Bリーグが発足されて今季で4期目を迎えた。プロ野球やJリーグと比べれば、Bリーグは「まだ赤ちゃん」と大河正明チェアマンは例える。



 それでもリーグトップの人気を誇る千葉ジェッツふなばしは、ホームゲーム30試合すべてで約6000人のキャパシティを満員にしてプレミアチケットとなるなど、Bリーグは著しい成長を見せている。

 一方で、日本トップクラスの選手を集めて戦う日本代表(アカツキ5)の前途は多難だ。

 NBAのグリズリーズに所属する渡邊雄太や帰化したニック・ファジーカスをはじめ、ウィザーズに所属する前から八村塁がメンバー入りし、双子の竹内兄弟を含めて5人ものビッグマン(2m越えの選手)が揃い、これまでにないほどのタレント軍団となった。昨年行われたFIBAワールドカップ中国の大会前には「日本バスケ史上最強」と謳われたほどだ。

 だが、蓋を開けてみたら、アメリカ、チェコ、トルコと強豪国ぞろいのグループリーグで3連敗。その後の順位決定戦の2試合にも勝てず、5連敗に終わった。期待とは裏腹に1勝もできずに世界の舞台から去る。自国開催の東京五輪へ大きな不安を抱えることとなった。

 アメリカとの戦いで見た、開始5分で0−13とされてまるで「子ども扱い」だったあの時間は衝撃的だった。間近で見たワールドカップの悪夢の一番の原因は「世界とのアジリティの差」だと痛感させられた。世界のバスケは、日本で見るバスケとは全く違うものだった。

 日本以外の3カ国のセンターはもちろん2m越えのビッグマンだが、ドリブルで俊敏な動きを見せ、相手をかわしたり、素早いカウンターから豪快なダンクを決めたりする。ポジションにこだわることもない。攻撃時は1回、1回サインを出してゆっくり攻め入る場面も少なく、速いパス回しから相手を外し、フリーの選手を作って外から3ポイントを決める。ショットクロック(24秒ルール)をうまく使うのではなく、どれだけ相手のディフェンスが整う前に攻めきるかが現代バスケとしては当たり前になっている。

 一方、日本はというと、1回、1回サインを出す。ときにはベンチからの指示を聞いてから攻撃することもあり、相手のディフェンスが整った状態で攻め、逆にショットクロックを使わされてしまう場面も目立った。世界トップチームに比べ、ゆっくりとしたパススピードで、センターを使った中からの攻撃に頼り、3ポイントの精度もかなり低かった。ワールドカップ最後のモンテネグロ戦には関しては16本の3ポイントシュートを打ったがまさかの0点。これでは世界で絶対に勝てない。

 NBAでは3ポイントが入り過ぎて、ラインを遠ざけるかどうかという話まで出てきているくらい、現代バスケは3ポイント合戦となっている。

 ポジションにこだわった戦い方を見せる日本の戦術は一昔前のもののように見えた。今はポジションに固執せずに動き回り、センターが外から狙うのも当たり前で、何の驚きもない。5人が俊敏に連動し、早いパス回しで、誰もがどこからでもポイントを狙えるのが現代の理想となっている。その動きに全くついていけなかったアカツキ5は、攻撃と同様に守備面でも世界に置いていかれていた。

 日本国内でバスケを始めると、身長の大きい子は簡単に活躍できる。日本人の基本体形からすれば、身長の差=フィジカル差になりやすいからだ。それはどのスポーツにも共通する傾向だ。子どものころから長身のピッチャーは速いボールが投げられて、相手には打たれない。長身のFWがいれば、誰にも競り負けず得点を重ねられる。

 しかし、そのままうぬぼれて成長していけば、童話の「キリギリス」のように努力せず、プロになれてもすぐに頭打ちになる。コツコツ努力してきた選手には勝てなくなり、日本人の長身選手がスターになることは少ない。の答えが「アジリティ」であると、このワールドカップを見て確信した。

 ただ、そんな中でも一筋の希望になりそうなのが、Bリーグ千葉戦で衝撃的デビューを飾った三遠ネオフェニックスの河村勇輝(福岡第一高校)だ。172cm、63kgとバスケ選手としては非常に小柄だが、その体格差を持ち前のアジリティの高さでカバーする。 圧巻だったのはデビュー2試合目の同じく千葉戦。相手にブロックされ、体勢を崩しながらも決めたシュートだ。もちろんバスケットカウントももらった。いつもは感情を表に出さない河村もここぞとばかりに、ガッツポーズが自然と出た。

 彼が示すアジリティの高さがまさに現代バスケの象徴だろう。低い位置でのドリブルからクイックで相手をかわす。細かいステップのノールックのフェイント。姿勢が崩れないプレーから視野の広さで通すパス。

 データ化された現代バスケで彼の情報が少ないとは言え、それでも観客も魅了するプレーは一見の価値がある。しかし、4月から大学への進学が決まっており、3月いっぱいでBリーグでのプレーが早くも一時見納めとなってしまう。新型コロナウイルスの影響によりこのまま見られずに終わる可能性も否定できない。

 ワールドカップ以降では初のアカツキ5の試合が2月24日に行われた。残念ながら河村の名前はなかった。それでも帰化したライアン・ロシターが素晴らしいアジリティの高さで大活躍。また新たな武器を手に入れた。

 東京五輪に向けて再スタートを切ったアカツキ5。この数カ月でチーム全体のアジリティが急激に変化するとは思えないが、河村のスピーディなバスケこそが「子ども」から成長できる大きなポイントとなるのではないか。そのアジリティこそが日本バスケを大人へと成長させてくれるだろう。