プロ野球のペナントレースも開幕から約1カ月が経過し、徐々に今シーズンのパワーバランスが見えつつある。しかし開幕ダッシュに成功した球団でも、投手、野手ともに決して万全と言える状況ではない。そこで今回は12球団が抱える不安要素、ネガティブな要因を洗い出してみたいと思う。まずはパ・リーグの6球団からだ。



・楽天:長いイニングを投げられる先発投手不足

昨年オフには12球団でもトップと言える大型補強を行い、得点、失点、チーム打率、チーム防御率いずれもリーグトップとここまでは極めて順調に見えるが、細かい部分では不安要素も存在している。特に課題となるのが先発投手陣だ。昨年故障に苦しんだ則本昂大が復活したのは大きいが、もう一人のエース格である岸孝之はもうひとつ調子が上がっていない。

涌井秀章も勝ちはついているものの、打線に助けられた印象が強い。先発に転向した松井裕樹も結果を残せずに二軍調整が続いている。順調に見えるリリーフ陣ではJ.T.シャギワ、牧田和久、酒居知史の登板過多も気になるところだ。中継ぎが疲れてきた時に、先発で長いイニングを安定して投げられる投手が少ないことが響いてくる可能性は高いだろう。


・ソフトバンク:リリーフの登板過多と柳田頼みの打線

開幕直後は出遅れながらも徐々に浮上して楽天を追う一番手となっているが、ここ数年気になるのが中継ぎ陣の起用法だ。セットアッパーとして抜群の安定感を見せているモイネロだが全試合の半数以上に登板しており、高橋礼も近しい数の登板を重ねている。岩嵜翔、加治屋蓮、甲斐野央などが故障で離脱、もしくは成績を大きく落としているだけに、同じ轍を踏まないかが心配である。

野手では柳田悠岐への依存度の高さが気になるところ。新加入のバレンティンが不振で、ベテランの松田宣浩も少し上向いてきたものの中軸を任せるのは苦しくなっている。グラシアル、デスパイネの二人が今後合流するのはプラス材料だが、来日しても調整に時間がかかるようだと、柳田へのマークは更に厳しくなりそうだ。


・ロッテ:ジャクソンの抜けた中継ぎと打線の迫力不足

投手陣では中継ぎの一角として期待していたジャクソンが急遽退団となったことが大きく響いている。もう一人の新加入であるハーマンはそれなりの投球は見せているものの絶対的な安心感はなく、抑えの益田直也に繋ぐまでの方程式が確立できていない。吉井理人投手コーチがこの状況をどうやりくりするかがポイントとなりそうだ。

一方の野手も角中勝也、レアードの二人が攻守ともに精彩を欠いているのが気になるところ。期待の若手である安田尚憲を我慢して起用しているが、安定して結果を残すにはもう少し時間がかかりそうだ。菅野剛士が少し起爆剤となりつつあるが、それに続くような中堅、若手が飛び出してこないと得点力不足に苦しむことになるだろう。


・西武:若手先発陣の伸び悩みと固定できない外野

ここ数年の課題であるリリーフ投手陣は新外国人のギャレットとルーキーの宮川哲の加入、そして3年目の平良海馬の成長で昨年より明らかに層が厚くなった。しかし期待通りの成長を見せられていないのが先発投手陣だ。高橋光成、今井達也、松本航のドラフト1位右腕三人がここまで揃って防御率6点台に沈んでいる。彼らの成長がなければ今季だけでなく、チームの将来にも大きな影を落とすことは間違いないだろう。

野手ではシーズン前から懸念されていた外野陣が、その予想通り固定できない状況が続いている。若手の鈴木将平が一軍で結果を残し始めているが、しばらくは我慢の時期が続きそうだ。場合によってはトレードでの補強も検討すべきだろう。


・日本ハム:先発の層の薄さと外国人野手が不振の打線

まず誤算だったのがエース有原航平の不調だ。徐々に調子を上げてはきたものの、ここまで1勝3敗と負けが先行している。そして有原の穴を埋める先発投手陣のコマが不足しているというのが最大のウイークポイントだ。怪我からの復活を目指す上沢直之、7月19日にプロ初勝利をマークした河野竜生などはいるものの、他は外国人に頼っている状況。二軍を見ても思い切って抜擢できそうな先発候補は不足している。昨年から取り組んでいるショートスターターも機能しているとは言い難い。

野手も主砲の中田翔がホームランを量産しているが、その前後を打つ打者が固定できていない。近藤健介が徐々に上向いてきているが、王柏融、ビヤヌエバの外国人二人は不振が続いている。こちらもオーダーを組むのに苦労する日々が続きそうだ。


・オリックス:山岡不在の投手陣とチャンスメーカーの不在

ロッテ相手に屈辱の“6タテ”を喫してからは少し上向いてはきたものの、依然として上位争いに食い込むことができていない。もはや日本のエースとも言える山本由伸は圧巻のピッチングを続けているが、二枚看板となる山岡泰輔が故障で離脱したことがあまりにも痛い。リリーフ陣も全体的に不安定な状態が続いており、勝ちパターンが確立できていない状況だ。

打線は新外国人二人の加入とT−岡田の復活もあって得点力は上がっているが、1、2番を固定できていないのが課題。これまで多く獲得してきたチャンスメーカータイプが、誰も一軍で大成していないというのは、編成的にも育成的にも大きな反省点とするべき問題だろう。

(文・西尾典文)

●西尾典文/1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。