プロ野球の場合、一人のスター選手が誕生するとその後釜に苦労することが珍しくない。ヤクルトで言えば古田敦也という歴史に残る名捕手が引退した後にしばらく正捕手不在が続いた。しかしその一方でなぜか同じチームの同じポジションで長い空白の期間を置くことなく、名選手が登場するケースがあることも事実である。そんな鮮やかな系譜を描くチームのポジションを振り返ってみた。



 このテーマでまず思い浮かんだのが西武のショートだ。その流れを生み出したのが現在チームの二軍監督を務める松井稼頭央になるだろう。高校時代は投手だったものの、抜群の運動能力が評価されてプロ入り後にショートに転向すると同時にスイッチヒッターにも挑戦。プロ入り直後は守備も打撃も確実性に乏しかったが、瞬く間に頭角を現し3年目にはショートのレギュラーに定着。最多安打2度、盗塁王3度など多くのタイトルを獲得し、2002年にはトリプルスリーも達成するなど球界を代表するショートとなった。また、ショートとしては歴代最長記録となる7年連続のベストナインも受賞している。

 そんな松井が2003年オフにメジャーに移籍した直後にレギュラーを獲得したのが中島宏之だ。松井と同様に高校時代は投手でショートに転向したのはプロ入り後。1年目には二軍でも全く結果を残せなかったが、2年目に二軍の主力となると、松井の抜けた4年目にはいきなり一軍で全試合に出場して打率.287、27本塁打、90打点、18盗塁という成績を残してみせた。その後も打てるショートとして6度の打率3割をマークし、4度のベストナインと3度のゴールデングラブ賞にも輝いている。

 中島がメジャー移籍を目指して退団した後の2013年から4年間はレギュラーが固定できないシーズンが続いたが、そこに救世主として登場したのが2016年のドラフト3位で入団した源田壮亮だ。社会人のトヨタ自動車では9番を打つことが多かったが、プロではしっかり振り切る打撃を身につけると、1年目からレギュラーに定着して新人王を獲得。ちなみに、ルーキーがショートとして全試合にフルイニング出場を果たしたのはプロ野球史上初のことである。

 翌年も2年目のジンクスにはまることなく2年連続で全試合フルイニング出場を果たすと、ショートとしてシーズン歴代最多となる526補殺を記録し、ショートとしての守備は源田がナンバーワンということを数字で証明してみせた。昨年は死球を受けて連続出場記録は途絶えたが、安定した成績を残してチームの連覇に貢献。2年連続でベストナインとゴールデングラブ賞を受賞している。

 ショートのように一つのポジションではなく、時期も重なり合っているがスター選手の輩出が続いているという意味では広島の外野陣もそれに当てはまるだろう。前田智徳がプロ入り2年目の1991年にいきなりレギュラーとなり、翌年からは3年連続で打率3割を達成。前田がアキレス腱断裂で離脱すると、緒方孝市が頭角を現して1995年から3年連続盗塁王に輝くなどレギュラーに定着。更に金本知憲も同時期にレギュラーをつかみ、2000年にはトリプルスリーを達成した。

 金本が2002年オフにFAで移籍した後も前田と緒方は故障を抱えながら活躍を続けたが緒方は2009年、前田は2013年に現役を引退。そしてその後に登場したのが丸佳浩、鈴木誠也の二人だった。ともに高校時代は投手だったものの、野手としてプロ入り。丸はプロ入り6年目の2013年にレギュラーに定着すると、翌年からは4年連続で全試合に出場。2017年、2018年には2年連続でMVPを受賞し、ベストナインに5度、ゴールデングラブ賞にも7度輝いている。

 鈴木はプロ入り4年目の2016年にいきなり打率.335、29本塁打、95打点と大ブレイクしてチームの優勝にも大きく貢献。鈴木の活躍ぶりを緒方監督が称した“神ってる”という言葉は流行語にもなった。翌年はプレー中の怪我でシーズン終盤に離脱したものの、昨年は初の打撃タイトルとなる首位打者を獲得。侍ジャパンの4番へと成長を遂げている。金本以外の4人が高校卒であり、また指名順位も全員が1位ではないところに選手を鍛えて育てる広島らしさが出ていると言えるだろう。

 少し変則的なところでは、ベイスターズの抑え投手も途切れることなく名選手が続いている。その流れを作ったのは間違いなく佐々木主浩だ。1995年から4年連続で最優秀救援投手のタイトルを獲得。1998年はチームの38年ぶりの日本一にも大きく貢献し、そのニックネームである「ハマの大魔神」は流行語となった。佐々木のメジャー移籍後は抑え不在に苦しんだが、2005年に来日したクルーンが活躍。

 クルーンの巨人移籍後は山口俊が抑えに定着し、2015年からは山崎康晃へと繋がっている。クルーンは巨人での成績は含まれているものの、この4人全員が通算100セーブ以上をマークしており、これだけ名クローザーが続いている球団は他には見当たらない。

 今回は主に平成以降の例を取り上げたが、令和では果たしてどんな鮮やかな系譜が描かれるのか。スター選手が引退、移籍した後のポジションにも注目してみるのも面白いだろう。(文・西尾典文)

●西尾典文/1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。