丸山茂樹氏が新型コロナウイルス感染拡大の影響で異例の開催となったアメリカのPGAツアーを総括。そして、あこがれのセベ選手との思い出を振り返る。



*  *  *
 先週号でも触れましたが、アメリカのPGAツアーでは、2週続けて同じ会場で試合がありました。

 2試合目の「ザ・メモリアルトーナメント」(7月16〜19日、オハイオ州ダブリンのミュアフィールドビレッジGC)は誰もが苦しみました。最終日の平均ストローク数が76ですから。

 2週間やるんで、最初の週でグリーンを固めて仕上げてしまうと2週間はもたないんですね。だから1試合目のグリーンは軟らかめで、2週目に追い込むだけ追い込んだはずなんです。ゴルフ場はほんのちょっとした表現の出し方で、あっという間に天使にも悪魔にもなりますからね。ラフもどんどん伸びていっちゃうじゃないですか。終盤になればなるほど、キツくなっていったんでしょう。

 そんな中でスペインのジョン・ラーム(25)が優勝して、自身初の世界ランキング1位に立ちました。スペイン人選手の1位は、あのセベ・バレステロス以来2人目だそうです。

 セベといえば、僕らが子どものころのスーパースターです。そのあとにスペインからはミゲル・アンヘル・ヒメネス(56)、ホゼ・マリア・オラサバル(54)、セルヒオ・ガルシア(40)といった有名選手が出てきたんですけども、ラームはフィル・ミケルソン(50)が「彼は絶対に世界1位になる素材だ」って言ってデビューしてきました。その通りでしたね。

 それにしてもセベはあこがれの選手でした。ガッツがすごくて、あらゆる状況からグリーンを攻めていくファイターでしたね。10種類ぐらいのボールを打ち分けられるんです。ひざをつこうが何しようが、どっからでもグリーンに乗っけてくるっていう。アプローチ、パターが天才的にうまかった。

 僕も一回だけ一緒に回らせてもらったことがあるんです。日本のイベントでした。それから彼が僕のことを覚えてくれて、全英オープンで下見に行くと、「ここはこうやって攻めるんだよ」って教えてくれました。それがまた、すごい攻め方なんですよ。まさに職人って感じの人でした。

 右から曲げるフックボール、左から曲げるスライスボールを3段階ぐらいの強さ・高さで打ち分けてました。宮崎のフェニックスCCに来たとき、林の中から50ヤードぐらいフックをかけてグリーンに届かせたこともありました。若いときに日本オープンに出てきて、2年連続で優勝して度肝を抜いたり。ほんとに短時間の間にすべてのことをやりとげてしまった人だったと思います。2011年に54歳で亡くなって。早かったですよね。

 セベはマスターズの週が誕生日で、ウチの奥さんと同じ4月9日なんです。だから僕は、マスターズの時期が来ると必ずセベのことを思い出すんです。忘れることのないスーパーレジェンドです。

「メモリアル」で5カ月ぶりに試合に出たタイガー・ウッズ(44)は40位に終わりました。久々だったうえに、普段とは違うミュアフィールドビレッジの仕上がり方で、さすがに戸惑ったんじゃないですか? まあ、彼が4日間プレーしてくれたってことが大事で、出だしはあんなもんですよ。

■丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める。19年9月、シニアデビューした。

※週刊朝日  2020年8月7日号