「あそこの球団は若手が伸びている、伸びていない」、そんな会話をしたことのあるプロ野球ファンは多いのではないだろうか。スタメンにベテランが多い球団などは、近い将来が不安になることもあるはずだ。では現在、若手が充実している球団はどこになるのか、昨年の成績をもとに検証してみたいと思う。今回はセ・リーグの6球団だ。



 まず今年の満年齢で24歳以下の選手が記録した数字を投手は試合、投球回、勝利、セーブ、ホールド、野手は試合、打席、安打、本塁打、打点、盗塁について集計したところ以下のような結果となった。なお外国人選手は除外している。

■巨人
投手:6人 48試合 140回2/3 6勝 0セーブ 3ホールド
野手:4人 164試合 651打席 149安打 31本塁打 94打点 3盗塁

■DeNA
投手:6人 59試合 210回1/3 7勝 0セーブ 1ホールド
野手:5人 72試合 153打席 35安打 5本塁打 19打点 0盗塁

■阪神
投手:3人 32試合 74回2/3 5勝 0セーブ 0ホールド
野手:2人 88試合 42打席 9安打 1本塁打 2打点 12盗塁

■広島
投手:6人 102試合 216回 5勝 1セーブ 6ホールド
野手:2人 109試合 261打席 54安打 5本塁打 23打点 1盗塁

■中日
投手:7人 90試合 224回1/3 13勝 14セーブ 15ホールド
野手:5人 45試合 68打席 9安打 0本塁打 4打点 0盗塁

■ヤクルト
投手:5人 118試合 204回 6勝 4セーブ 29ホールド
野手:7人 388試合 1304打席 267安打 55本塁打 163打点 7盗塁

 投手陣は中日が一歩リードしている印象。山本拓実、小笠原慎之介、清水達也、梅津晃大、勝野昌慶の5人が先発で勝ち星をマークしているのが大きい。リリーフ陣も鈴木博志と藤嶋健人が貴重な戦力となっている。外国人選手ということで除外したが、昨年8セーブ、14ホールドをマークしたライデル・マルティネスも今年で24歳である。ようやく投手陣の世代交代が進んできた印象だ。

 一方の野手はヤクルトが起用人数、成績とも他球団を圧倒している結果となった。昨年36本塁打、96打点をマークした村上宗隆以外にも太田賢吾、広岡大志、中山翔太の三人にレギュラー獲得の勢いがある。バレンティンが抜けた今シーズン、どのような布陣になるか注目したい。

 パ・リーグ編と同様に昨年二軍でチーム上位の成績を残した選手と今年戦力となりそうなルーキーもピックアップしてみた。基準は同様に今年の満年齢で24歳以下とし、外国人選手は除外している。

■巨人

・投手
高田萌生 20試合 108回1/3 6勝6敗0セーブ 防御率2.99
鍬原拓也 40試合 42回2/3 3勝2敗3セーブ 防御率2.95
戸郷翔征 11試合 42回 4勝1敗0セーブ 防御率3.00
堀岡隼人 29試合 34回2/3 0勝1敗9セーブ 防御率1.04
太田龍 ルーキー

・野手
山下航汰 90試合 106安打 7本塁打 40打点 6盗塁 打率.332
加藤脩平 85試合 76安打 6本塁打 34打点 7盗塁 打率.269
岸田行倫 92試合 72安打 4本塁打 33打点 3盗塁 打率.293
湯浅大 67試合 54安打 2本塁打 15打点 4盗塁 打率.240

■DeNA

・投手
中川虎大 20試合 104回 11勝3敗1セーブ 防御率2.25
京山将弥 15試合 90回 7勝5敗0セーブ 防御率2.60
阪口皓亮 20試合 94回1/3 4勝6敗0セーブ 防御率4.67

・野手
細川成也 73試合 79安打 15本塁打 51打点 3盗塁 打率.293
伊藤裕季也 91試合 73安打 14本塁打 46打点 0盗塁 打率.241

■阪神

・投手
望月惇志 16試合 84回2/3 6勝4敗0セーブ 防御率2.55
西純矢 ルーキー

・野手
島田海吏 89試合 79安打 2本塁打 20打点 18盗塁 打率.242
小幡竜平 99試合 71安打 1本塁打 14打点 9盗塁 打率.225
井上広大 ルーキー

■広島

・投手
山口翔 16試合 93回2/3 6勝6敗0セーブ 防御率4.42
アドゥワ誠 10試合 70回 5勝3敗0セーブ 防御率2.19
遠藤淳志 14試合 58回2/3 3勝1敗0セーブ 防御率3.07
森下暢仁 ルーキー

・野手
林晃汰 102試合 71安打 7本塁打 35打点 2盗塁 打率.225
正隨優弥 105試合 70安打 6本塁打 39打点 4盗塁 打率.208
羽月隆太郎 89試合 65安打 0本塁打 9打点 23盗塁 打率.300
宇草孔基 ルーキー

■中日

・投手
山本拓実 13試合 72回2/3 2勝6敗0セーブ 防御率3.34
清水達也 18試合 60回2/3 3勝1敗0セーブ 防御率2.67
橋本侑樹 ルーキー

・野手
根尾昂 108試合 86安打 2本塁打 33打点 9盗塁 打率.210
石垣雅海 81試合 69安打 5本塁打 28打点 8盗塁 打率.243
高松渡 82試合 60安打 0本塁打 17打点 5盗塁 打率.278
石川昂弥 ルーキー

■ヤクルト

・投手
清水昇 17試合 90回1/3 5勝9敗0セーブ 防御率4.48
寺島成輝 24試合 43回1/3 2勝2敗1セーブ 防御率4.57
奥川恭伸 ルーキー
吉田大喜 ルーキー

・野手
浜田太貴 105試合 86安打 8本塁打 52打点 11盗塁 打率.254
中山翔太 78試合 68安打 6本塁打 26打点 4盗塁 打率.267


 投手、野手ともに二軍の成績を見ると目立つのが巨人だ。先発では高田と戸郷、リリーフでは鍬原と堀岡が結果を残しており、全員が一軍のマウンドも経験している。野手では育成ドラフトでの入団ながら昨年いきなり首位打者を獲得した山下の存在が大きい。先日右手有鈎(ゆうこう)骨の骨折と診断されて今季は出遅れることとなったが、将来のレギュラー候補として期待は大きい。

 ただ巨人に関しては毎年のように他球団の主力クラスを補強しており、岡本和真クラスでないとなかなか抜擢されないというのはもどかしいところである。かつて“育成の巨人”を目指したときのような切り替えができるかに注目したい。

 巨人以外で目立つのは広島だ。アドゥワ、遠藤、山口は昨年一軍でも勝利をマークしており、ルーキーの森下も即戦力として期待できる。野手では昨年終盤レギュラーに定着した小園に続いて林、羽月といった高校卒の若手が二軍で結果を残しているのがプラス材料だ。

 一方で寂しい結果となったのが阪神。一軍で結果を残している選手が圧倒的に少なく、二軍でも若手の絶対数が不足している。昨年のドラフトでは1位から5位まで高校生を指名しているが、それも当然と言えるだろう。

 全体的には昨年下位に沈んだ3球団の方が若手選手については楽しみな顔ぶれが揃っている印象だ。ここ数年のうちに上手くレギュラーが入れ替われば、リーグ全体の勢力図も大きく変わる可能性が高いだろう。(文・西尾典文)

●西尾典文/1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。