指導した北島康介選手、萩野公介選手が、計五つの五輪金メダルを獲得している平井伯昌・競泳日本代表ヘッドコーチ。連載「金メダルへのコーチング」で選手を好成績へ導く、練習の裏側を明かす。第28回は、寺川綾選手の成長プランとその成果についてつづります。



*     *  *
「チャンピオンになるだけではダメだ。チャンピオンとして私から独り立ちしなくては」

 ボクシングの名トレーナー、カス・ダマトが遺した言葉に共感します。水泳が速いだけでなく、独立心と向上心が強い選手に育ってほしい。世界一にはなれませんでしたが、2012年ロンドン五輪で女子100メートル背泳ぎとメドレーリレーで銅メダルを獲得した寺川綾は、人間的に大きな成長を遂げた選手の一人です。

 高校2年で01年福岡世界選手権200メートル背泳ぎで決勝に進み、04年アテネ五輪は同種目8位。しかし、08年北京五輪は代表を逃しました。本人の希望を受け入れて私が指導を始めたのはその年の暮れ、彼女が24歳のときです。

 実績がある、できあがった大人の選手です。どうやったらいい方向に変えられるだろうか。私にとっても新たなチャレンジでした。

 水泳の練習は、総合的に力をつけるために泳ぎ込む練習と、持っている力を最大限に引き出す質を重視した練習に大別できます。私は通常、泳ぎ込みで精神的なキャパシティーも大きく広げてから、練習量を減らしながら質を高める練習に切り替えていきます。

 寺川には、逆の方法を取り入れました。まずは質の高い練習で大会ごとに結果を出す。「私の練習をやれば伸びる」という信頼関係を築いてから、ハードな練習に取り組むプランです。彼女の得意な練習を入れて言うことを聞いているふりをしつつ、私がやりたい厳しい練習へ向けた「啓蒙活動」を地道に続けました。

 50メートル背泳ぎで銀メダルを取った11年上海世界選手権がターニングポイントでした。世界大会初のメダルで大きな自信をつかみます。一方、400メートルメドレーリレーでは思うような泳ぎができず5位に終わり、悔し涙を流しました。

 私はレースを終えてから寺川と話をして、「ロンドン五輪に向けて練習を再開したときは、私がやらせたい練習をやる。相当厳しい内容になるが、乗り越えてほしい」と告げました。

 練習に臨む姿勢ががらりと変わりました。ときどき見せていた不満を顔に出すような態度は影をひそめ、厳しい練習にも前向きに取り組みます。内面からわきあがる自信を感じさせ、五輪メダル獲得の目標を公言するようになりました。

 一緒に練習する社会人スイマー、バタフライの加藤ゆか、自由形の上田春佳とはメドレーリレーの五輪メダルという共通目標がありました。互いに刺激を受けながら、ターンやタッチの技術を磨いていきました。

 ロンドン五輪の寺川は100メートル背泳ぎで予選、準決勝と記録を上げ、銅メダルの決勝は58秒83の日本新をマーク。加藤、上田、平泳ぎの鈴木聡美と組んだメドレーリレーでも日本記録を更新し、同種目でシドニー五輪以来12年ぶりのメダルを取りました。

 五輪の日本競泳女子で寺川の27歳のメダル獲得は、中村礼子の26歳を抜いて最年長記録でした。

 女子のリーダーとして五輪後も活躍した寺川は、13年バルセロナ世界選手権で58秒70と100メートル背泳ぎの日本記録を更新。私から精神的に独り立ちして現役最後まで自分の限界に挑んだ経験が、現在のスポーツキャスターの仕事に生きていると思います。(構成/本誌・堀井正明)

平井伯昌(ひらい・のりまさ)/競泳日本代表ヘッドコーチ、日本水泳連盟競泳委員長。1963年生まれ、東京都出身。早稲田大学社会科学部卒。86年に東京スイミングセンター入社。2013年から東洋大学水泳部監督。同大学法学部教授。『バケる人に育てる──勝負できる人材をつくる50の法則』(朝日新聞出版)など著書多数

※週刊朝日  2020年7月24日号