指導した北島康介選手、萩野公介選手が、計五つの五輪金メダルを獲得している平井伯昌・競泳日本代表ヘッドコーチ。連載「金メダルへのコーチング」で選手を好成績へ導く、練習の裏側を明かす。第26回は、6月に小さな大会を開催した狙いについて。



*  *  *
 毎年6月に地中海沿いの複数の都市で相次いで実施される欧州グランプリ「Mare Nostrum」(我らが海)。それを模して東京都板橋区の東洋大で「Itabashi Nostrum」(我らが板橋)を開くことを前々回に書きました。コロナ禍で練習が十分にできていない選手もいて心配もありましたが、試合を重ねるごとに集中力が高まって、実りの大きい大会になりました。

 私が指導する社会人と東洋大の少人数の選手が参加して、6月11日から21日にかけてバルセロナ大会とカネ大会(各2日間)、セッテコリ大会(3日間)を行いました。コロナ禍で大会が中止になる中、レース感覚を取り戻すために開いた記録会ですが、午前に予選、午後に決勝を行う日程を欧州グランプリとそっくり同じにして、大会の雰囲気を盛り上げました。

 1試合目のバルセロナ大会は泳ぎが重かった。疲労度も高そうだったので、やらないほうがよかったかな、と思うほどでした。2試合目のカネ大会は調子を上げる選手と落とす選手に分かれました。練習を再開して間もない学生も何人か合流したのですが、ぎこちない泳ぎで、ゴールしたらへろへろになっていました。

 3試合目のセッテコリ大会では集中力がかなり高くなって、まあまあの記録で泳いでいました。学生の選手たちも動きが少しずつつながり、明らかに泳ぎがよくなっていきました。

 ここで大切なのは記録ではなく、レースの刺激が練習にどう表れるかです。

 みんな「久しぶりできつかったー」と言いながら、表情は明るい。学生に聞いても「レースの後は動きがよくなった」と答えます。これを狙っていました。

 東京五輪で個人メドレーの金メダルを目標にする社会人の萩野公介と大橋悠依は、3大会で400メートル個人メドレーだけでも予選、決勝と計6回泳ぎました。2人は再開した練習で、いい動きを見せました。バタフライも力まずに自然と体重が前に乗っていける感じで、レースを重ねた効果がはっきり出ていました。

 大会後の月曜は1日休みを取り、火曜の午後に2人は3200メートルのメイン練習に取り組みました。バタフライ50メートル8回、背泳ぎ50メートル8回、平泳ぎ50メートル8回、自由形50メートル8回を泳ぎ、各種目8回終えた直後に400メートル個人メドレーを泳ぐハードな内容です。

 このセットは米国のミシガン大学で多くの五輪メダリストを育てたジョン・アーバンチェックコーチの練習メニューです。私がコーチになって4年目の1989年、ミシガン大学の練習を見学させてもらったとき、練習メニューが書かれた何冊かの手帳のコピーを取らせてくれたのです。

 萩野が400メートル個人メドレーで金メダルをとったリオデジャネイロ五輪の前には、この練習を2セット続けて行いました。不調から立ち直りつつある萩野は4年前の練習タイムには及びませんが、復調へ向けた手応えはつかんでいます。

 スポーツを楽しむことが制限され、気持ちが抑圧されるような時期が続いたので、身内の小さな大会でも開放感を味わうことができました。3試合を続けて行って選手との一体感が増しました。私自身、もやもやしていた気持ちがふっきれたように感じています。
(構成/本誌・堀井正明)

※週刊朝日  2020年7月10日号