プロレスは勝敗とともに説得力が重要となる。

 タイトル戴冠歴がなくとも、心に残り続ける名選手が多いのはそのためだ。記憶に残る選手の多くは『必殺技』を備えている。それらは技自体の完成度などとともに、秀逸なネーミングにインパクトがある。



 日本プロレス史に欠かせない『必殺技』は、何年経っても色あせない。力道山(日本プロレス)の「空手チョップ」は袈裟斬りの要領で相手選手を叩く打撃技。名前からでもどのような技かを頭に浮かべやすい。そして日本を代表する武道を技名につけたことで、外国人選手をなぎ倒す姿が戦後復興をもイメージさせた。威力抜群の「空手チョップ」はフィニッシュ、状況打開など、力道山になくてはならない伝説的技だ。

 また同様に記憶に残りやすい技名で言えば、ジャイアント馬場(全日本ほか)の「16文キック」がある。209cmの長身を支える大きな足を突き出すキックは、世界中で知られる技となった。ちなみに馬場の本当の足のサイズは約34cmで本来なら14文だという(1文=2.4cm)。16文にした理由は諸説あるが、語呂も良くなったように感じられる。

 国内外に広く浸透しているのは「延髄斬り」も挙げられる。アントニオ猪木(新日本)が生み出したとされる一撃必殺技は、ジャンプして相手の後頭部を足の甲部分で蹴るもの。日本国外でも使用され、その際にも「エンズイギリ」と呼ばれる。「延髄斬り」はほかにも、天龍源一郎(全日本、WARほか)などの代名詞でもあった。また齋藤彰俊(ノアほか)は「スイクルデス」という名称で使用している。ちなみに猪木が選挙活動時「消費税に延髄斬り」というキャッチフレーズを掲げたことでも有名。

 ネーミングによって、同じ技が異なった表情を見せることも多い。代表的なのは、相手選手の首から胸にかけて上腕をぶつける「ラリアット(アート)」。常にトップ外国人であり続けたスタン・ハンセン(新日本、全日本ほか)の「ウエスタン・ラリアット」が最も有名だ。

 従来の米国では「クローズライン」として使用されていた技だったが、テキサス州出身のハンセンが使い命名したことで歴史に残る技になった。また使用する選手名や経歴により、ラリアットの名前も変化する。長州力(新日本ほか)の「リキ・ラリアット」。ほかにも、阿修羅・原(新日本、WARほか)の「ヒットマン」、ジャンボ鶴田(全日本)の「ジャンボ」、各界出身・石川孝志(全日本ほか)の「相撲ラリアット」や、叫び声から命名された井上雅央(全日本、ノア)の「オリャー」など、多くのものがある。極め付けはハルク・ホーガン(新日本、WWFほか)の「アックスボンバー」。ヒジの角度や当たり方が違うとはいえ、広義の意味ではラリアットと呼べるだろう。

 外国語表記ものを意訳的に日本語にした技名もある。「バックドロップ」は、背後から相手の片脇に頭を入れ、両腕で抱えて後ろへ投げる強力技。ジャンボ鶴田や長州力、森嶋猛(ノアほか)などの得意技。日本語では「岩石落とし」とも呼ばれている。また衝撃度などが加わり、技名の前に様々な形容詞もつけられた。

 川田利明(全日本ほか)のものは「デンジャラス・バックドロップ」。スティーブ・ウィリアムスのものは「殺人バックドロップ」など、選手のファイトスタイルが直接的に伝わってきた。「バックドロップ」は鉄人ルー・テーズが広く伝えたとされる。テーズから直接指導を受けた鶴田のものは「ルー・テーズ張りの」と呼ばれたのも印象的だ。

 スープレックス系にも意訳されたものが多い。多くの名勝負を左右してきた「ジャーマン・スープレックス」。相手を背後から両腕で抱えて後ろへ投げ、そのままブリッジしてフォールを奪う必殺技だ。日本語では「原爆固め」とも呼ばれ、東京スポーツの名物記者・桜井康雄氏が紙面映えするように命名したとされる。

 またジャーマンには多くの派生系が存在する。相手選手の両腕ごと腕で抱え込む「ダルマ式」。コーナ上に座り自身の足をセカンドロープにかけた状態から後ろへ投げる「スパイダー式」など、オリジナリティに富んだジャーマンが次々と誕生した。そして藤波辰巳(新日本ほか)のオハコ「ドラゴン・スープレックス」(飛龍原爆固め)や三沢光晴(全日本、ノア)がタイガーマスク時代から使用した「タイガー・スープレックス」(猛虎原爆固め)なども、ジャーマンの遺伝子を受け継いでいる。

 海外において日本人名が技名として呼ばれているものもある。藤原喜明(新日本、UWFほか)「フジワラ・アームバー」とウルティモ・ドラゴン(闘龍門ほか)の「アサイ・ムーンサルト」だ。「フジワラ・アームバー」は「ワキ固め」として知られ、脇の下で相手の腕を固め、ヒジや肩を決める関節技。木戸修(新日本、UWFほか)などU系と言われる選手の得意技でもある。もともと柔道や柔術にも存在する技で、プロレス界最高の使い手として認知された藤原に敬意を表し呼ばれている。

「アサイ・ムーンサルト」は日本では「ラ・ケブラーダ」として知られる。場外に落ちた相手へエプロンから蹴りを入れ、自らはセカンドロープに飛び乗りバック宙で相手にぶつかって行く飛び技。ドラゴンが本名・浅井嘉浩時代にメキシコで習得したとされ、今でも海外では「アサイ・ムーンサルト」と呼ばれている。

『必殺技』はレスラーの顔であり、ファンに対して説得力を持たせるものだ。劣勢に立たされようが、「この技が出れば勝てる」と信じられるもの。そして試合に負けたとしても「あの技が見れたから良いや」と納得させる。一朝一夕ではできあがるものではない。

 ハードな練習や修羅場をくぐり抜けてきたキャリアによって、1つの『必殺技』に重みが加わる。そこには人としての器の大きさなど、生き様すべても集約されると言って過言ではない。そして、素晴らしい技名がインパクトを増加させてるのは間違いない。伝説的な名技とともに、今後、どのような新しい必殺技、そして技名が生まれるのか楽しみである。(文・山岡則夫)

●プロフィール
プロフィール/山岡則夫1972年島根県出身。千葉大学卒業後、アパレル会社勤務などを経て01年にInnings,Co.を設立、雑誌『Ballpark Time!』を発刊。現在はBallparkレーベルとして様々な書籍、雑誌を企画、編集・製作するほか、多くの雑誌、書籍、ホームページ等に寄稿している。Ballpark Time!公式ページ、facebook(Ballpark Time)に取材日記を不定期更新中。現在の肩書きはスポーツスペクテイター。