック・クエンカが右膝を手術し、スペインに帰国して治療する事態となった。J2山形では3バックをベースにチームを作ってきた指揮官は、4バックをテストしていた様子だ。

 しかし、サイドアタックのキーマンだったクエンカの離脱で、石原崇兆やベテランの関口訓充など、従来の戦力が奮起しないと厳しい。キーマンは右サイドハーフの主力として本格的なブレイクが期待される加入2年目の道渕諒平。ドリブル、クロス、シュートと一級品なだけに、得点数に加えてアシストも増やしたい。

 昨シーズンのアシスト王だった永戸勝也が鹿島に移籍した左サイドには元U−20ブラジル代表の攻撃的サイドバックであるパラ(←ボタフォゴ)を獲得しており、早期にフィットできれば大きな不安要素にはならないだろう。

 FWは新外国人のアレクサンドレ・ゲデス(←ヴィトーリアSC)を軸にジャーメイン良、C大阪から期限付きで加入の山田寛人などポテンシャルのあるタレントは揃うが、チーム得点王が7得点の長沢駿だった2019年からFW陣の得点が大幅に増えないと上位は望めない。

■鹿島 B

 ザーゴ新監督の“初陣”となったACLのプレーオフでメルボルン・ビクトリーに敗れてしまった。もともとACLとリーグ戦の“二足のわらじ”を履くことを見越した戦力だけに、序盤戦でだぶつきかねないポジションもある。

 言い換えれば、それだけ開幕スタメンをめぐる競争がハイレベルということ。ザーゴ監督が掲げる高い位置からのディフェンスや多角的なサイドアタックに適応性の高い選手が、各ポジションでその座を勝ち取るだろう。特に経験豊富な山本脩斗に新加入の永戸勝也(←仙台)、杉岡大暉(←湘南)が挑む左サイドバックはホットゾーンだ。

 和泉竜司(←名古屋)、ファン・アラーノ(←インテルナシオナル)が加入した中盤もJリーグ屈指の水準にあり、ブラジル2部で得点を量産したエヴェラウド(←ケレタロFC)が加わった前線も充実の陣容だ。

 鹿島の“お家芸”とも言える高卒ルーキーもMF荒木遼太郎(←東福岡高)、MF松村優太(静岡学園高)、FW染野唯月(←尚志高)と高体連トップレベルの3人が加わった。ACLの本戦を逃したことで、ルヴァン杯にグループステージから参戦することになったが、2020年における満21歳以下の日本人選手を一人は起用することを義務付けられる同大会でアピールし、早期のリーグ戦デビューにつなげるポテンシャルのある選手たちだ。

■柏 A

 昇格からいきなり上位を狙う陣容を整えた。プレシーズン恒例の“千葉ダービー”である「ちばぎんカップ」ではスタメンに昨シーズンの主力選手を並べてJ2の千葉に2−0で勝利したように、もともとJ2では“反則レベル”と言われたメンバーが開幕時のスタメンを担いそうだ。

 そこに磐田から加入したセンターバック本職のDF大南拓磨、鳥栖から加入した左サイドバックの三丸拡、長身DFの高橋祐治、右サイドからの攻撃力に定評のある北爪健吾(←横浜FC)、左サイドからのカットインを最大の武器とする仲間隼斗(←岡山)、ゴールハンターの呉屋大翔(←G大阪)といった実力者が割って入っていけるかに注目だ。いずれにしても選手層は2019年シーズンの上位クラブと比べても引けを取らない。

 もともとハイレベルな競争を想定していたGKは中村航輔が「ちばぎんカップ」で負傷し、開幕時は韓国代表の新外国人キム・スンギュがゴールマウスを守ることになりそうだ。要するに想定外ではあるが、神戸でJリーグも経験しているトップレベルのGKを獲得していたことが、結果的に幸いした形だ。

■浦和 E

 新加入選手は高卒の武田英寿(←青森山田高)とJ2得点王のレオナルド(←新潟)、そして直前にオーストラリアU−23代表のトーマス・デン(メルボルン・ビクトリー)を獲得したのみ。大分からレンタルバックの伊藤涼太郎を合わせても4人だった。それが強化部の意図したものなら問題ないが、情報によれば何件か希望が叶わなかった結果のようだ。

 ただし、新たに取り組んでいる4ー4ー2を高めていく戦力は備えている。不安要素があるのはボランチと左右のサイドバック。ボランチは4ー4ー2をハイレベルに機能させるための生命線であり、エヴェルトン、青木拓矢、阿部勇樹、柏木陽介と実力者はいるものの、上位を狙う意味で心もとない。

 右サイドバックに関してはデンの起用法がどうなるか。東京五輪行きを決めたAFC U−23選手権で右サイドバックとして奮闘したが、センターバックが本職の選手だ。基本的にセンターバックでもテストされている橋岡大樹が右サイドバックのファーストチョイスで、ボランチが本職の柴戸海も選択肢となる。デンはチームにフィットさせながら、センターバックとサイドバックの両ポジションで起用を見極めていく流れか。

 興梠慎三とレオナルドという二人で30得点は狙える2トップと左右のサイドハーフは充実しているだけに、ボランチとサイドバックがどうベースを作って行けるかが躍進の鍵になりそうだ。

■FC東京 C

 2位に終わった昨シーズンから悲願の優勝を果たすために、長谷川健太監督は得点力のアップをテーマに掲げ、堅守速攻をベースとした4ー4ー2から前線の破壊力を押し出す4ー3ー3にシフトすることを決断した。アダイウトン(←磐田)、レアンドロ(←鹿島)はその目的に完全にマッチしたタレントであり、Jリーグでの経験が豊富にあることから、ディフェンス面でも計算が立ちやすい。

 ただ、シーズンを考えれば外国人3人に頼るばかりでなく、ケガから回復途上の日本代表FW永井謙佑はもちろん、U−23日本代表のFW田川亨介、J3得点王の原大智、韓国代表ナ・サンホといった選手たちの突き上げも大事になる。

 中盤では大学サッカーで注目を集めたアカデミー出身の安部柊斗(←明治大)がACLプレーオフ、さらにACL本戦の蔚山現代戦でも先発フル出場を果たし、攻守に渡る活躍により、そのままレギュラーポジションを掴む可能性も出てきた。さらに大卒ルーキーのMF紺野和也(←法政大)、DF中村帆高(←明治大)も今年のうちにブレイクしてもおかしくないタレントだが、攻撃的なスタイルを支えるバックラインとしては後ろの戦力が少し心もとない部分もある。

 しばらくは前線と中盤の頑張りである程度は耐えられるはずだが、東京五輪による中断期間を前に補強があってもおかしくない。日本代表の長友佑都の復帰も噂される左サイドバックは小川諒也の奮起も期待されるが、アカデミーから昇格したU−19日本代表のバングーナガンデ佳史扶が台頭してきたら面白い。(文・河治良幸)

●プロフィール
河治良幸
サッカー専門新聞『エル・ゴラッソ』の創刊に携わり、現在は日本代表を担当。セガのサッカーゲーム『WCCF』選手カードデータを担当。著書は『サッカー番狂わせ完全読本 ジャイアントキリングはキセキじゃない』(東邦出版)、『勝負のスイッチ』(白夜書房)、『サッカーの見方が180度変わる データ進化論』(ソル・メディア)など。Jリーグから欧州リーグ、代表戦まで、プレー分析を軸にワールドサッカーの潮流を見守る。NHKスペシャル『ミラクルボディー』の「スペイン代表 世界最強の”天才能”」に監修として参加。8月21日に『解説者のコトバを知れば サッカーの観かたが解る』(内外出版社)を刊行。