「いつ何時、誰の挑戦でも受ける」

 アントニオ猪木が語ったように、やる気があれば、いつどこでも戦えるのがプロレス。長い歴史の中では、通常の体育館や駐車場とは異なる驚くような場所にもリングが設置され、戦いが繰り広げられてきた。

 歴史上に残る名所でおこなわれた試合も多い。プロレスの存在が日本国民にとって「認知」されているからに他ならないだろう。

 真っ先に思いつくのは、新日本の『巌流島』。

『巌流島』は山口県下関市にある関門海峡にある無人島。かつて宮本武蔵と佐々木小次郎が決闘をした場所として有名だ。

 1987年10月4日の猪木vsマサ斎藤戦。1991年12月18日の馳浩vsタイガー・ジェット・シン戦の2試合がおこなわれている。

 どちらも大きな注目を浴びたが、無観客、時間無制限、ノールールでおこなわれた。そこには戦う者同士だけでなく、団体にとっても大きな意味が込められていた。

 猪木vsマサ戦は2時間5分14秒の末、猪木がTKO勝ちを収めた。

 猪木は自らの事業失敗、新日本の業績不振などが重なった時期。決闘の2日前には倍賞美津子との離婚届を提出してまで挑んだ大一番だった。マサも幾度となく対戦しながら消化不良に終わっていた猪木との対戦に対し、「死ぬまでやろう」と再戦を熱望していた。そして必然のように決まった巌流島での対戦には、山本小鉄と坂口征二が立ち会った。

 猪木は試合開始の合図から30分近くも姿を現さず、精神的揺さぶりをかけた。マサは照明代わりに使用されたかがり火のマキで殴りつけた。時間だけが過ぎゆく中での死闘の決着は『魔性』と呼ばれるスリーパーホールド(=チョーク気味の裸締め)。『キラー猪木』の真骨頂が垣間見えた。

 馳vsシン戦は1時間11分24秒で馳がKO勝利を飾る。

「現役バリバリの俺と戦って欲しい」

 馳にとっては世代交代を進めるためにも、猪木は超えなくてはならない存在。翌年1月4日東京ドーム大会で猪木vsシン戦が決定直前、それに異を唱える形で名乗り出た。前回の巌流島決戦の主役だったマサ斎藤立ち合いのもと、猪木との対戦権をかけてシンと戦った。

 猪木戦に比べ、ファンの間では賛否両論もあるこの試合を成り立たせたのは、シンの存在感と言っても良いだろう。新宿・伊勢丹前での猪木襲撃事件(1973年11月5日)など、来日時に常に見せてくれた狂気は年齢を重ねても変わらない。度重なる焦らし行為をおこない、祈りを捧げ、テントに火を放ちその中から登場するなど、存在感は際立っていた。

 試合は馳が得意の『裏投げ』でシンを完全KOで下した。

 2試合とも各自の思いが交錯、手札を駆使した究極の『果し合い』だった。かつて宮本武蔵が使ったと言われる『焦らし戦法』も見られ、なりふり構わない姿勢が目立ったのも印象に残る。

「巌流島の上空をヘリコプターが4機も旋回し、俺の離婚騒動に負けない大きな話題となった」(アントニオ猪木談)

 新日本は興行収入など度外視で『巌流島』での決着戦を選択した。当時、経営的に厳しかったと言われる団体にとっての大きな決断。結果的に新日本に再び推進力を与えた『巌流島決戦』と言っても過言ではないだろう。

 巌流島では2012年5月5日、初代タイガーマスク・佐山サトルのレジェンド・ザ・プロレスリングも興行をおこなった。

 メインは、初代タイガーvsウルティモ・ドラゴン戦。伝説の虎と米国やメキシコでも暴れ回った究極龍。レジェンド対決はタイガースープレックスホールドで初代タイガーが勝利を収めた。

 この興行は、「武蔵と小次郎の決闘から400年」を記念しておこなわれたもの。2003年にNHK大河ドラマ『武蔵 MUSASHI』が放送され、巌流島は一躍、脚光を浴びた。公園として整備され、武蔵と小次郎の銅像が立つなど観光地として賑わうようになった。その一環としてチャリティと地域活性化の意味も含め、開催された興行でもあった。

 山口県出身の長州力や大谷晋二郎、知名度抜群の藤波辰巳、藤原喜明なども参加。観客には家族連れが目立つなど、約3000人が集まり新日本の2試合とは意味合いが異なったものとなった。

 しかしながら観光地化されたが、現在も禁煙の巌流島である。タイマツを焚き、挙句はテントを燃やすなどなど、考えられないこと。それを実現した新日本ならびに猪木の影響力を改めて感じさせてくれる。

 現在も進行形で行われている、靖国神社境内での『奉納プロレス』も異彩を放つ。

「明治以降の日本の戦争・内戦において政府・朝廷側で戦歿した軍人らを祀る神社」とされる靖国神社(同神社ホームページより)。1910年には相撲場でプロレス興行がおこなわれた歴史もあり、プロレスの聖地としても位置づけられている。

 また力道山の日本プロレスが1961年4月23日に開催した実績があった。それを2005年4月10日プロレスリングZERO1−MAX(現ZERO1)が『大和神州ちから祭り』として復活させ、現在も年1回ペースで開催されている。

 靖国神社大会には大物ゲストが登場することでも話題になる。

 2019年10月26日『靖国神社創設150年記念奉納プロレス』では、猪木が特別ゲストとして登場した。

 ZERO−1産みの親である橋本真也とライバルだった小川直也や元横綱・曙太郎が現れたのも記憶に新しい。

 今年は3月29日開催予定だったが、新型コロナウイルスの影響で11月3日への延期が決定した。ちなみに当日は格闘王・前田日明の来場が発表されており注目される。

 巌流島大会は海からの強烈な風が特徴的。映像を通じても感じられるほどの強風が、戦いの世界をより殺伐としたものに感じさせた。

 そして春先に開催されることの多い靖国神社大会。日本有数の桜の名所での試合は時折、桜が舞い散り幻想的な風景にも包まれる。

 我が国の歴史や四季を感じられる2会場での試合は、結果や内容とともに場所のインパクトも絶大だった。今後も想像を超える場所でのプロレス開催に期待したい。これもプロレスの醍醐味の1つだ。(文・山岡則夫)

●プロフィール
山岡則夫/1972年島根県出身。千葉大学卒業後、アパレル会社勤務などを経て01年にInnings,Co.を設立、雑誌『Ballpark Time!』を発刊。現在はBallparkレーベルとして様々な書籍、雑誌を企画、編集・製作するほか、多くの雑誌、書籍、ホームページ等に寄稿している。Ballpark Time!公式ページ、facebook(Ballpark Time)に取材日記を不定期更新中。現在の肩書きはスポーツスペクテイター。