8月23日、埼玉と神奈川で決勝が行われ、高校野球の代替大会は全地域で幕を閉じた。夏が終わったばかりではあるが秋季大会は各地でスタートしており、既に来春の選抜に向けた戦いは本格派してきている。そこで少し気が早いが、来年のドラフト戦線を賑わせる可能性のある高校2年生の有力選手について今回は紹介したいと思う。



 知名度という意味で、入学直後から最も高い選手と言えば清宮福太郎(早稲田実)になるだろう。史上最多となる高校通算111本塁打を放った兄の存在もあり、注目の大砲として期待を集めている。しかし本格的なデビューになると思われた昨年の秋季大会ではチーム内の不祥事があって出場辞退となり、春季大会も中止となったことから実戦経験が圧倒的に不足しており、その影響がプレーぶりにも表れている。

 夏の西東京大会では初戦でホームランを放ち長打力を見せたものの、かなりアウトステップする打ち方でタイミングの取り方にも余裕がなく、まだまだ安定して打てる形ができているとはいえなかった。この秋以降によほどの急成長がなければ、兄のように高校からプロ入りというのは難しいのが現状と言えるだろう。

 それ以外に目を移すと投手も野手も楽しみな素材はかなり多い印象を受ける。投手では風間球打(ノースアジア大明桜)、笹倉世凪、伊藤樹(いずれも仙台育英)、中沢匠磨(白鴎大足利)、菊池樂(前橋育英)、三奈木亜星(浦和学院)、市川祐(関東一)、石田隼都(東海大相模)、金井慎之介(横浜)、高須大雅(静岡)、菊田翔友、竹山日向(いずれも享栄)、宮川凛士(帝京大可児)、池田翔紀(菰野)、関戸康介、松浦慶斗(いずれも大阪桐蔭)、達孝太(天理)、中西聖輝(智弁和歌山)、小園健太(市和歌山)、森木大智(高知)、鴨打瑛二(創成館)などが候補となる。

 中学時代に軟式で150キロをマークした森木の知名度が高いが、現時点では風間、関戸、松浦、小園の4人が少しリードしているように見える。スケールの大きさが魅力なのが風間だ。長いリーチを生かした豪快な腕の振りでボールの角度は抜群。秋田大会では最速150キロをマークし、続いて行われた東北大会でも仙台育英打線を相手に6回を被安打1、1失点、7奪三振という見事なピッチングを見せた。近年逸材が多く輩出される東北を代表する存在となりそうだ。

 2018年の春夏連覇を達成したチームの後に入学してきた関戸と松浦の二人も早くから評判となっていたが、ここまで順調な成長を見せている。関戸は甲子園での交流試合では登板はなかったものの大阪大会では視察したスカウトのスピードガンで154キロをマークして大きな話題となった。少し沈み込むフォームだが、ゆったりとしたモーションでバランスも良く、打者の手元での勢いは申し分ない。打撃センスの高さも魅力だ。

 松浦も既に140キロ台後半のスピードを誇る本格派サウスポー。交流戦の東海大相模戦では僅差の場面で終盤の2イニングを任され、打者6人を完璧に抑える見事な投球を見せた。サウスポーらしいボールの角度があり、軽く投げているようでも楽に140キロ台をマークする。この二人が両輪となれば、再び大阪桐蔭が甲子園で優勝する可能性も十分にありそうだ。小園も既に150キロを超えるスピードをマークしている本格派右腕。肘のたたみ方が上手く、フォームの躍動感も申し分ない。県内のライバルである智弁和歌山との対戦は今後大きな注目を集めることになりそう。

 野手では冒頭で取り上げた清宮以外にも長距離砲となる素材が多い印象を受ける。名前を挙げると有薗直輝(千葉学芸・三塁手)、吉野創士(昌平・外野手)、阪口樂(岐阜第一・一塁手兼投手)、前川右京(智弁学園・外野手)、徳丸天晴(智弁和歌山・外野手)などがその候補だ。

 中でもこの夏、衝撃的な活躍を見せたのが左打者の阪口だ。帝京大可児戦で2本のホームランを放ったが、1本目は左中間、そして2本目は今年のドラフト候補である加藤翼の149キロをとらえたものであり、どちらもとても高校生が放つような当たりではなかった。

 恵まれた体格を生かしたパワーだけでなく、スイングに柔らかさがあり、高校時代の大谷翔平(エンゼルス)のバッティングと雰囲気が重なる。投手としても140キロ近いスピードを誇るだけに、ファースト以外の守備にもぜひ取り組んでもらいたい。有薗、吉野、徳丸はプロからの需要が高い右の長距離砲。三人とも早くからチームの中軸を任されており、マークが厳しい中でも結果を残している。前川も左打者だが長打力と確実性を兼ね備えており、近畿を代表する打者の一人だ。

 そのほかでは大型捕手の高木翔斗(県岐阜商)、内野手では高い打撃技術で広角に打ち分けるヒットメーカーの吉岡道泰(専大松戸)と初谷健心(関東一)、打力が光る外野手としては坂本寅泰(聖光学院)、中田達也(星稜)、福本綺羅(明石商)なども候補となるだろう。

 春季大会がなく、また夏の代替大会に3年生だけで臨んでいたチームもあり、本格的なデビューはこの秋からという選手も少なくない。ここで挙げた選手以外にも、これから続々と逸材が出現してくることを期待したい。(文・西尾典文)

●西尾典文/1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。